ピクシブ百科事典

ゴングリー

ちょううんぼうかいじゅうごんぐりー

ゴングリーとは、『SSSS.GRIDMAN』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

概要

第4話「疑・心」に登場。別名:朝雲暮雨怪獣。

頭頂部に巨大な一つ目を持ち、足に該当する部分にも巨大な顔を持つ昆虫に似た怪獣で、体の各所からまるでコードの束のような光る触手を放って相手を攻撃したり、捕縛する。

霧の中から絡み失礼するゾ^~


グリッドマンへの対策として、これまでのように周囲ごとターゲットを吹き飛ばすのではなく、霧を発生させ姿を隠し、狙った相手を触手によって一人ずつ殺害していく手法を取る。

グリッドマンでも出現を感知できないほどに隠密性に優れた怪獣であり、グリッドマン同盟が怪獣の存在に気付く以前にターゲットを複数名殺害している。アカネも自信があったようで、サムライ・キャリバーの妨害はともかくグリッドマンの早い登場には「もう見つかったの?」と言っていた(グリッドマン側はあくまでキャリバーからの連絡で出撃したためお互いにずれているが)。

活躍

新条アカネが、大学生四人組のユーチューバー集団「Arcadia」との合コンに参加した際、自身に不快な絡みをしてきた上、(結果的に)宝多六花からグリッドマンの情報を聞き出す妨害をした彼らを抹殺するために作り上げた。
余程不快感を募らせたようで、合コンがあったその日のうちに怪獣を作成、送り込んでいる。

合コンが開催された日の夜中に出現、隠密戦術が功を奏し、グリッドマンに察知されることなくArcadiaメンバーのタカト(CV:榎木淳弥)、今井(CV:熊谷健太郎)、有井(CV:鈴木崚汰)を次々と襲撃して殺害に成功する。
翌日最後の生き残りであるやまと(CV:伊東健人)を襲撃したが、こちらは事前に怪獣の出現を察知した六花とサムライ・キャリバーの妨害に遭って失敗してしまった。

その後、出撃したグリッドマンと戦い、触手でグリッドマンの動きを封じるなど善戦していたが、そこにグリッドマンを倒すためにアカネの指示なしで出現したアンチが乱入。アンチがゴングリーを妨害し、仲間割れをはじめてしまう。

2体に対抗してアシストウェポンが全員で出撃するがジャンクが処理落ちを起こし、グリットマン側が全員動けなくなってしまった。動けなくなったグリッドマンにアンチがゴングリーをジャイアントスイングで投げつけて攻撃し、落下したグリッドマンを追い詰めるアンチだったが、その直後ジャンクが荒っぽい方法で再起動されたことでグリッドマンが復活。奇襲攻撃により2体まとめて攻撃を受け、ゴングリーはバトルトラクトマックスと合体したマックスグリッドマンの超電撃キックを受け爆死した。

第11回では他の怪獣と共に復活。ナナシAと共にグリッドナイトに挑むが、単独で突っ走ったナナシAに突き飛ばされた挙句、返り討ちに遭ったナナシAを投げつけられてそのまま何もできないままナナシA諸共グリッドナイトサーキュラーで切り裂かれてしまった。

ウルトラ怪獣擬人化計画

2018年11月30日発売の電撃G'Sマガジン内にて発表された
『SSSS.GRIDMAN』出身の怪獣としては、グールギラスデバダダンに続いて3体目となる。
デザインを担当したのはポップキュン氏。

独特の体形を水着風の衣装にアレンジしている…のだが、問題は元の怪獣で頭部(というより口)に相当していた部位で、ちょうど股間の部分から突き出すような形で配置されているのである。場所が場所なだけにどう贔屓目に観てもコレにしか見えないという声が多数寄せられており、「これはさすがにアウトじゃないのか」「よくこのデザインで円谷は許可を出したな」という声まで聞かれるほど。

もっとも、別名である「朝雲暮雨」の由来(後述)を考えるとあながち間違ってもいないと言えるのかもしれないが…?

余談

デザインは丸山浩による。
丸山は本エピソードで取り上げられたレギュラン星人のデザインも担当していた。

別名の「朝雲暮雨」とはある女神が自身が恋した人間に対して遺した「朝は雲となって、日暮れには雨になって貴方に会いに行く」という言葉の故事から生まれた“男女間の深い恋愛関係”という意味の四字熟語である。別にこの怪獣には誰の恋愛感情も絡んでいないが、アカネのArcadiaに対する絶対に逃さないという執念を指しているのか、触手による拘束攻撃をそんな風に形容しているのか、あの手の男は女を喰う事しか考えていないという当てつけなのか、それとも単に発生させた霧を雨雲に見立てての別称なのか不明。 (この怪獣とは無関係なら恋愛関係はあるが)

今回登場したユーチューバー集団は全て『超時空要塞マクロス』の玩具会社にちなんだ名前になっている。さらには各メンバーの服装も、初代マクロスに登場したVF-1Sの金型を流用したスカイファイアーをイメージしたものになっている。

  • アーカディア→マクロスの変形玩具を扱っているアルカディア社から
  • やまと→マクロスの変形玩具を扱っていた株式会社やまとから。服装が初代スカイファイアー
  • タカト→マクロス放送当時のスポンサーであるタカトクトイスから。服装がアニメイテッドスカイファイアー
  • 有井→マクロスのキットを販売していた有井製作所から。服装がG2スカイファイアー
  • 今井→マクロスのキットを販売していた今井科学社から。服装がダークスカイファイアー
なおこれらの企業は現在倒産したり事業内容が変わっていて玩具業界からは撤退しているが、唯一やまとの玩具事業は株式会社アルカディアが引き継いでいる。やまとだけが唯一生き残ったのもそれをイメージしているのだろう。

なお、今井は有井と一緒にいるところを襲われたらしく、タカトに「有井が!有井がああああっ!!」と電話しながら殺害されたのだが、(字幕ありの動画を見るか、該当人物の一人が「有井」と覚えていないと)「アリがああああっ!」と聞き間違え、「今回は型怪獣か?」と思った視聴者もいたようだ。

レギュラン星人のアイコンをバルタン星人と間違えて茶化したことが怪獣作成の原因ともなったと取れる今回の展開を受け、ツイッター上には『#アカネちゃんも怪獣をけしかける一言』なるハッシュタグが出現。特撮知識の浅さをうかがわせる発言でアカネを挑発する者が続出している。

ただ、実際のところ怪獣の名前を間違われたことは直接的な原因ではなく、「話に割り込む」「隣に密着して座る」など、(本人たちに悪気が無かったとはいえ)そこに至るまでにアカネのパーソナルスペースをこれでもかと侵害し続けたことが彼女を怒らせた最大の要因と言える。そのうえでかなりの拘りを持つ怪獣についてバカにするような発言をされ、さらなるストレスを感じたことは間違いないだろうが(思わず「マジ何なのこのおっさん……」と呟いていたほど)。

とはいえ、アカネも合コンに参加した時点で他人から絡まれることくらいは予測できたはずだが……
中の人の言うように「コミュニケーションが苦手」なため、それすら予測できていない、とも考えられるかもしれない。

ちなみに「グリッドマンを縛り上げたのは、最初六花を縛ろうとして監督NGくらった腹いせ」である。
……気持ちはわかるがようやくピックアップされたヒロイン2人の関係性を即日瓦解させる演出は、流石に今後の展開に影響が出ると判断されたと思われる。

関連タグ

SSSS.GRIDMAN

ツインテールコンビューゴンブローズリトマルス キングジンジャークマゴラス - 足元に顔がついたデザインの怪獣。
サドラバンピーラ - 霧で敵に感知されず人を捕食する怪獣。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴングリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25860

コメント