ピクシブ百科事典

ワイルドトウサイキング

わいるどとうさいきんぐ

ワイルドトウサイキングは、動物戦隊ジュウオウジャーに登場する戦隊ロボの一体。
目次[非表示]

「3!4!9!5!2!7!8!6!1! ワイルドトウサイキング~!」

概要

ジュウオウジャーの更なる巨大戦力。初登場は22話。
ナリアによって巨大化、手品で召喚した戦闘機を使い武装までしたプレイヤーイルジオンに対抗してジュウオウザワールド即興で考え付いた合体(他のメンバーも試したが、児戯に等しかった)。実際に縮小サイズ時で組んだキューブの組み合わせを反映する形でジュウオウチェンジャーとジュウオウザライトに合体コマンドが追加。そのコマンドで1~9番のジュウオウキューブとジュウオウキューブウエポン4種類が新たなる合体を果たした姿である。
なお合体時のコールはワイルドジュウオウキングと同じ『動物大合体』。合体段階が進んでもコールが変わらないのは歴代シリーズの中でも極めて稀なケースである。

合体シークエンスは9番がトウサイジュウオーの母体に変形、3・4番を下駄履きに、7・8番が両腕、両肩に2・5番、6番は胴体背部・1番が前部としてジュウオウキューブが合体。
両腰部分には長方形状になったジュウオウキューブウエポン全機が合体、左腕にはキューブゴリラの武装である『ビッグワイルドキャノン』、右腕にはキングソードを収める鞘でもある『ビッグキングソード』が衝角(パイルバンカーとも云う)としてそのまま装着される。
最後に、9番の頭にあった角(トウサイジュウオーの左腕)が頭部として付く事で完成する。コックピットのメンバーは横一直線に並んでいる。

合体に参加したジュウオウキューブの数はワイルドジュウオウキング時よりも更に増え、単純な戦闘力はトウサイジュウオーも加わった為大幅に向上。両腕や腰にある武器を駆使した、多彩な攻撃で敵を圧倒する戦法を得意としている。
必殺技は、右腕のビッグキングソードからエネルギーの刀身を伸ばして突き刺す『ジュウオウダイレクトストレート』と左腕のビッグワイルドキャノンからビームを発射する『ジュウオウダイレクトショット』。

尺の都合で合体バンク(と合体時恒例の輪くぐりアクション)を省略した高速合体を披露したこともあるが、その際には前述の「初合体時に考案された没案」のひとつ(ライノスに他の全キューブをキューブ形態で全積み)の状態になってから合体している。

何気に三体の象徴名を組み合わせているが、『ジュウオウ』の名は冠していない。

全メカ合体の欠点を克服した戦隊ロボ

当機はジュウオウジャー中盤から登場した準最強合体だが、合体に参加したメカの数は13機(メイン9機+サポート4機)であり、この時点で最強合体にして同様の全メカ合体であるエンジンオーG12(炎神戦隊ゴーオンジャー/メイン12機)やサムライハオー(侍戦隊シンケンジャー/メイン7機+サポート4機)を上回っている。
加えて、先輩達に顕著だった全メカ合体時に生じる欠点を概ね克服しており、それにより事実上、全メカ合体で完成する戦隊ロボの頂点に君臨する事となった。

  • まともに“人型ロボット”として動ける
全メカ合体により完成する戦隊ロボは、構成パーツの多さ故に見た目は兎角インパクトがある反面、パーツの重さや構造が干渉する等してまともに動く事が困難と言うジレンマがある。
比較対象である先輩ロボ2体に至っては、余りの重量故に二本足で歩く事すらままならない為、移動は車輪が付いた足元の下駄や台座を転がしてするしか無く、人型ロボットである必要性が皆無(ほぼ仁王立ち状態)であった。
この様な状態になった原因として考えられるのは、“1号ロボを核に次々と追加パーツを付ける”合体方式の為と思われる。
(※戦隊の番組スタート時、1号ロボは当面の巨大戦に於ける花形なので、視聴者に覚えて貰う為ある程度纏った解かり易い外見でデザインする必要性がある。そんな『完成された』1号ロボと追加パーツの相性は基本的に悪く、両者を無理にくっ付けた事により、シルエット等に綻びが発生。それを何とかフォローした結果が上記の物だと考えられる。)
対するワイルドトウサイキングは、合体のベース部分(身体)を3号ロボと共通にする事で上の問題を解決(視聴者がある程度慣れた所で登場する追加戦士用のロボは、デザイン等の都合を合体形態の方に合わせ易い)。さらに、残りのメインメカも全て立方体状になる事を生かし、ベースの各所ジョイント部へコンパクトに収め装着。結果、全メカ合体でありながら二足歩行等も普通に可能とする為、人型ロボットとしての体裁を守る事に成功している。

