ピクシブ百科事典

M24型柄付手榴弾

えむにじゅうよんがたえつきてりゅうだん

第一次世界大戦末期にドイツで開発された柄付き手榴弾の後継型である。

M24型柄付手榴弾とは、ドイツで開発された手榴弾の一種。
別名「ポテトマッシャー(じゃがいも潰し)」

概要

第一次世界大戦から使用されていたヘアブラシ型手榴弾M1915の後継型で、大量の炸薬を発火させる事で発生する爆圧で攻撃する。
使用する時は台尻の安全キャップを外し、中にある握り玉の付いた紐を小指に引っかけそのまま投げる。
また、発火延長時間短縮としてあらかじめ紐を引っ張って点火させてから投げる方法がある。
この手榴弾は弾頭、柄、信管を分解する事ができるためコンパクトにまとめて運搬できる。また、弾頭を一つの柄付手榴弾に6個針金で固定し「収束装薬」として対戦車用に用いられていた事もある。

関連タグ

手榴弾 オーガスト(8月) コヨーテラグタイムショー

pixivに投稿された作品 pixivで「M24型柄付手榴弾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35650

コメント