ピクシブ百科事典

ナターン星人

むちゃくちゃよわい

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する宇宙人。
目次[非表示]

ダイゴ「自由を踏みにじって……何が正義だ!!」

概要

別名:侵略宇宙人
身長:人間大~55m
体重:人間大~4万8千t
出身地:ナターン星
演者:高見周(ナターン星人に憑依された男性)


第29話「青い夜の記憶」に登場。

友好関係にあった星(クルス・マヤの故郷)を侵略し、マヤの家族を含む同胞を殺害した張本人。自由を求めて脱走したマヤの兄を抹殺するため地球へ赴く。

GUTSの攻撃により円盤を破壊されるも脱出。地球人の男性を殺害し、地球上で行動するためにその死体に憑依する。
「ナターン星の正義」と称して、マヤの兄が憑依したシンジョウ隊員の腹部を光線銃で撃ち抜く。その後、一緒にいたマドカ・ダイゴを襲おうとするが、まだ死んでいなかったマヤの兄に脚を掴まれ、追い打ちにもう一度光線銃を撃って致命傷を負わせる。
怒りに燃えるダイゴに蹴り飛ばされると、死体から抜け出て巨大化し、ウルトラマンティガと戦うが、あっという間に倒されてしまった

あっけない最後

……とだけ書くとまず「何のこっちゃ」と思われることは間違いないので、順を追って説明すると、

  1. 腹部に膝蹴りを喰らい、投げ飛ばされる。
  2. 電撃光線を放つも、ティガクロスバリヤーで容易く防がれる。
  3. ビビって逃げようとした瞬間、跳び蹴りを背中に喰らい転倒。
  4. 再び逃走を図るものの、ゼペリオン光線で腹部に大穴を空けられ木端微塵に。

この回の戦闘時間はなんと1分3秒。しかも、2人の変身・巨大化シーンを含めてである。
昭和・平成のウルトラシリーズを通して、ここまで短い時間で倒された敵キャラクターは珍しい。デザイナーの丸山浩氏も、自身の画集でこの件に言及し、「少々残念でした」と語っている。

ただし、この回はマヤとマヤの兄のドラマパートに力が込められており、ストーリー的にはティガ屈指の傑作とも名高い
その甲斐あって視聴率No.2に収めた快挙を成し遂げている。

関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣 凶悪 雑魚
クルス・マヤ

関連記事

親記事

ウルトラマンティガ うるとらまんてぃが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナターン星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 868

コメント