ピクシブ百科事典

問川さきる

とんかわさきる

問川さきるとは、アニメ『SSSS.GRIDMAN』に登場するキャラクター
目次[非表示]

「ごめん、マジごめん! マジ反省します! しました!」
CV:湯浅かえで

概要

主人公の響裕太や、内海将宝多六花と同じクラスの女子生徒。

前髪を頭頂部で縛り、おでこを出した髪型が特徴的。校内にも関わらず制服のブレザーではなく、赤いトレーナーとミニスカート、スパッツを着用しており、活発的な印象を受ける。また、腰にはガンバルクイナくんを模したポーチを付けている。

クラス内には戸井田光(通称:といこ)など5人の女子バレーボール部員仲間がいるほか、他クラスの生徒とつるんでグループを拡張するほどのアクティブさを持ち、クラスの中心となっている。

第一話では名字でしか呼ばれておらず、スタッフロールでも名字しか記載されていない。

劇中での活躍

第一話「覚・醒」

昼休みの教室内でボール遊びをしていたが、誤ってバウンドさせてしまったボールが裕太の席へ飛来。その結果、新条アカネが裕太にあげようとしたスペシャルドッグを潰してしまう

アカネ・まるさん「「問川、外でやれし~」」
「ごめん!」

幸いスペシャルドッグは袋に包まれていたため食べるのに支障はなく、裕太も全く怒らずに彼女を許した為、すぐにその場は収まった。

その日の放課後にはバレー部が活動中にも関わらず、サボって体育館裏でスマートフォンをいじっていた。といこによると「四葉先輩」なる人物がいないとすぐにダラけるとの事。

しかし、彼女の平和な日常は怪獣グールギラスの出現により一変する。
イヤホンを付けていた問川は異常事態を察知できず、
気付いた時には街に放たれた火球の一つがバウンドし、彼女の眼前に迫っていた。

その直後、火球は体育館を直撃。猛烈な火柱が噴き上がった……


第二話「修・復」

将が電話連絡網から住所を特定、同時に彼が持っていたメモから本名が発覚した。
実家は「龍亭」という中華料理店。

⚠未視聴者がこの先を読むことはおすすめしません






















第二話が始まった時点で、問川はもうこの世にはいなかった。
彼女はやはり第一話で火球の直撃を受けて爆死しており、しかも周囲の人々の記憶も書き換えられていた。中学生の時に事故で亡くなり、高校にはもともといなかったことになっていたのだ。

彼女がこのような目に遭ったのは、新条アカネを怒らせてしまったから。
スペシャルドッグを潰されたことを彼女は家に帰ってもまだ根に持ち続けており、その後すぐにグールギラスを制作して問川をターゲットにして出撃させ、彼女目掛けて火球を発射したのだ
(第一話の体育館裏のシーンを見直すとアカネが操るドローンのプロペラ音が響いており、問川がこの時点で狙われていたことが分かる)。

更にこの際、体育館で練習をしていたバレー部の生徒達も巻き添えで死亡している。

残酷な話ではあるが、問川は同じクラスだっただけで、裕太、将、六花のだれとも特別親しかったわけではない。
だが彼女やバレー部員の消滅をきっかけにして六花は自分のもっと親しい友達もある日突然失ってしまうかもしれないという漠然とした恐怖、裕太はグリッドマンとともに怪獣と戦う事で自分にできることはなんなのかという疑問を植え付けられた。

このように、台詞は上記の謝罪くらいしかないものの、ストーリーを動かす上で大きな役割を果たしたキャラだったと言える。

オープニングでは

モブキャラのような扱いにも関わらず、オープニングでもワンカットだけ登場。
だが問川の登場シーンは、彼女を中心としたバレー部女子5人がこちらを向いて笑っている映像の、彼女がいる部分に大きなヒビが入るというもの……

明らかに視聴者の心を折りに来ている。

小説「中、見ないでよ」

2017年に小説投稿サイト『小説家になろう』へ投稿された連作短編小説
作者はインフェルノコップ

ネガティブな漫画部員の少年・米澤喜孝との視点から、クラスの中心人物である女子バレー部員・問川さきる、そしてバレー部と漫画部を掛け持ちする男性・四葉先輩の関係が描かれる。
また、「教室の隅の席の読モ並みの顔をしているあの娘」の存在も示唆されている。

作中の描写や作者の名前から考えても偶然の一致とは考え難く、恐らく監督の雨宮哲自身が執筆した『SSSS.GRIDMAN』の前日談あるいは外伝と思われる。
本作を読んでからアニメ本編を見直すと、彼女の存在と死がより重く感じられるだろう。

余談

担当声優はアニメ『怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』でザンドリアス、『ウルトラマンR/B』でダーリンの声を演じており、もはやウルトラシリーズファンにはお馴染みの声優である。また、バレー部仲間のといこを演じた飯田里穂も、『怪獣娘』の主人公・宮下アキを演じている。

彼女が身に着けているガンバルクイナくんは『ウルトラマンネクサス』に登場し、ウルトラシリーズでも屈指の悲劇的展開を迎えたヒロインが作った代物として知られる。

問川がガンバルクイナくんを身に着けてボール遊びをするシーンは放送開始前の特報PVでも公開されており、更に本作の脚本家が『ネクサス』のシリーズ構成を担当した長谷川圭一だったことから、特撮ファンの中にはPVを見た時点で問川の死を確信する者もいた
更に、問川を殺害したアカネはノスフェルのフィギュアを大量に所有しており、この点においても両者の関係が示唆されている。
ただし、ガンバルクイナくんの登場は長谷川氏によるセルフオマージュではなく、作画スタッフが自主的に行ったパロディだったようだ。

名前の由来はアメリカの玩具メーカーのトンカと、トンカが発売していたゴーボッツのキャラクターサイキルと思われる。

ちなみに他の生徒も

  • 戸井田光(といこ)→レーザーウェーブの玩具のベースであるアストロマグナムを発売していたトイコープス社
  • 毛苗村里香(けなちゃん)→アメリカにて一時期ビーストウォーズの玩具を販売していたケナー社。現在はハズブロの子会社
  • 土居ハコ→オメガスプリームの玩具のベースであるスーパーチェンジロボ・メカボット1を販売していたトイボックス
  • 高良奈々→タカラ系のフックトイを販売している関連会社であるセブン

タカラトランスフォーマーの玩具販売会社にちなんでいる。なお上記の企業のほとんどが現在は倒産か子会社化している。

また、実家の『龍亭』は『合体竜帝キンググリッドマン』が元ネタと思われる。

関連タグ

SSSS.GRIDMAN 女子高生
斎田リコ

被害者
田井中律:容姿が少し似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「問川さきる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1815

コメント