ピクシブ百科事典

リン(北斗の拳)

りん

リンとは、『北斗の拳』の登場人物。
目次[非表示]

※ 他のリンについてはリンの記事を参照。

概要

バットと同じくケンシロウの後を追い旅を続けた少女。ラオウ編以降も成長した姿で登場。ユリアと並ぶ本作のもう一人のメインヒロインでもある。

少女期

世紀末に咲く一輪の花2


CV:鈴木富子(テレビアニメ版・PS版ゲーム) / 倖月美和 (格闘ゲーム) / 坂本真綾(新劇場版)伊藤かな恵(北斗無双)

ケンシロウが行き倒れた村に住んでいた少女。目の前で両親を殺されたショックにより声が出せなくなっていたが、ケンシロウに「おまじない」として秘孔を突かれ、ジードに捕らえられた際に声を取り戻す。
(その際の「ケーン!」の叫び声は有名でいろいろとパロディされる)

その後、村を去ったケンシロウを追い一人村を飛び出すが、GOLANに捕らえられトラックで運ばれているところを再びケンシロウに救われる。それ以降、彼らの一行に加わることになる。

ケンシロウを慕う気持ちと人一倍優しい性格からたびたびピンチに陥るが、そのたびにケンシロウ・バットら仲間たちに救われている。

成年期

昔のアニメちっくに…


CV:冨永みーな(テレビアニメ版)

ラオウが天に帰りケンシロウとユリアが安住の地に旅立ってからは、バットとともに「北斗の軍」を結成し圧政を敷く帝都の奴隷解放のために戦った。

天帝軍との決戦時、帝都の地下にて双子の姉・ルイと再会し、己が天帝の血を引く人間であり、赤ん坊の頃、本来死ぬ運命にあった自分を帝都の将軍・ファルコが救ってくれたことを知る。

帝都陥落時、ジャスク(アニメではタイガ)によって「修羅の国」へ連れ去られてしまう。修羅の国に到達した矢先に「修羅の花嫁」として郡将・カイゼルの元で囚われの身となるが、リンを追って来たケンシロウと修羅及び羅将を戦わせようと企むシャチによって連れ出される。

羅将の一人・ハンの居城でついにケンシロウと再会を果たすものの、姉の元へ帰るように言ったケンシロウの言葉に逆らい修羅の国にとどまったせいで今度は天帝の血を欲しがったカイオウによってさらわれてしまった。(アニメでは、ケンシロウとの相討ちを画策してシャチが引き渡したことになっている)
彼女を助けようとしたケンシロウはカイオウに惨敗して捕らえられ、ケンシロウを助けるために修羅の国に上陸した赤鯱達はケンシロウの救出には成功したがカイオウに皆殺しにされてしまった。

更に、悪が情愛を支配できることをケンシロウに見せつける為にカイオウに破孔「死環白」を突かれた状態で馬と共に野に放たれてしまう。
(死環白は、それまでの一切の記憶を失い、次に目覚めた際に最初にみた人物を永遠に愛する破孔)

ヒョウの決死の救出劇によりリンは救われ、合流したバットによりケンシロウの元に届けられる。バットは幼い頃からのリンの願いを叶えるためにケンシロウと結ばせようとするが、逆にケンシロウから彼女を託される。

最初に見た相手であるバットを愛するようになり、故郷で結婚式を挙げるが、どうしてもその状況をよしとせぬバットにより式の最中、秘孔を突かれ再び記憶を失い、彼に連れられて三人の想い出をたどる旅に出ることになる。

その後、バットの命を捨てた奮闘もあって記憶が戻り、真に愛すべき者がバットである事を悟る。
死んだと思われていたバットが、ケンシロウが秘孔を突いたにより蘇っていたため喜びの涙を流した。


DD北斗の拳

リンとDD猫北斗


CV:M・A・O
核戦争で崩壊しなかった世界のリン。平和な現代日本の女子高生
家はコンビニエンスストアを経営しており、大学生のバットがアルバイトをしている。
捨て猫に扮していたケンシロウを拾い、彼をコンビニで働かせることを決める。

ケンシロウたちと違い二頭身にデフォルメされておらず、原作より年齢を重ねている印象だが顔立ち・髪型は少女の頃に近い。また、性格も原作に比べてかなり活発で明るく、常識離れしたケンシロウ達の行動も大概受け入れてしまう。また、ユリアをライバル視している節があり、彼女に対して毒付くこともある。

関連イラスト

※→pixiv「リン 北斗の拳」で検索

関連タグ

北斗の拳 ヒロイン
北斗の軍 ケンシロウ バット
ルイ 天帝

pixivに投稿された作品 pixivで「リン(北斗の拳)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76110

コメント