ピクシブ百科事典

縁切り忍者シラーンス

えんきりにんじゃしらーんす

『宇宙忍者ファイル・縁切り忍者シラーンス。ハサミでチョッキン!アンタなんか知ら~んす!』(#6)
目次[非表示]

「俺様のこのハサミは、人の絆を断ち切るスンゴいハサミザンス!」
CV:川津泰彦

データ

分類:クグツ忍者
出身星:ウサギ座ガンマ星近くの惑星ランス
好物:パチパチキャンディ(キャロット味)

概要

暗黒七本槍の五の槍・サーガイン配下のクグツ忍者であり、サーガイン曰く「史上最強のクグツ」
白いボディに長く伸びたハサミ状の2本角を持った外見をしており、両腕にも片刃しか無い赤い柄のハサミが付いている。口癖は「~ザンス」

その得意技は切れ味抜群の縁切りハサミでどんな仲も切り裂く「宇宙忍法・縁切り」という非常に恐ろしい物で、この宇宙忍法によって縁を切られた者は互いを憎み合って激しく争う事となり、最悪世界規模の戦争にまで発展してしまう恐れが有る。そしてシラーンス自身も仲良しを極端に嫌っており、人々の縁を切っては喜ぶと言う極めて下衆な性格の持ち主である為、そうした本人の性質と相まって最低最悪の能力と言える。
戦闘では更にハサミによる斬撃の他、両目に内蔵された3連式のマシンガンから秒速20発の弾丸をぶっ放し、目にも止まらぬ速さで動く等、凶悪な宇宙忍法に加えて戦闘力も高く、創造主足るサーガインの「史上最強」と言う評価は伊達ではない。

劇中では上記の宇宙忍法によって全人類の縁を切り裂き、大喧嘩させる事で地球を腐らせようと目論んだ。

活躍

素早いスピードでカップルや親子の人々の縁を次々と切り裂いていき、挙句の果てにアジアオセアニアの通商友好会議に来ていた5ヵ国の首脳の縁まで切り裂いてしまう事態を引き起こす。

駆け付けたレッドイエローの2人と交戦した際には、両目のマシンガンで銃撃して応戦。隙を見計らって2人の縁も切った事で同士討ちをさせ、再び両目のマシンガンで追撃する。
然し、ジャカンジャを倒す」と言う使命自体は2人とも忘れておらず意気投合し、再び2人が仮で向かって来る。返り討ちにしようと立ち向かうシラーンスだったが、超忍法・影の舞に怯んだ所へハヤテ丸の斬撃を受け破壊されてしまう。

その後、コピージャイアントによって再生巨大化する。
巨大戦では旋風神のソードスラッシャーを両腕のハサミで受け止め、ハサミの斬撃などで圧倒して見せるが、新しく投入されたカラクリボール第3号・トータスハンマーを入手した旋風神の遠距離攻撃を受け、怯んだ所へ止めの究極奥義ロックドバスターを喰らい爆散。
シラーンスが完全に破壊されると同時に、切り裂かれた人々の縁も元に戻るのであった。

余談

モチーフはうさぎ。頭の角からクワガタムシに見えるが断じて違う。それが証拠に『百化繚乱[下之巻]』にてデザインを担当したさとうけいいち氏も「当初はカニがモチーフだったが、当時放映されていた『仮面ライダー龍騎』のボルキャンサーと被ってしまい、脚本は縁切りの話だった為に『ハサミさえあればいい』という事でウサギになった」とコメントしている為、やはりうさぎなのだ。好物だってうさぎの好物のキャロットのパチパチキャンディだし。

名前の由来も「知らん」+ハサミの英訳の「シザース(scissors)」

声を演じた川津氏は昨年の『百獣戦隊ガオレンジャー』ではツボオルグの声を担当しており、翌年の『爆竜戦隊アバレンジャー』ではトリノイド19号のバンクマッシュルームの声を演じている。 

関連タグ

忍風戦隊ハリケンジャー 宇宙忍群ジャカンジャ 中忍(宇宙忍群ジャカンジャ)
うさぎ ハサミ

ウサダ・レタス10年後に登場するうさぎ繋がりのバディロイド

仮面ライダーシザースボルキャンサー:放送時期が同じ『仮面ライダー龍騎』におけるハサミ繋がりのダークライダーミラーモンスター
ラビットオルフェノク:翌年の『仮面ライダー555』に登場するうさぎ繋がりのライダー怪人

関連記事

親記事

中忍(宇宙忍群ジャカンジャ) じゃかんじゃのちゅうにん

兄弟記事

コメント