ピクシブ百科事典

フォームチェンジ

ふぉーむちぇんじ

変身したうえで、状況に応じて別形態にさらに変身すること。
目次[非表示]

概要

変身したうえで、その状況に応じて他の形態にさらに変身すること。
その始祖はストロンガー……ではなく、愛の戦士レインボーマン、そしてヴィシュヌと言われる。

仮面ライダー龍騎」などのように、単に強化形態に変身するものや、「仮面ライダークウガ」などでの消耗などによる弱体化形態への強制変身も含む。
ただし「同ステージ上に複数の形態」があり、単なるパワーアップとは異なる「任意的な可逆の変身」(自身の意思で「元の形態に戻る」事と、戻った後でも「再びその形態に変身しなおせる」事)ができ、その変身の系統を樹形図化にもできることが望ましい。
そのためベクトルが一つしかない(強化および進化の過程形態のため元の形態に戻れない)者や、特殊な状況が重なったがゆえのイレギュラーな形態(スーパープリキュアキュアレインボーのような「奇跡の変身」という形式によるフォーム)への変身に対して使われることはあまりない。

仮面ライダークウガ」、「ウルトラマンティガ」などをはじめ、平成の仮面ライダー平成のウルトラマンは多彩なフォームを駆使して戦う。

また、一部のプリキュア(ふたりはプリキュアSplash☆Starおよびハピネスチャージプリキュア!以降のプリキュアたちなど)やスーパー戦隊(烈車戦隊トッキュウジャーなど)もフォームチェンジをする。

同じく七星闘神ガイファード鳳神ヤツルギのように、確かにチェンジしたが殆どわからない(例外、G3-X特捜エクシードラフト時給戦士スマイルバン)ため、実質上は別個体なのに強化フォームとされる例外も本項に該当する。

また愛天使伝説ウェディングピーチ(ウェディングチェンジお色直し。ウェディングドレス⇔ファイターエンジェル)や仮面ライダーカブトキャストオフ/プットオンマスクドフォームライダーフォーム)に見られる二段変身も、これに含まれる事がある。これは画面や物語の構成上においてはパワーアップと見なされがちであるが、設定上においては状況に応じて選択可能な形態(双方ともに、前者が防御特化形態で、後者が攻撃特化形態に相当する)であるためである。

逆にガンダムWのサブガンダムのように、ひとつの体を再改造したのに別個体とされたり、ミンキーモモの空モモ・海モモや機動警察パトレイバー巴啦啦小魔仙のように、時の経過でそんなつもりはないのにデザイン解釈が微妙に変わってしまった場合、ゴジラ怪獣のように修理の都合で姿がガラリと変わった場合、フォームチェンジとはされない。

他に、ファッションララとファンシーララは同一作品といえても、この場合は作品自体のリメイクなので、ここでは論外だ。

また、近年では本編には登場しないが、玩具(変身アイテムやフィギュア玩具)やゲームのみでしか登場、再現できないフォームもある。

関連イラスト

宇宙ライダー
フォームチェンジ(ハピプリ♯2)



関連項目

進化 適応 二段変身 多段変身
多重人格 七変化 トランスフォーム

基本フォーム 中間フォーム 強化フォーム
最強フォーム 究極フォーム 最終フォーム

仮面ライダー版…超変身 カメンライド
ウルトラシリーズ版…タイプチェンジ ウルトライブ フュージョンアップ フュージョンライズ
プリキュア版…モードエレガント カラフルスタイル
ポケモン版…フォルムチェンジ

関連記事

親記事

東映ヒーロー とうえいひーろー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フォームチェンジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46472

コメント