なお、比較対象の先輩ロボ2体の名誉のために補足しておくと、彼らが劇中での動きに困難をきたしていたのは着ぐるみによる操演の限界によるところが大きいという点は考慮しておく必要があるだろう。
実際、エンジンオーG12はシルエット的には十分に「人型」と言えるものであるし、操演の制約を受けずにすむミニプラ等一部玩具では、サムライハオーも台座の分割を始めかなりの可動域の確保に成功している。
むしろ、そういう意味では合体構成・合体前の形態との兼ね合いの結果ミニプラですら満足な可動域が与えられなかった2代前の先輩全メカ合体ロボの方が問題かもしれない(ただし、こちらの場合はむしろ劇中の方がよく動いていたりするが)。

  • 武器になるサポートメカの持ち味を生かしている
戦隊ロボの一部となるメインメカに対し、サポートメカは戦隊ロボの追加武装となるのが本来の持ち味である。ところがサポートメカを全メカ合体に組み込むと、只のパーツと化して持ち味を失ってしまう(例:足首の延長パーツに追いやられたバルカガンパード、単なるバックパックと化したイカテンクウバスター)。
その一方でワイルドトウサイキングは、武器は武器として単独で各部位に装着させている。1・2号ロボ由来の両腕の武器は勿論の他、手持ち武器となるサポートメカ達は全て両足脇に集約。しかもジョイントが個々に独立している為、足から任意のサポートメカを取り外し、従来の様に武器に変形させ扱える構造となっている(当然、武器を持つ手もちゃんとある)。
これにより、ワイルドトウサイキングはサポートメカの持ち味をと同じ様に生かす事が可能。またそれによって、玩具としてのプレイバリューも高めている。

限定形態及び必殺技

前項で示した様に、歴代戦隊ロボの中でも屈指の完成度を誇る当機だが、それ故か特別な舞台で登場して一時的な強化形態となり、更にその状態での必殺技で最後の止めを担う機会が非常に多い。
以下に、各限定形態とその必殺技の詳細を挙げる。

コンドルの少年ジューマンペルルの持つジュウオウキューブ「キューブコンドル」が、ペルル達ジューマンや人間の親子達の思いを受けて武器へと変化した“コンドルセイバー”を手にした姿(代わりに右腕のビッグキングソードが外れている)。
伸長時のイーグライザーに似たエネルギーの刃を放つ必殺技『コンドルジュウオウインフィニティ』でドミドルを撃破した。
『帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー』でも使用し、ポカネ・ダニーロを倒した。

巨獣ハンター・バングレイ伊狩鎧の記憶から再現した巨大ゴクドス・ギル(宇宙帝国ザンギャック・歴代皇帝の怨念)と戦おうとした時に、ゴーカイジャーが勝手にコクピットに乗り込んで来て操縦シートを占拠。その際にゴーカイジャーが持つ歴代39戦隊のレンジャーキーとジュウオウジャーのジュウオウチェンジャーが反応、ジュウオウジャーも含めた40戦隊の大いなる力が発動してワイルドトウサイキングに宿った。
その力を使ってダイデンジン(電子戦隊デンジマン/日下秀昭氏が最初に演じた戦隊ロボ)の「電子満月斬り」、スーパーライブロボ(超獣戦隊ライブマン/歴代初の1・2号ロボの合体で誕生した機体)の「スーパービッグバースト」を繰り出し敵を圧倒。
止めに、40戦隊のマークと「2000」の文字を模した波動をビッグキングソードに乗せて放つ必殺技『ジュウオウ40thアニバーサリー』(ジュウオウフォーティーアニバーサリー)を放って撃破した(超全集では「フォーティーン」と誤字で記載されている)。

胸部にジュウオウ合体忍シュリケン(合体忍シュリケンが変化した物で、コア部分に『1』の数字とニンニンジャーのマークが描かれている)が装着された強化形態。未来のスーパー戦隊である、伊賀崎快晴/アカニンジャー(快晴)の変化忍シュリケンを介して現れた歴代スーパー戦隊の“繋がり”の力』によって合体忍シュリケンが変化。それを使った事でワイルドトウサイキング内へジュウオウジャーとニンニンジャー12人が乗り込み完成した(※コクピット内にもニンニンジャーのマークが追加される)。
ジューマンパワーは勿論、忍タリティや歴代戦隊の力まで使い戦う為、ビッグキングソードやワイルドキャノンの威力は飛躍的に向上。ワイルドトウサイドデカキングキングシュリケンジンを一蹴した超巨大化ギルマーダを逆に圧倒する。
必殺技は、歴代戦隊ロボを模したオーラを纏いながら胸のジュウオウ合体忍シュリケンより放つ光線『ジュウオウニンニン・スーパー戦隊バースト』で、これでギルマーダとの戦いに終止符を打った。

関連記事

動物戦隊ジュウオウジャー ジュウオウキューブ 戦隊ロボ

pixivに投稿された作品 pixivで「ワイルドトウサイキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10165

コメント