ピクシブ百科事典

シャチ(北斗の拳)

しゃち

シャチとは、武論尊・原哲夫の漫画『北斗の拳』の登場人物である。
目次[非表示]

※ 他のシャチに関してはシャチを参照。

概要

CV:鈴置洋孝(テレビアニメ) 神谷浩史真・北斗無双

修羅の国編』から登場した北斗琉拳の使い手で、死の海の海賊・赤鯱の息子。15歳の頃、父や仲間とともに新天地を求めて修羅の国に上陸するが、15歳にも満たない一人の修羅に惨敗する。
(彼が後にファルコと対戦する名も無き修羅である)
戦いの後、父とはぐれ一人修羅の国に置き去りにされてしまうが、レイアやボロとなった老人たちに助けられる。その後は国に残り恋仲となったレイアとともに暮らすことを決意する。

ある日、愛を説くレイアの私塾を修羅が襲撃し、彼女たちを身を呈して庇うシャチは危機に陥るが、そこに現れたジュウケイの北斗琉拳を目の当たりにし、その拳の伝授を懇願する。ジュウケイから「女と添い遂げたければ救世主を待て」と諭されるが、「救世主など待てぬのだ!!」となおも強く詰め寄り、北斗琉拳を体得するがその心は野望に染まっていった。

その後、修羅を喰う獣「羅刹」として恐れられる存在となり、国の各地で土地を治める修羅を次々と葬っていた。しかしその腕でも、同じく北斗琉拳を用いる羅将たちには及ばず、以降ボロ(愚者)になりすまし、彼らを倒す機会をうかがっていた。

リンを取り戻すためにケンシロウが修羅の国に上陸した事を好機到来とみて、群将カイゼルの元に連れてこられたリンを連れ出し、追ってきたカイゼルを激闘の末返り討ちにした。
リンを羅将ハンに引き渡し、ケンシロウと戦うよう仕向け、その拳を見切ろうとした。

原作とアニメではこの後の展開が異なる。
原作ではケンシロウとハンの戦いを見て自らの無力さを痛感し、以降はケンシロウと行動を共にするようにする。道中でレイアからヒョウがケンシロウの実兄であることを聞き、それ以降はケンシロウとヒョウを戦わせないよう画策する。

アニメではケンシロウと行動を共にせず、リンを第一の羅将カイオウに引き渡し、ケンシロウとの同士討ちを画策する。レイアからヒョウのことについて聞く描写はない
展開は違えど、原作でもアニメでも共通しているのはケンシロウにヒョウと戦ってほしくないが為に行動しているという点であろう。詳細は、こちらのサイトが詳しい。

その後はアニメ版でも原作同様、ケンシロウがカイオウに処刑される寸前に刑場に乱入し、ケンシロウを救出した。
その際に、ケンシロウを助ける為に修羅の国に上陸した父・赤鯱と再会するが、赤鯱はカイオウに殺されてしまった。
赤鯱の死を悼む間もなく下水道を伝い、辛うじて瀕死のケンシロウと共に逃げ延びたシャチは、自分が修羅の国にとどまっていたのは救世主であるケンシロウを待つためだったと悟った。

ケンシロウが瀕死状態から回復した後はケンシロウと共に同行する。
この際、ヒョウと戦う気満々のケンシロウに対し、戦わせない為にヒョウが実の兄であることを伝えるがケンシロウがそれでも戦うことを決心した為、ヒョウとの戦いを避ける行動はやめヒョウとの戦いを見守ることを決意する。

ケンシロウがヒョウと和解した後、ヒョウに秘拳の場所を教えてもらった後はレイアと共に泰聖殿に向かうが、そこでカイオウに遭遇する。序盤は一方的にやられるが、中盤から女人像の力を借りるなど奮戦する。しかしカイオウ渾身の頭突きで止めをさされ敗北。原作ではケンシロウは間に合わず、レイア一人に看取られて死亡するのだが、アニメではケンシロウも間に合った為、ケンシロウとレイア二人に看取られて死亡する。

容姿

歌舞伎の獅子頭のような白い長髪が特徴。
レイバットにも近い涼やかな顔立ちの美形だが、その表情は野心に満ち荒んでいた。ケンシロウとの共闘やレイアとの再会により、その眼にかつての心優しい青年の輝きを取り戻す。

物語中盤に第二の羅将・ヒョウの目から満身創痍のケンシロウを守るため、自ら左目を繰り抜いて差し出し隻眼となった。

関連イラスト

赤鯱の息子
シャチ


※ その他のイラスト→pixiv「シャチ 北斗の拳」で検索

関連タグ

コメント