ピクシブ百科事典

ゼッガー

じじょうじばくかいじゅうぜっがー

ゼッガーとは、『SSSS.GRIDMAN』に登場するラスボス的な怪獣である。
目次[非表示]

アレクシス「どうでもいい会話の最中に失礼するよー」
六花「宇宙人...」
アレクシス「急いでくれアカネくん。やっぱり君が必要だ」
アカネ「私はもう、怪獣は作れない...」
アレクシス「何か勘違いしているようだねぇ。君自身が"怪獣"になればいいんだよ」
六花「え……」

アレクシス「インスタンス・アブリアクション

データ

別名自縄自縛怪獣
体長80m
体重9万9千t
誕生日2018年11月6日


概要

第12回(最終回)「覚醒」に登場。

新条アカネを完全に見限ったアレクシス・ケリヴアカネそのものを怪獣化させた姿。
OPに1カットだけ写っていた謎の巨大物体の正体である。

薄灰色のカメフジツボを足して割ったような巨大な身体にトゲだらけの環形動物のような4本の足が生え、その身体の中央内部には虫に似た頭部があり、その頭部のさらに奥の方に人形じみた白塗りの人面像が隠れているというかなり異形の怪物となっており、可憐な少女であったアカネの姿はもうどこにも見えない。
アカネに似た声で「いやあああ」悲鳴をあげているかのような声を上げる。

開いた口からは衝撃音波を放ち、身体に取り付いた相手には電撃で迎え撃つ。
特に衝撃音波は命中すれば建物が根こそぎ吹き飛ばされ、広範囲にわたって大爆発が起こる程非常に強力なものである。

さらに核となったアカネは無数の白い手に捕らえられ、問川さきるを始めとしたバレー部たちやArcadia等今まで自分が殺してきた者達の亡霊に向き合わされるという拷問じみた生き地獄を味わう事となった。

センシティブな作品



亡霊自体は特に言葉を発さず、ただ笑みを浮かべながらアカネの方を向いているのみ。
まるで今のアカネを嘲り笑っているかのように…

活躍

核であるアカネの負の情動のままにツツジ台の中で暴れ狂うが、駆けつけたグリッドナイトが頭部の外殻をこじ開け、変身を解除して人面像の額から突入。
体内からアカネを引きずり出されて活動を停止する。

その後しばらくは抜け殻となってその場に残り続けていたが、グリッドマンがアレクシスとの戦いで使用したフィクサービームによって世界が修復されると球形に変化し、どこかに帰っていくかのように転がりながら光となって消滅した。

余談

デザインは前田真宏による。『ウルトラマンパワード』以来の参加となった。
ウルトラマンティガガタノゾーア帰ってきたウルトラマンタッコングのような怪獣というオーダーをもとに、アカネの内面をイメージしたデザインが行われている。

ナナシBにも見られた「殻に閉じ籠ったアカネの心」を具現化したかのような姿をしており、アカネ本人は何重にもなったゼッガーの外殻の中に囚われており、まさしくアカネそのものと言える怪獣であると言える。

怪獣になった新条アカネちゃん


アカネが変身した怪獣だが、間違ってもこういう事ではない。
OPで公開された時は頭が引っ込められた状態だったため、一部視聴者からはとかタマネギなどと呼ばれていた。また原典最終回に登場した藤堂武史のパソコンから伸びて来た触手の先端にあった蕾のような物体に似ているとも。
結局最終話前の第11回までこれに類似する怪獣は出てこなかったため、逆算でこれがアカネの怪獣になった姿だと判明した。

戦姫絶唱シンフォギアXDと本作のコラボクエスト夢を唄う英雄ではゼッカー自体は登場しないが、ラスボス代わりとしてカルマノイズ(ゲームでの根元と呼ばれる怪物)とアカネに相当する少年が融合した巨大怪獣形態になるなどゼッガーとアレクシスの2つの要素が混ざった姿になる。

二つ名の「自縄自縛」は「自分の言動によって身動きがとれなくなり、苦しい立場になる」ことを意味する。

関連タグ

SSSS.GRIDMAN 新条アカネ アレクシス・ケリヴ
グリッドマン怪獣 ラスボス

ジャミラ:元祖人間怪獣。こちらは元の姿に戻ることはできないまま倒されてしまった。

元ネタ
ガタノゾーア タッコング

関連記事

親記事

怪獣(SSSS.GRIDMAN) あにめばんぐりっどまんのかいじゅうたち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼッガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55835

コメント