2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

バリドリーン

ばりどりーん

バリドリーンとは、特撮テレビドラマ『秘密戦隊ゴレンジャー』に登場するメカ。
目次[非表示]

データ

全長:50m
重量:95t
飛行速度:マッハ1.1

装備

攻撃:スカイロック、スカイミサイル、スペースウィング 他
その他:人工雲、プロペラシェーブ、小型ムービーカメラ 他

概要

バリブルーンの後継機として投入された、新型の空中要塞。設計・製造はイーグルのコンピューターによって行われ、紙面に出力された設計図も完成後に自動的に処分された事が、後に作中にて言及されている(第50話)。
操縦席は5名搭乗出来るように拡張されている他、バリブルーンを踏襲した回転翼・尾翼プロペラに加えて5色の可変翼も実装しているなど、バリブルーンをより発展させた機体構造となっている。また機首前方部には、バリドリーンと同時期に投入された万能戦車・バリタンクを、機体中央には諜報用気球メカ・バリキキューンを搭載。これらのメカを現場に輸送する役割も担っている。
バリブルーンに引き続き、メインパイロットはアオレンジャー/新命明が担当する他、オートコントローラー(小型自動操縦装置)による無人操縦も可能となっている。

物語後半の主戦力として、バリブルーンに負けず劣らずの活躍を見せ、黒十字軍との最終決戦でも燃料が尽きかける中、スターマシーンとともに大量の爆薬を積載した上で黒十字城へ突入、これを爆破せしめた。

その後の活躍

前述の通り既に設計図は失われており、またゴレンジャー基地も既に破壊されていたため、その後の復活はないものと思われていたバリドリーンであったが、後日談に当たる映画『ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー』においてカムバックを果たす事となる。
この時は、先んじて日本に戻っていたペギー以外のゴレンジャーと共に西サハラから帰国し、犯罪組織クライムと交戦している。

2001年リリースのVシネマ『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』においては、歴代レッドメカの一角として参戦。「歴代レッドメカ」という括りではあるものの、操縦は以前と同じく新命が担当しており、三浦参謀長からの指示を受けて先陣を切るという、ファンならばニヤリとさせられる一幕も盛り込まれている。
ガオレンジャーとはこのVシネマ以外にも、「てれコロコミック」掲載の漫画『百獣戦隊ガオレンジャーVS秘密戦隊ゴレンジャー』でも共闘しており、ここではバリドリーンとガオキングとの合体必殺技・ハリケーンブレードを披露している。

スーパー戦隊レジェンドウォーズではアカレンジャーのビクトリーカードのスーパースキルで登場。ゴレンジャーがゴレンジャーハリケーンを放った後、バリドリーンがスカイミサイルを放つというもの。

関連タグ

秘密戦隊ゴレンジャー
バリブルーン バリタンク バリキキューン

セッちゃん - 機界戦隊ゼンカイジャーの登場キャラクター。バリドリーンをモデルにしたとされる鳥型のロボットで、当の本人も似ていると反応した事がある

関連記事

親記事

ゴレンジャー ごれんじゃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バリドリーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10357

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました