ピクシブ百科事典

ゴーボッツ

ごーぼっつ

1980年代にマシンロボの海外展開として使われたタイトル。ハスブロの版権買収後は低年齢向けTFのブランド名となっている。
目次[非表示]

概要

ゴーボッツとは、トランスフォーマーにわずかに先行する1983年、日本国内のマシンロボを米国トンカ社で展開するためにつけられたタイトル、またはそれを元に米国ハンナバーベラで作成された海外アニメ「チャレンジ・オブ・ゴーボッツ」の事を指す。

GOBOTS!



設定

正義のガーディアンズと悪のレネゲーズが地球に来訪、地球人の協力者とともに戦いをくりひろげるというものである。古典的ヒーローでありがちな設定であるが、当時の米国カートゥーンとしては珍しいものではなかった。
問題は対抗商品と番組がかのトランスフォーマーだったということなのだが。

商品展開とキャラ

メイン商品は日本国内でいうところのマシンロボ600シリーズ。だがカートゥーンでのアレンジがきつく、日本的タメ・見栄をきるアクションとは無縁で、ひたすら動きはするものの、メリハリのない画面は現代の目で見た場合、魅力的とは言い難い。
なによりも当時のダイアクロン・ミクロマンの花形商品群を小アレンジで多数投入してきたトランスフォーマー相手には、商品訴求力が決定的に不足していた。そのため日本版には無いオリジナル商品もてこ押しで多数投入したが、結局トランスフォーマーに勝つことはなかった。

登場人物

リーダー1

リーダー1


マシンロボのイーグルロボに相当する正義のガーディアンズの主役キャラ。日本的な基準でいった場合、ほかのモブに潜り込んでも識別の付かないデザイン。

サイキル

心の病気なのじゃよ


マシンロボのバイクロボに相当する悪のレネゲーズの首領キャラ。顔のアレンジがきつくただの夜盗の頭といったふぜいである。

その後

80年代後半には大勢が決し、後年ハスブロにトンカは吸収されブランドも運命を同一にする。そのため現在ではゴーボッツというブランドはトランスフォーマーの乳幼児向け入門ブランドとして名を残すほか、現代ではわずかながらキャラクター名をリスペクトした商品が発売されることもある。
ただ、リーダー1などはトランスフォーマーアルマダ(マイクロン伝説)のメガトロンの付属マイクロンであったり、IDW社のアメコミ「メガトロン・オリジン」では剣闘士時代のメガトロンにサイキルが敗北し殺害されるなど、基本的に不遇である。

関連作品

マシンロボ トランスフォーマー

関連イラスト


バグバイト
サイキル




関連タグ

メガトロン・オリジン
マシンロボ
レネゲイド
ハゲ バイク
バンダイ トンカ そぉい!!

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴーボッツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1917

コメント