ピクシブ百科事典

カイゼル(北斗の拳)

かいぜる

『北斗の拳』の修羅の国編に登場する郡将。
目次[非表示]

概要

CV:屋良有作(TVアニメ)、藤本たかひろ真・北斗無双

修羅の国の群将。牛の角のような兜をつけているのが特徴。修羅の国の海岸からほど近い場所に城を構えており、城内では修羅の対戦を行わせていた。

 孟古流妖禽掌という中国拳法]]の使い手であり、瞬時に敵の体の内臓などを外傷ひとつつけることなく抜き出すことが出来る。この拳法を駆使し、修羅となってから1800勝(アニメ版では8800勝)したと豪語していた。
 リンを拉致したシャチを追って来たが、強いからという理由で一度は見逃す。しかし、シャチが宣戦布告をしたために斬と殺と戦わせる。斬が敗れた後に、その最期に怯んだ殺を処刑しシャチに挑む。
闘いは基本的にカイゼルが優勢であったが、肋骨を犠牲にするという戦法により片腕を折り取られてしまう。
それでも既にシャチの攻撃の癖を見切っていたため再び優勢に戻るが、ハンに昔つけられた古傷という弱点を突かれたことで一瞬の隙が出来、破摩独指を喰らい敗北。
神こそわが下僕というシャチに対し、北斗琉拳を極めた3羅将の存在がある限り天下は取れないと告げた。
死亡した場面は描かれていないが、最期の重傷ぶりを見る限り死亡している可能性が高い。

虎背熊牙盗(こはいゆうがとう)
伐陀羅(ばっだら)

関連項目

修羅の国 修羅 群将

コメント