ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

多くの命が生きる星、地球

1人の人間4人ジューマンが出会い、1つの群れが生まれた。

地球を守るために!!


概要編集

スーパー戦隊シリーズ40作記念作品。

2015年9月29日商標登録が公開。

同年12月26日に公式サイト開設、情報公開。

2016年2月14日2017年2月5日までオンエア。

東映のメインプロデューサーを宇都宮孝明が担当、サブに柴田宏明平成ライダーシリーズを何作か担当した望月卓が担当。パイロット監督を柴崎貴行

香村純子が初の戦隊メインライターという布陣。


初期メンバー構成は1人の地球人に4人の異世界人。

動物モチーフそのものは戦隊シリーズの鉄板ではあるが(デザインモチーフとしては頻繁に使われているが、メインモチーフとしては『百獣戦隊ガオレンジャー』以来)、異世界人の4人は人間態、戦士の姿の他に「ジューマン態」と呼ばれる獣人態を持つという異色の設定がされている。


戦士の色設定は女性ブルー起用(『魔法戦隊マジレンジャー』のマジブルー以来11年振り)とピンク戦士無しとなっており、初期メンバーがレッド・ブルー・イエロー・グリーン・ホワイトの組み合わせは40作品目にして初である(漫画版ならジェットマンがいる)。

なお、ダブルヒロインの組み合わせが青と白になるのは『鳥人戦隊ジェットマン』以来25年ぶり、初期メンバーで戦士名をモチーフで区別するのは『五星戦隊ダイレンジャー』以来23年ぶりとなる。

また、初期メンバーにグリーンとホワイトが同時に居る戦隊も今作で初となった。


2016年9月11日にはスーパー戦隊シリーズ放送2000回となる事を記念し、1999回、2000回で海賊戦隊ゴーカイジャーとのコラボエピソードが放送された。


そのゴーカイジャーと同様に、戦隊メンバーが歌う歌が一曲もないという憂き目に遭っている。


あらすじ編集

駆け出しの動物学者の風切大和は、ひょんな事から動物の顔を持つ生命体・ジューマンが暮らす異世界「ジューランド」へと迷い込み、その世界の住人であるセラレオタスクアムの4人と出会う。


二つの世界を繋げるリンクキューブに異変を感じた大和と、彼を追ってセラ達4人が人間界へ向かうと、人間界はブラッドゲームで幾多の星を滅ぼしてきた宇宙の無法者「デスガリアン」の攻撃を受けていた。大和はこの星に生きる命を守る為に、幼少時に謎の鳥男に貰った「王者の資格」の力でジュウオウジャーに変身し、セラ達4人と共にデスガリアンとの戦いに挑み、ジャグドを倒す。


しかしこの戦いの中でリンクキューブがデスガリアンに破壊された上、残り一つの「王者の資格」も行方知れずとなり、セラ達4人はジューランドに戻れなくなってしまった。責任を感じた大和の提案と、王者の資格の力で人間の姿になれた事もあり、4人は大和の元でしばし暮らす事となった。


登場キャラクター編集

呼称表編集

が\に大和セラレオタスクアム真理夫
風切大和セラレオタスクアムみっちゃんおじさん
セラ大和あたしレオタスクアム真理夫さん
レオ大和セラタスクアムおっさん
タスク大和セラレオアム真理夫さん
アム大和くんセラちゃんレオくんタスクくん操くん真理夫さん
門藤操大和セラレオタスクアム真理夫さん
森真理夫大和セラちゃんレオくんタスクくんアムちゃん操くん

ジュウオウジャー編集

ジュウオウジャー


ジュウオウジャー関係者編集


デスガリアン編集


第3勢力編集


その他編集


各話リスト編集

話数カウントは第○話。

話数サブタイトル放送日程登場怪人再生怪人などエンディングの動物
1どきどき動物ランド2016年2月14日ジャグドジャイアントパンダ(上野動物園)
2この星をなめるなよ2月21日ハルバゴイアフリカゾウ(多摩動物公園)
3帰りたいけど帰れない2月28日ボウガンスキリン(多摩動物公園)
4リングにほえろ3月6日アミガルドインドライオン(上野動物園)
5ジャングルの王者3月13日ガブリオニシローランドゴリラ(多摩動物公園)
6ワイルドなプレゼント3月20日ニホンリス(井の頭自然文化園)
7ゴゴゴゴーストが出た3月27日シオマネキングスマトラトラ(上野動物園)
8サバンナのメロディー4月3日ヤバイカーホッキョクグマ(上野動物園)
9終わらない一日4月10日ハナヤイダータイマイ(葛西臨海水族園)
10最も危険なゲーム4月17日ギフトニホンザル(上野動物園)
11動物大集合4月24日フタコブラクダ(大島公園動物園)
12はなのみじかいゾウ5月1日ハッテナーベニイロフラミンゴ(上野動物園)
13山頂の目撃者5月8日ノボリゾンニホンツキノワグマ(多摩動物公園)
14ウソつきドロボーおバカ系5月15日ドロボーズハンタジイフンボルトペンギン(井の頭自然文化園)
15戦慄のスナイパー5月22日ハンタジイハリモグラ(上野動物園)
16ジューマンをさがせ5月29日マントールコアラ(多摩動物公園)
17エクストラプレイヤー、乱入6月5日トランパスヒガシクロサイ(上野動物園)
18きざまれた恐怖6月12日タイリクオオカミ(多摩動物公園)
19信じるのは誰6月26日ボウリンゲンイリエワニ(上野動物園)
20世界の王者7月3日ホンドタヌキ(井の頭自然文化園)
21プリズン・ブレイク7月17日プリズナブルカリフォルニアアシカ(上野動物園)
22覚醒か?カン違いか?7月24日イルジオンニホンカモシカ(井の頭自然文化園)
23巨獣ハンター7月31日クルーザノボリゾンチーター(多摩動物公園)
24よみがえる記憶8月7日ハンタジイ、アミガルド、トランパスオールドワイフ(葛西臨海水族園)
25アンハッピー・カメラ8月14日ジャシンガーレッサーパンダ(多摩動物公園)
26大切な日を守りたい8月21日ヤバイカー、ハルバゴイカバ(上野動物園)
27本物はどっちだ8月28日オオカンガルー(上野動物園)
28帰ってきた宇宙海賊9月4日ドロボーズ、ボウガンス
29王者の中の王者9月11日ゴクドス・ギル血祭ドウコク救星主のブラジラエンター・ユナイトエスケイプ・エボルブ蝶絶神デーボスゼット・真
30伝説の巨獣9月18日ガブリオ、ハナヤイダー、イルジオンウシバナトビエイ(葛西臨海水族園)
31巨獣立つ時9月25日ギフトカスタムアルパカ(上野動物園)
32心は裏表10月2日オモテウリャータツノオトシゴ(葛西臨海水族園)
33猫だましの恩返し10月9日スモートロンユキヒョウ(多摩動物公園)
34巨獣ハンターの逆襲10月16日アミガルド、トランパス、イルジオンカピバラ(井の頭自然文化園)
35ジュウオウジャー最後の日10月23日バングレイパンサーカメレオン(上野動物園)
36ハロウィンの王子様10月30日サンババグレビーシマウマ(多摩動物公園)
37天空の王者11月13日サグイルブラザーズオオイワガニ(葛西臨海水族園)
38空高く、翼舞う11月20日ワオキツネザル(上野動物園)
39カロリーとネックレス11月27日シェフードンフェネック(井の頭自然文化園)
40男の美学12月4日キルメンチコキサカオウム(上野動物園)
41最初で最後のチャンス12月11日アミガルド、ハナヤイダー、イルジオン、ジャシンガー、オモテウリャー、シェフードンスリランカゾウ(多摩動物公園)
42この星の行方12月18日クバルガラパゴスゾウガメ(上野動物園)
43クリスマスの目撃者12月25日ガッカリゼトナカイ(多摩動物公園)
44人類の王者2017年1月8日東天紅(上野動物園)
45解けた封印1月15日アザルド・レガシールックダウン(葛西臨海水族園)
46不死身の破壊神1月22日ツシマヤマネコ(井の頭自然文化園)
47最後のゲーム1月29日量産型ギフトカスタム、ナリアシロオリックス(多摩動物公園)
最終話地球は我が家さ2月5日シン・ジニスミナミコアリクイ(上野動物園)


音楽編集

主題歌編集

作詞:藤林聖子/作曲・歌:高取ヒデアキ(Project.R)/編曲:籠島裕昌(Project.R)/コーラス:ヤング・フレッシュ/演奏:Z旗

OP主題歌。


作詞:藤林聖子/作曲・編曲:谷本貴義/歌:大西洋平(Project.R)/コーラス:ヤング・フレッシュ/音楽プロデュース:Project.R(日本コロムビア)/振付:パパイヤ鈴木

ED主題歌。最終話では「エクストラ・ホエールエディション」が使用された。


作詩:藤林聖子、荒川稔久/作曲・編曲:大石憲一郎(Project.R)/演奏:Z旗/歌:Project.R(NoB、高取ヒデアキ、YOFFY、岩崎貴文、Sister MAYO、谷本貴義、五條真由美、高橋秀幸、松原剛志、鎌田章吾、大西洋平)


挿入歌編集

  • 覚醒!ジュウオウジャー!

作詞・作曲・歌:大西洋平(Project.R)/編曲:大橋恵(Project.R)/演奏:ミラクルチンパンジー


  • 動物合体!ジュウオウキング

作詞:八手三郎/作曲・編曲:亀山耕一郎(Project.R)/歌:Project.R(NoB、YOFFY、谷本貴義)

ジュウオウキングのテーマ曲。


  • あいさつどうぶつマーチ

作詞:藤林聖子/作曲・編曲:亀山耕一郎(Project.R)/歌:ヤング・フレッシュ


  • ジュウオウFight!

