ピクシブ百科事典

砂蜘蛛

すなぐものしゅら

砂蜘蛛とは、漫画『北斗の拳』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:松田重治(TVアニメ) / 貞広高志真・北斗無双

修羅の国」編に登場。
ケンシロウファルコが修羅の国にはじめて上陸して出会った修羅
(ちなみに「砂蜘蛛」はファルコが付けた呼称で、公式では「名も無き修羅」と表記されることが多い。)

本作における「修羅」とは、12歳から15歳までの間に100回の殺し合い勝利した戦士のことで、修羅の国の男児はこの過酷な通過儀礼を乗り越えてはじめて「修羅」として生きることが許される。さらに戦績を積めば、仮面を外し個人名を名乗り、妻を娶ることが許されるなどの権利が与えられるが、彼は未だそれに到達しておらず名前を保有していない。

しかしその実力は、元斗皇拳の伝承者であるファルコを死の一歩手前まで追い詰める程の実力を持つ。また、わずか15歳にも満たない少年時代に本土に上陸した海賊・赤鯱の部下100人を虐殺し、彼の・腕・脚を潰している。

刹活孔を突かれ再起したファルコと再び対戦するが、最期は彼の奥義「黄光刹斬」で胴体を両断され、修羅の脅威を伝えつつ死亡する。

ちなみに彼曰く「名を許された修羅は自分よりもはるかに強い」そうだが、後に登場する名前を持つ修羅などを見る限り「とてもそうは思えない」という読者も多く、考察サイトでは「現在の修羅の国の体制が出来るまでの年数が浅い」「沿岸の修羅の実力がとくに高い」「ケンシロウとの戦いで傷付いたファルコの身体が完全に治癒していなかった」など、様々な考察が展開されている。

「修羅忍道」と称する忍者のようなトリッキーな戦法を得意とする。

忍棍妖破陣(にんこんようはじん)

二本の長い棍棒で身体を支えながらで敵を攻撃する技。『真・北斗無双』では嵐脚の様な鎌鼬を発生させていた。
『真・北斗無双』では棍棒で敵を殴り殺す技。

千手魔破(せんじゅまは)

手裏剣を投げ、手裏剣の姿や気配を消し地中から出す技ケンシロウを驚かせることには成功したが全て受け止められ、結局通じなかった。公式ファンブック『北斗の拳 究極奥義は何だ!?』では「実は手裏剣はあらかじめ地面にばらまいておき、糸で引っ張って動かしているのではないか」と検証されている。

凡羅破魅陀亜仏弟斗羅修羅忍道破魔砂蜘蛛(はんらはみだあぶてとらしゅらにんどうはますなぐも)

地面に腹ばいになって手足を高速で動かしての中に潜り、気配を殺してから地上に飛び出して攻撃する技。しかし、元斗皇拳・滅凍黄凄陣を使ったファルコによって気配を見切られ、不発に終わる。
恐らく「砂蜘蛛」というあだ名はこの技の名前から来たのだろう。

毒蜘蛛手刀滅把妖牙(どくぐもしゅとうめつぱようが)

詳細不明だが、たぶんチョップ技。『真・北斗無双』では突撃しつつ手刀を見舞う技になっていた。

潜影殺界(せんえいさっかい)

『真・北斗無双』オリジナル技。自らの周囲に手裏剣をばらまき、一気に引き戻して周囲の敵を一掃する。

砕牙飛蜘蛛(さいがとびぐも)

『真・北斗無双』オリジナル技。高く飛びあがり、前方の相手を地面にねじ込む。

忍棍蠍針殺(にんこんかっしんさつ)

『真・北斗無双』オリジナル技。棍棒を長く伸ばし、前方の相手を打ち払う。

他媒体での登場

『真・北斗無双』では有料DLCとしてプレイアブルキャラクター参戦。
原作では見せなかった数々のスタイリッシュな技を披露する。

関連項目

北斗の拳
修羅 修羅の国 名も無き修羅
仮面 忍術

pixivに投稿された作品 pixivで「砂蜘蛛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12741

コメント