ピクシブ百科事典

赤鯱

あかしゃち

北斗の拳の登場人物。

概要

CV:郷里大輔(アニメ)/角田信朗(新劇場版)
海賊≪双胴の鯱≫の頭。シャチの父親。
かつてはラオウの配下であり、来るべき修羅の国への侵攻に備え海辺での待機を命じられていたことから、水軍の編成を任されていたと推測される。
しかしラオウはケンシロウとの戦いに敗れ修羅の国にわたることはかなわなかった。
ラオウの死後、新天地を求めて部下100名とで修羅の国を攻めたが、名もなき修羅一人に敗北してしまい、部下と自身の右目・右腕・右足を失う。そして、当時15歳になる息子のシャチを置いてきぼりにしてしまった。
その後、息子と部下を失った後悔と自責の念にかられ海賊に身をやつし海をさまよっていたが、リンを助ける為に修羅の国に渡ろうとするケンシロウと出会い、敗北した上に部下にまで逃げられた。
しかし、ケンシロウの頼みを聞き入れ一人で修羅の国に送った。
ケンシロウは別れる際に生き別れの息子と出会ったら連れ戻すと約束した為、ケンシロウが戻ってくるまで待機することにした。

修羅の国を支配する第一の羅将カイオウに敗北して処刑されそうになったケンシロウを救う為命懸けで修羅の国に再上陸。
ケンシロウの救出に成功し、息子シャチとの再会を果たしたのもつかの間、カイオウの反撃を受けて致命傷を負ってしまう。
シャチの腕に抱かれ、我が子の成長を見られた事に満足して安らかに息を引き取った。

その後、ケンシロウとの戦いでは彼を見捨てて逃げたはずの部下達が彼の仇を討つため、そしてシャチがケンシロウを連れて逃げる時間を稼ぐためにカイオウに特攻し、全滅した。

TVアニメ版では修羅の国に乗り込んだ際にレイアを襲った修羅を一対一で倒している。


新劇場版では、ケンシロウとの戦いに敗れたラオウの位牌をレイアと共に修羅の国へ送り届けている。

関連タグ

北斗の拳 シャチ ラオウ

コメント