ピクシブ百科事典

フォームチェンジ

ふぉーむちぇんじ

変身したうえで、状況に応じて別形態にさらに変身すること。
目次[非表示]

概要

変身したうえで、その状況に応じて他の形態にさらに変身すること。
その始祖はストロンガー……ではなく、愛の戦士レインボーマン、そしてヴィシュヌと言われる。

仮面ライダー龍騎」などのように、単に強化形態に変身するものや、「仮面ライダークウガ」などでの消耗などによる不完全形態への強制弱体化も、広義ではこの言葉に含まれる。
とはいえ、「同ステージ上に複数の形態」があり、単なるパワーアップとは異なる「任意的な可逆の変身」(自身の意思で「元の形態に戻る」事と、戻った後でも「再びその形態に変身しなおせる」事)ができ、その変身の系統を樹形図化にもできることがやはり望ましいだろう。
そのためベクトルが一つしかない(強化および進化の過程形態のため元の形態に戻れない)者や、特殊な状況が重なったがゆえのイレギュラーな形態(スーパープリキュアキュアレインボーのような「奇跡の変身」という形式によるフォーム)への変身に対して使われることはあまりない。

仮面ライダークウガ」、「ウルトラマンティガ」から連なる、平成の仮面ライダー平成のウルトラマンを始めとした近年の変身ヒーローは多彩なフォームを駆使して戦うのが定番である。
作劇上においては、「少人数体制のヒーローが多種多様な戦局に対応するために様々な能力・武器・効果を使い分ける」という扱いが多い。これによってヒーローの人数が擬似的に増え、玩具商品の種類も充実するという商業的事情とも切り離しては語れないだろう。
とはいえ、一部のプリキュア(ふたりはプリキュアSplash☆Starおよびハピネスチャージプリキュア!以降のプリキュアたちなど)やスーパー戦隊(烈車戦隊トッキュウジャーなど)でもフォームチェンジ要素を取り入れた作品は存在する。
近年の作品になるほどフォームチェンジの種類は増える傾向にあり、特に仮面ライダーシリーズでは顕著である。「主役ライダーの中間フォームが第1・第2と複数ある」「多人数ライダー路線かつフォームチェンジあり」といったところはもはや当たり前。中にはTV本編には登場しない、玩具(変身アイテムやフィギュア)やゲーム限定のフォームも。

また愛天使伝説ウェディングピーチ(ウェディングチェンジお色直し。ウェディングドレス⇔ファイターエンジェル)や仮面ライダーカブトキャストオフ/プットオンマスクドフォームライダーフォーム)に見られる二段変身も、これに含まれる事がある。これは画面や物語の構成上においてはパワーアップと見なされがちであるが、設定上においては状況に応じて選択可能な形態(双方ともに、前者が防御特化形態で、後者が攻撃特化形態に相当する)であるためである。

巨大ロボットものの場合、フォームチェンジとは呼ばれることはまず無いが、特有の「変形合体」が発展・派生された結果、こうしたフォームチェンジに近似する仕様を持つ様になった場合も多くある。
例を挙げるとゲッターロボシリーズの様に「合体後に状況に応じた形態に変身する」といったものがあり、局面や地形に適した形態を使い分けたり、連携攻撃を行うなどの扱いが多い。

またガンダムシリーズに代表される様なリアルロボット系などの場合、人型機動兵器の運用として「武器や外装を局面に応じ、出撃前後に換装する」や「機体そのものが状況に応じた変形機構を持つ」といった仕様を持つこともあり、特撮ヒーローにおけるフォームチェンジとはコンセプトが大きく違うものの、ロボットならではの状況に応じた形態変身を見せている。


関連イラスト

宇宙ライダー
フォームチェンジ(ハピプリ♯2)


ロトム
魅せるぜ!最終!!



関連項目

進化 適応 二段変身 多段変身
多重人格 七変化 トランスフォーム
モードチェンジ

基本フォーム 中間フォーム 強化フォーム
最強フォーム 究極フォーム 最終フォーム
暴走フォーム てんこ盛りフォーム
ライダーウェポン

仮面ライダー版…超変身 カメンライド
ウルトラシリーズ版…タイプチェンジ ウルトライブ フュージョンアップ フュージョンライズ
プリキュア版…モードエレガント カラフルスタイル 星座ドレス
ポケモン版…フォルムチェンジ

関連記事

親記事

変身ヒーロー へんしんひーろー

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フォームチェンジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70912

コメント