ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして:牙大王(五星戦隊ダイレンジャー)

概要

CV:渡部猛(テレビ、86年劇場版、PSゲーム)
  福原耕平(北斗無双)
  坂本頼光(DD北斗の拳)

北斗の拳』に登場する蛮族「牙一族」の族長。
牙一族の中でも一際巨漢で、落ち武者のような髪型に長いひげ、羽根飾りといった奇抜な外見をしている。一族の者達から「おやじ」と呼ばれ慕われており、自身も一族の者を「可愛い息子達」と呼び、死んだ者に対し涙を流していた。

華山角抵戯という中国拳法の使い手であり、瞬時に体の筋肉を鋼鉄並の強度にする奥義「華山鋼鎧呼法」を得意としている。

近隣の集落から労働用の奴隷を攫うなど略奪や殺戮を繰り返してきた様だが、一族の者達にマミヤの村を襲撃させたことで彼女が用心棒に雇ったケンシロウレイを敵に回す羽目になったのが命取りとなった。
北斗南斗の拳士を同時に敵に回しては到底牙一族に勝ち目はないため、二人の身内を探し出して人質とすることを思いつく。
一族の情報網を駆使してレイの妹アイリを探し出して人質にとり、アイリを助けるべく自らの懐に飛び込んできたマミヤをも人質にとる事に成功。ケンシロウとレイを戦わせ、同士討ちを画策した。
しかし二人の機転により人質を奪還されてしまって進退窮まり、ついに自ら戦う事を決意。華山鋼鎧呼法でケンシロウの鉄柱攻撃を防いで得意げに自らの鋼鉄化した肉体を誇ったが、大胸と言う秘孔を突かれて筋肉をブヨブヨの脂肪に変えられてしまい、鉄柱で叩きのめされてしまった。
心配して駆け寄った息子達を盾にして「お前等の代わりはなんぼでも作れる」とのたまい、逃げる為の時間稼ぎをしようとしたが、当然のごとく見捨てられてしまった。(逃げた息子達はレイによって全滅)
降参するふりをしてケンシロウをダイナマイトで爆殺しようとしたが、既に秘孔の効果で肉体は硬直し始めており、爆弾を手放せず右腕をふっとばされてしまった。
何故か痛みを感じずいぶかしんでいたところケンシロウに既に肉体が死滅しはじめている事、確実な死は五つ数え終わった後である事を告げられ、自暴自棄になって襲いかかったが岩山両斬波で頭を割られあえない最期を遂げた。

派生作品

アニメ版では岩山両斬波で頭を割られた後「わぁ~、たぁ~、べぇ~!!」と言う断末魔の叫びをあげて溶岩にダイブした。

劇場版では10mほどありそうな巨人として登場。自らの支配する国に進撃してきたラオウに出ていくよう警告したが聞き入れられず、一族の領土を守る為に得意の華山鋼鎧呼法を駆使して戦う。拳王軍の兵隊の攻撃をすべて鋼鉄と化した肉体で弾き返し、大剣や噛み付きで次々に屠り去った。
その剣で黒王号ごとラオウを斬り殺そうとするも逆にパンチ一発で剣を叩き折られた挙句、彼の怒りを買って北斗剛掌波で吹き飛ばされ、岩山を貫通した挙句に岸壁に叩きつけられる。なおも自らの肉体の頑強さを誇示しようとしたが、鋼鉄の肉体がひび割れていき、「う、うが~!!」と言う断末魔と共に爆死した。
本作では息子を盾にするようなみっともないマネは行っておらず、「この国の中だけで面白おかしく暮らしたいだけ」と述べており積極的な侵略の意志は見せていなかった。
原作のように他の集落を襲って略奪や殺戮を繰り広げたり、人質を取ったりするような極悪人としては描かれていない。


ゲームでも(レイを出し、ケンシロウと戦わせるために)ほぼ皆勤賞レベルで登場している。

北斗の拳7』ではストーリーモードのCPU専用キャラクターとして登場。崋山群狼拳と称し、息子達を投げつけてくる。
PS版でもストーリーモードのCPU専用キャラクターとして登場。背後から攻撃しないとダメージを与えられない様になっており、3Dの操作に慣れないうちは手こずる事になる。
北斗無双』では量産型のでかいザコにグラフィックが流用されているので、アミバの部下が崋山鋼鎧呼法を使ってくるなどの理不尽な現象も発生している。


余談

牙大王と言う呼称はアニメでつけられたものであり、単行本の目次では「牙一族族長」としか紹介されていない。公式WEBサイトでは「牙族長」と表記。なお、アニメでも自ら牙大王と名乗ったり呼ばれたりしたことはない。
モデルはプロジェクトAに登場した海賊の首領サン。

関連項目

北斗の拳
盗賊 山賊 蛮族 酋長 子だくさん 巨漢
ゾンゲ他人の空似

関連記事

親記事

牙一族 きばいちぞく

pixivに投稿された作品 pixivで「牙大王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2516

コメント