ピクシブ百科事典

アイリ(北斗の拳)

あいり

アイリとは、武論尊・原哲夫の漫画『北斗の拳』の登場人物。
目次[非表示]

※ 他のアイリについてはこちらの記事を参照。

概要

CV:安藤ありさ(TVアニメ、旧劇場版)、満仲由紀子(PSゲーム)、庄司宇芽香北斗無双)、
   佐藤聡美DD北斗の拳

南斗水鳥拳の使い手レイで、兄にも似て美しい女性。
過酷な世紀末の世の中でも家族と手を取り合って暮らしていたが、結婚式の前日に「胸に七つの傷を持つ男」によって婚約者と両親を殺され、自身も連れさらわれてしまう。
ちょうど家を空けていたレイは、この事件をきっかけに残忍な復讐者へと変貌してしまう。

誘拐後は奴隷として多くの男たちに売り買いされ、その辛い現実から目を背けるために自ら薬をかぶり目を潰した。

その後、牙一族の長・牙大王の策略で強奪され、レイに対抗するための人質にされる。しかし、ケンシロウたちの活躍により無事救出され、彼の秘孔術によって視力を取り戻した。

DD北斗の拳』でのアイリ

尾行の銀座通り


核戦争の起きなかった世界におけるアイリ。看護師として働いている。

TVアニメ版ではリンの友人として登場。
原作同様美しい女性だがストーカー被害に悩まされており、北斗三兄弟にストーカーの撃退を依頼する。
他人の台詞をいちいち復唱する癖があったり、綺麗に着飾ることができると聞いただけでキャバ嬢になることを決意するなど、漫画版とは異なりやや天然ボケな性格をしている。
視力自体は失っていないが、ひどい近眼でよく眼鏡を着用している。ただ、眼鏡をかけた状態でもケンシロウとジャギを見間違えたりしている。
原作とは異なり、ジャギに助けられて交流を持つというエピソードもあった。

関連タグ

北斗の拳
レイ

pixivに投稿された作品 pixivで「アイリ(北斗の拳)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 260

コメント