ピクシブ百科事典

オモテウリャー

おもてうりゃー

動物戦隊ジュウオウジャーに登場したデスガリアンのプレイヤー。
目次[非表示]

「ハーイ!手始めに皆さんから弄んじゃいますよ〜。リバーシ!」
「だから言っただろ?てめぇらの裏の顔を増幅して表にすれば、人間関係なんて簡単に破壊できるってワケよ」

データ

身長/194cm(コンティニュー時38.8m)
体重/175kg(コンティニュー時350.0t)
リーダー/クバル
対応機種/ツーフェイス
ジャンル/反転ゲーム

CV:三上哲/スーツアクター:村岡弘之

概要

チームクバル所属のプレイヤー
一見、シルクハットに黄色いスーツを着た細身体形の手品師みたいな外見だが、これは『ツーフェイス』の片方面。背中を向けて両肩に曲げ隠した両腕を下ろす事で、本性でもある強面で屈強な体格を持つもう片方面の姿(黒スーツを着ているので、そっち方面の人がモチーフの様だ)を現す。

手品師側では体中央、強面側では両手から出す光線を人間に浴びせ、対象が心の中に隠している本音を邪悪な物に増幅させて表の顔に曝け出すコンボ技「リバーシ!」が得意。これで人間同士を仲違いさせて争わせるブラッドゲーム(最終的には各国の首脳達を仲違いさせ、戦争へ誘導しようとした)にエントリーする。
上記のコンボ技で使う光線を戦闘でも使用、浴びせたターゲットの向いてる方向を180度引っ繰り返す「物理リバーシ!」や、光線を浴びせまくる事で引っ繰り返しを通り越してその場で回転させ続ける「スーパーリバーシ!」と言う技も持っている。
ただしこの光線、効果の持続性が低い様で浴びても暫くすると効果が消え元に戻ってしまう。また一方、大量の水で洗い流す事でも効果を消せる模様(効果が解除される演出を見ると、光線により何らかのコーティングを対象に施していた様だ)。

二面性のある外見と同様、おどけた口調で話す手品師側と荒々しくドスの利いた声で話す強面側と言う二重の人格を持つ。メダル投入口は左肩(※強面側)。

活躍

バングレイが探していた伝説の巨獣キューブホエールに興味を抱き、ブラッドゲームを一時中断していたジニスだが、前話でそれが達成された事で一時中断を解除。それに逸るアザルドに先んじたクバルにより地球へ送り込まれる。
(※この際、「刺激的なゲームを」と言うジニスのオーダーを受けた)
街中に出現し、リハーサルも兼ねてカップルや会社の上司と部下等のペアにコンボ技を使用、仲違いさせて争わせていた所をジュウオウジャーに発見される。すぐさま向かって来られたのでジュウオウジャーにもコンボ技を使用、タスク以外のメンバーを仲違い(心に裏表の無いとされるレオはあまり変化ないが、何やら冷静だった)させて戦えない状況にした後、ゲームの本番が控えてる事を告げて撤退する。
(※なお、この戦闘を見物しながらバングレイはクバルと密会していた。)

その後、本命である各国首脳を仲違いさせる為、首脳が集まるサミットへ乗り込もうとした所を自分が告げた言葉と真理夫とのやり取りにより感付いたジュウオウジャーに追い付かれる。
これに対し、今度は操以外の5人にコンボ技を使いネガティブな操を精神的に追い詰めようとする。しかし、いつもは隠している本音が表に出る事をタスクが逆用、批判しつつも好意的な言葉を操に掛けた為に操は奮起。彼がチェンジしたジュウオウザワールド(ライノスフォーム)の猛攻を受け、頭の角を使った頭突きで吹っ飛ばされてしまう。
そうこうしている内に、他の5人に掛けたコンボ技の効果も消えてしまった為、結局ジュウオウジャー全員と交戦。ジュウオウジャーの攻撃を「物理リバーシ!」で方向を引っ繰り返す事で躱していたが、タスクが機転で二人同士で背中合わせになり攻撃する連携を思い付き実行、実質技を封じられ一方的に攻撃を受けてしまう。そして再び吹っ飛ばされた所に、大和がチェンジしたジュウオウホエールの放つジュウオウファイナルを喰らって敗北する。

その後、ナリアにコンティニューメダルを投入され巨大化(コンティニューの直前、ジニスは「彼の能力で我々も心の裏を曝け出していたかもしれないね」と、帰還していたクバルの心を揺さぶる発言をしている)。ワイルドトウサイキングドデカイオーと交戦する。
今度は「スーパーリバーシ!」を2体に使い、その場で回転させ続けてまともに攻撃出来なくさせるが、ドデカイオーが大砲モードのカイオースピアから大量の水を撒き散らし、光線の効果を洗い流して技を破った為ワイルドトウサイキングから反撃される。
最後は、ジュウオウダイレクトショットとドデカイオーシャンスプラッシュを同時に喰らい、振り向きながら崩れ落ちる事で手品師側を見せつつ爆散した。

41話では、遂にジニスへの反逆を実行したクバルの手駒として再登場。バングレイから強奪した右手でナリアの記憶を読み取り再現された。
クバルの策で地球へ降りて来たジニスを攻撃するが、自身の弱体化を克服、シン・ジニスと化した相手には全く敵わず恐怖に支配されたクバルは逃亡。これを追撃するべくジャシンガーシェフードンと共に巨大化させられ、クバルを攻撃しつつ町を破壊する。
それを許さないジュウオウジャーの操るジュウオウキングジュウオウワイルド、ドデカイオーと交戦。他の2体諸共一所へ纏められた上でジュウオウメガトンキック、モグラドリル・ジュウオウブレイク、ドデカイオーシャンスプラッシュを立て続けに喰らい爆散、消滅した。

余談

体の前後が別々のキャラを持つ設定の怪人だが、スーツアクター的には強面側の方が正面に当たる。
ただし上記の設定を印象付ける為、演者は登場時や序盤、退場時には敢えて手品師側の方を見せ他の役者や画面に背中を向ける形で演じている。
公式サイトでも手品師側の写真を使っており、正面写真ならぬ背面写真となっている。

関連記事

デスガリアン クバル(ジュウオウジャー) プレイヤー(ジュウオウジャー)
ゴリワシギン:地球戦隊ファイブマンに登場する銀帝軍ゾーンの怪人(合身銀河闘士)。特徴的な外見の怪人2体が背中合わせに一体化したビジュアルが似ており、融合元の怪人2体の人格が同居している点も類似する。
オールド・ドーパント:こちらも表裏一体の姿をした怪人。

仮面ライダーエグゼイド:30分後に放送開始した番組。エグゼイドをはじめとした同作の仮面ライダーはSD等身の「レベル1」から前後ひっくり返って「レベル2」に変身し、レベル1の顔が背中に引っ付いている

コメント