ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

忍者一番刀

にんじゃいちばんとう

忍者一番刀とは、手裏剣戦隊ニンニンジャーに登場する変身アイテム、及び武器である
目次 [非表示]

CV:垂木勉


概要

ニンニンジャー五人のために伊賀崎旋風が用意した忍者刀変身アイテム。その内一本は招集の知らせと共に伊賀崎天晴に渡されていたが、残りの四本は(おそらくは旋風の手によって)土中の竹に秘匿されていた。


能力

通常の刀として戦闘に使用できる他、装着する忍シュリケンとボタン操作に応じて様々な忍法を使用可能。


シュリケン変化

変化忍シュリケンを装着した後に「変」ボタンを押し、「ザ・変化!」の音声の後に続けて「 ニンニンニン!ニンニニンニン!」という待機音がなり、その間に「シュリケン変化」と叫びながら忍シュリケンを回転させる事で「〇〇(固有音声)ジャー!ニンジャー!」の音声と共にシュリケン忍法シュリケン変化を発動し、ニンニンジャーへ変化する。

戦士使用する忍シュリケン固有音声
アカニンジャーアカニンジャーシュリケンアカジャー!
アオニンジャーアオニンジャーシュリケンアオジャー!
キニンジャーキニンジャーシュリケンキジャー!
シロニンジャーシロニンジャーシュリケンシロジャー!
モモニンジャーモモニンジャーシュリケンモモジャー!
ミドニンジャーミドニンジャーシュリケンミドジャー!

※なお玩具では初期メンバー5人のどの忍シュリケンを使っても固有音声の部分は「アカジャー!アオジャー!キジャー!シロジャー!モモジャー!」とレギュラーメンバー全員の音声が流れる(劇中で初期メンバー5人が一斉変身した時と同様の音声)。ミドニンジャーシュリケンはそれに「ミドジャー!」が追加されている。


五トン忍シュリケンを使った忍法

  • 火の術

五トン忍シュリケンを「火」のダイヤルに合わせて忍者一番刀にセットし、勢いよく回転させることで「メラメラジャー!」の音声と共に火炎攻撃をする。


  • 水の術

五トン忍シュリケンを「水」のダイヤルに合わせて忍者一番刀にセットし、勢いよく回転させることで「ジャブジャブジャー!」の音声と共に水流攻撃をする。


  • 木の術

五トン忍シュリケンを「木」のダイヤルに合わせて忍者一番刀にセットし、勢いよく回転させることで「モクモクジャー!」の音声と共に強力な葉っぱ攻撃などをする。


  • 金の術

五トン忍シュリケンを「金」のダイヤルに合わせて忍者一番刀にセットし、勢いよく回転させることで「キンキラジャー!」の音声と共にタライ攻撃などをする。


  • 土の術

五トン忍シュリケンを「土」のダイヤルに合わせて忍者一番刀にセットし、勢いよく回転させることで「ドンドンジャー!」の音声と共に土攻撃をする。


必殺技

  • 忍烈斬

「ザ・技! ナンジャナンジャ? ナンジャナンジャ?」

「技」ボタンを押した後に忍シュリケンを回転させることで「忍者一閃!」の音声とともに必殺技を発動する。

 なお、この技の中にはハリケンジャー!】と【カクレンジャー!がある。(疾風系と隠匿系の術です)。


召喚

「ザ・召喚! ダレジャ? ダレジャ? ダレジャダレジャ? ダ〜レダレジャ?」

オトモ忍シュリケンを装着した後に「召」ボタンを押し、忍シュリケンを回転させることで、シュリケン忍法召喚の術を発動し、カラクリ巨大マシンオトモ忍を召喚する。


忍者激熱刀

キンジが取り憑かれていた妖力を集める妖刀浦鮫が、スーパースターニンジャーへの変身を果たすと共に変化したもの。

見た目は色が真っ赤である以外忍者一番刀そのものであるが段違いのパワーを秘めており、必要に応じて他メンバーに貸し出されることも。


余談

特徴的な音声のモチーフは日本の文化として定着して久しいテレビゲームをイメージしたもの。


関連タグ

手裏剣戦隊ニンニンジャー 変身アイテム 忍者刀


スーパー戦隊変身アイテム

トッキュウチェンジャー忍者一番刀ジュウオウチェンジャー


スーパー戦隊標準武器

トッキュウブラスター忍者一番刀/ガマガマ銃/カラクリヘンゲンジュウオウバスター

関連記事

親記事

ニンニンジャー にんにんじゃー

子記事

  • 忍烈斬 にんれつざんないししのびなのにはですぎるわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30369

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました