ピクシブ百科事典

六アカ

りつあか

『SSSS.GRIDMAN』の登場人物である宝多六花と新条アカネのカップリングタグ。
目次[非表示]

概要

SSSS.GRIDMAN』の登場人物である宝多六花新条アカネのカップリングタグ。
当作の二大ヒロインによるもので、EDムービーでは大きくクローズアップされている。

EDムービーで親しげにじゃれ合う二人の姿が描かれており、その関係性に注目が集まった。
4話で家が近所で幼い頃からよく遊んでいた、いわゆる幼馴染だと判明している。
同話でアカネと久しぶりに遊びに出られることになった際には、店番中に鼻歌を歌いながら上機嫌な様子を見せていた。

しかし4話の六花の発言から、ツツジ台高校入学前辺りから急に疎遠になったらしく、事実、学校でも積極的に接することは両者ともなく、ある思惑からアカネの方から接触するまで二人の会話シーンは皆無である。

それでも六花にとってアカネは友人であることに変わりなく、以前のバス内でアカネがパスケースなしでSurumeicaを使用していた為、OPにも登場していたあるパスケース(TFシリーズマトリクスを模した装飾品がある)を購入して彼女にプレゼントしようとしていた。

余談

Webラジオ『アニメGRIDMAN ラジオ とりあえずUNION』では元々二人のデザインは今とは逆のデザインで検討されていたと公言され、現時点では初期の六花に関してはキャラクターデザインの坂本勝氏が公開したツイートで確認できる。


関連イラスト

SSSS.GRIDMAN
宝多六花&新条アカネ(SSSS.GRIDMAN)


百合thful
君を退屈から救いに来たんだ―



関連項目

SSSS.GRIDMAN
宝多六花 新条アカネ


















第8話でアカネが六花に「私の近くにいるべき人」と恋愛感情に近い感情?を抱いてる事を告白しており、第9話で裕太・将・六花の3人がアカネの怪獣が作り出した夢から覚めようとした時、アカネは3人を一旦思いとどまらせようとするが六花の時だけ感情が高ぶっており、少なくとも特別な感情を抱いている事は確実と言える。

seduction



尚、ボイスドラマ1.1回ではなみこはっすが六花に「無理めな感じが出ている」「社会人と付き合ってそう」「自分が男子だったら六花に手を出さない」などと言っていたがアカネが住民に対し怪獣を使っての記憶操作や「自分の事を好きになる」という洗脳をしている為、『アカネが周りの人間達(少なくとも学校関係者)に「六花は友達として接するのは良いがそれ以上は駄目」という洗脳をしていた』と言う事が考えられる。

六花の場合、アカネに対しては怪獣騒動の本人と明かされても友達と大事に思っているがアカネの口から明かされた「ツツジ台の住民達は怪獣から作り出された存在」という衝撃的な事実のせいでそれが本心なのか偽りなのか本人すら分からなくなり、その事で六花は苦悩する事になる…

第1回では近所のはずの新条宅がないような描写だったのは第2回以降はアカネが「宝多家とは昔から近所づきあいしていた」という設定に変えていたと考えられる。

それでも六花は例えアカネへの想いが作られたものだとしてもアカネを救おうとするが、アレクシスに妨害された上、目の前でアカネを怪獣に変えられてしまう…
(さらにアレクシスの口から生命体であるがアカネが明かしたツツジ台の住民達の秘密が真実と告げられる)






















最終回におけるネタバレ
怪獣化したアカネをアンチが一度救い出すがまたもやアレクシスの妨害によって阻止された上、アカネはアレクシスに取りこまれてしまうが真の姿になったグリッドマンが放ったグリッドフィクサービームとグリッドマン同盟の呼びかけによってアカネは自分を取り戻して脱出し、最後はグリッドマンの「限りある命の力」を込めた一撃でアレクシスは倒されてアカネとツツジ台の両方は救われる事になった。










そして最後の戦いの後、自身の片付けられた自室で六花と二人きりになったアカネはグリッドマン達によって人間性を取り戻すと同時に罪悪感も取り戻した事でアレクシスに利用されていたとは言えこれまでの自身の行いが取り返しのつかないことと自覚し、そのことに泣いて謝り、これまでの暴虐の償いとしてアカネはこの世界に二度と訪れないと決める、それは「自分の作った理想郷から去り、最愛の友人である六花と今生の別れを迎える」という彼女にとっては死よりも辛いものであった…そんなアカネに六花は渡しそびれていたパスケースを渡す。「どっか行っちゃえって事?」と聞くアカネに六花は「ずっと一緒って事」と返し、最後に神様であるアカネにお願い事をした。

「私はアカネと一緒にいたい。どうかこの願いがずっと叶いませんように」

最愛の友人の最後の願いと祈りに頷くアカネ。
そしてその姿は消えたのだった。

そして自分の世界に戻ったアカネの机には六花の贈り物であり二人の絆の証と言えるパスケースが置かれていたのであった。

電脳世界に生きる六花と現実世界に生きるアカネ、互いに別世界で人生を歩むことになった二人だが例え触れる事はできなくても心は繋がっている、そう二人の絆は永遠のものだから。

どこまでも
離れても、ずっと一緒









最終的な余談
ラストの現実世界のアカネのヘアカラーとヘアスタイルはどちらかと言えば六花に近く、ある意味で公式のある小説でとある人物がアカネのルックスを読者モデルと例えている描写がある為、視聴者の間では『ツツジ台のアカネは読者モデルを参考に作り出した自身の理想の姿、六花は(少なくとも外見は)自分をモデルにして生み出した分身とも言える存在(またはイマジナリーフレンド?)』という考察があるが現時点では不明である。

EDでの一連の流れは、言うなれば「二人が求めた理想の風景」であり、最後に六花が独りで冬の朝にたたずんでいたシーンは、「アカネが去った後のツツジ台のある朝」とも解釈できる。
会えない親友を想いながら、冬の町に六花は何を見るのだろうか――

関連記事

親記事

百合ッドマン ゆりっどまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「六アカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1995377

コメント