作詞:藤林聖子/作曲・編曲:山田信夫/歌:NoB(Project.R)


  • ジュウオウザワールド

作詞:藤林聖子/作曲・編曲:亀山耕一郎(Project.R)/歌:松原剛志(Project.R)

ジュウオウザワールドのテーマ曲。


  • デスデスデスガリアン!

作詞:藤林聖子 / 作曲・編曲:亀山耕一郎(Project.R) / 歌:山形ユキオ

デスガリアンのテーマ曲だが、第37話にてインストゥルメンタル版、第38話にて前奏のみがそれぞれ劇中で流れた程度。


  • わが故郷 ジューランド

作詩:藤林聖子/作曲:亀山耕一郎/編曲:籠島裕昌(Project.R)/歌:五條真由美(Project.R) /演奏:Z旗

ジューランドのテーマ曲。


  • 輝く王者

作詩:藤林聖子/作曲:岩崎貴文/編曲:中畑丈治(Project.R)/歌:Project.R(高橋秀幸、宮島咲良)


  • ドデカイオー現る!

作詞:高取ヒデアキ(Project.R)/作曲:亀山耕一郎(Project.R)/編曲:籠島裕昌(Project.R) /歌・演奏:Z旗

ドデカイオーのテーマ曲。


作詞:岩里祐穂/作曲:持田裕輔 / 編曲:Project.R(籠島裕昌)/歌:松原剛志 (Project.R) /コーラス:ヤング・フレッシュ、Project.R

インストゥルメンタル版のみ(第29話)


関連作品編集

劇場版編集

2016年8月6日公開。本作の単独作品。


2017年1月14日公開。本作と前作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のクロスオーバー作品。


2017年3月25日公開。仮面ライダーシリーズとスーパー戦隊シリーズのクロスオーバー作品。

アム/ジュウオウタイガーがメインキャラクターとして登場、その5は変身後の姿のみ登場。


Vシネマ編集

2017年6月28日発売。本編の後日談を描くVシネマ。

なお、毎年恒例だった「帰ってきた」シリーズは本作を最後に制作されていない。


その他編集

2019年2月17日3月10日放送。歴代スーパー戦隊シリーズの活躍を描いたテレビスペシャル。

メインキャラの一人として、本作から大和/ジュウオウイーグルが登場。


余談編集

レオを除いた4人の戦士には、それぞれ人間の五感のいずれかが非常に優れているという点がある。

大和は鷹特有の獲物の位置を正確に見抜く能力を応用した優れた視覚、セラはサメなどの特有の超音波を聞き分ける能力を応用した聴覚、タスクは嗅覚、アムは味覚が大変優れている。残るレオは声がでかいという事しか分かっておらず、残された五感からして触覚かと思われたが、そちらは追加戦士である操に発現した。


「40作記念作品」であって「40周年記念作品」ではない点には注意(「秘密戦隊ゴレンジャー」初回放送日から40周年にあたる2015年4月5日に放送されていたのは一代前の先輩である)。


『動物戦隊』という名称は『動物戦隊ゴーバスターズ』で既に使用されているが、スタッフで気にする者はいなかったとのこと。もっとも特例なので当然ではある。

我ら!動物戦隊!


以下のように動物系戦隊は何故か過去の作品で名称が使用されていたりするので、今度もそれを踏襲したのかもしれない。


放送日の2月14日におもちゃ屋さんで「ジュウオウジャー」の合言葉を言うとジュウオウイーグルのフィギュアが貰える、というキャンペーンが行われていたが、その際のCMが

お店に行って叫ぼう

…こんな感じに子供がやたら濃い顔になって叫ぶというものになっていた。

前作の忍者一番刀チョコのCMといい、子供の顔を濃くしないといけないノルマでもあるのだろうか…


従来であれば『キュウレンジャー最終回直前あたり(2018年1月頃)に公開されるであろう、同作とのVS作品『キュウレンジャーVSジュウオウジャー』は制作されなかった。

白倉伸一郎(東映プロデューサー)は、「当時放送を控えていた『ルパパト』と「スーパー戦隊同士の共演」というコンセプトがかぶってしまうため、作らなかった」と述べている。

一方、望月卓(東映プロデューサー)はスペース・スクワッドのトークショーにて「ジュウオウジャーキャストのスケジュールがどうしても確保できず断念した。そのため『キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』の企画になった」と述べている。


2022年8月28日より東映特撮 YouTube Officialにて本作が配信されたが、奇しくも最終話の配信日は6年前(2017年)の本放送日と同じ(2023年)2月5日だった。


関連動画編集


関連タグ編集

スーパー戦隊シリーズ

ジュウオウジャー


手裏剣戦隊ニンニンジャー本作宇宙戦隊キュウレンジャー


外部リンク編集

東映公式サイト

公式Twitter

関連記事

親記事

21世紀平成戦隊 にじゅういっせいきへいせいせんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7092422

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました