ピクシブ百科事典

裕六

ゆうりつ

『SSSS.GRIDMAN』の登場人物である響裕太と宝多六花の二人がメインとなっているイラストに付けられるタグ。
目次[非表示]

概要

SSSS.GRIDMAN』の登場人物である響裕太宝多六花カップリングタグ。

裕太側の好意が初めて明かされたのはボイスドラマ第3.3回。同回で裕太は(なみこはっすに強要された形ではあるものの)「(六花と)付き合えるなら付き合いたい」と発言している。
続く本編第4回では大学生ユーチューバーと合コンすることになった六花を尾行し、彼女を見失ったことであらぬ不安に駆られ、グリッドマンマックスに心配されるなど、彼女への恋愛感情を自覚する過程が描かれた。

現在、記憶喪失中の裕太にとって六花は最初に出会った人であり、いろいろと世話を焼いてくれた美人であるので、恋愛感情かはともかくとして彼女に最初から好意を持つのは別段不思議でもないだろう。

一方の六花側は、裕太が記憶を失う前に「何かがあった」ことを示唆しているが(鼻歌を歌っていたため、何かしら機嫌が良かったことはほぼ間違いないと思われる)、少なくとも第1回以前までは「球技大会のとき二人きりになって会話をした」こと以外、裕太に対してこれといった印象を抱いていなかった模様。裕太が勇気を出して六花を誘っても空振りに終わっており、彼の想いは前途多難といったところ。

鈍感主人公やハーレムものが主流を成すこの時世に、90年代のスタンダードだった「魅力的な鈍感ヒロインに振り回される主人公」という図式を復刻させた割と珍しいパターンといえる。

尚、ボイスドラマ10.10回では裕太の奥手な部分もあるがあれ以降デートに誘っていない事が判明する。

電光超人グリッドマン

本作の前作にあたる『電光超人グリッドマン』では、主人公の翔直人とヒロインの井上ゆか幼なじみとして惹かれ合っており、ベノラの毒ガスに苦しむ直人を口づけで回復させたり、ジュバゴンに洗脳されたグリッドマン(直人)を「愛のプログラム」で助けるシーンがある。

アニメ版とは逆にヒロイン側の方が積極的だったと言える。

関連イラスト

♥
Rikka & Yuta


裕太と六花
lap nap



関連タグ

SSSS.GRIDMAN
響裕太 宝多六花
グリッドマン同盟










































第11回で記憶喪失以降の裕太の精神は彼に憑依していたグリッドマンの精神(グリッドマン曰くこの状態の裕太は眠っている)という事が判明したが、最終話で六花への想い自体は裕太自身のものだとグリッドマンが告白、それを聞いて六花は赤面していたが、六花は裕太が自身に想いを寄せていたことを気づいていた可能性があり、教室で裕太が六花と目があって赤面する姿を回想していた。
またグリッドマンが裕太に宿った理由として、最終話での六花の回想シーンで教室にいる皆がアカネに視線を向ける中、只一人裕太は六花に視線を向けていたことから、裕太が「アカネの設定から逸脱するほどの六花への好意」を持っていたからではないかと推測される。
そうだとすれば、あの世界を救う事になったきっかけは裕太の恋心だったのではないだろうか。

※なお、本編は上記の回想シーンで終わっているが、監督の雨宮哲氏曰く、本来はもう少し付け足す予定であったが、脚本の長谷川圭一氏に「それ以上は野暮だよ」と言われて止めたとのこと。




































※ボイスドラマ12.12話ネタバレ


















本編最終回後の内海との会話において、裕太をどう思っているか問われた六花。最初ははぐらかすような受け答えで躱そうとしていたものの、見かねた内海の「キープなのか」という問いに対しては「キープじゃないし、違うし」と慌てながらも即答し、しどろもどろになっていた。
このことから、どうやら六花としては答えは出ているようである。(六花の性格上、興味が無かったり嫌いなものに対してはそっけない態度を取りがちと考えると…)

なお、その後直ぐにとある少女に瓜二つな少女を視線を泳がしている際見つけたため、この話はそこで終わっている。

関連記事

親記事

SSSS.GRIDMANのコンビ・グループ・カップリング一覧 ぐりっどまんのこんびぐるーぷかっぷりんぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「裕六」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3274291

コメント