ピクシブ百科事典

北斗琉拳

ほくとりゅうけん

北斗琉拳とは、武論尊・原哲夫の漫画『北斗の拳』に登場する架空の拳法。
目次[非表示]

概要

ケンシロウらの用いる「北斗神拳」と同じく北斗宗家の者から生まれた中国拳法で、およそ1800年前に創始されたとされる。

源流こそ同じだが北斗神拳とは似て非なる拳法で、肉体に1109あるという経絡孔(けいらくこう)を突き、相手の身体を内部から破壊することを主体とする殺人拳。破孔の数は北斗神拳の極意である708の経絡秘孔を大きく上回っており、中には針で刺さなければならないような小さな破孔も存在する。

また、「魔闘気」と呼ばれる圧倒的な闘気で歪んだ空間を作り、敵が自分の位置を把握できなくすることを極意としているが、使い手の多くがその凄絶さに陶酔し、その心を悪に染めるといわれており、ある一線を越えれば愛も情もない魔界に入るという。伝承者であるカイオウは自ら北斗琉拳を「悪を象徴する拳法」と称した。

前身

本作の派生作品で前日譚にあたる『蒼天の拳』において、三国時代に北斗神拳から派生した3つの分派「北斗三家拳」が登場しており、オフィシャルガイドによるとそのひとつ「北斗劉家」こそが北斗琉拳の前身であるとされている。

当時の劉家拳伝承者である劉宗武は、圧倒的な闘気を有して空間を支配したり、その拳の力に溺れて狂気に駆られるなど、上述の北斗琉拳の使い手たちと酷似した描写が複数見られる。

また「北斗神拳に伝承者なき場合は、これを劉家拳より出す」という掟も存在し、実際作中では北斗琉拳の血統であるラオウトキの兄弟がその候補者として選抜されている。その他、監獄都市カサンドラの長・ウイグルもケンシロウと闘った際に「さすがは劉家北斗神拳だな」という台詞を発し、だいぶ初期の段階から既に劉家と北斗宗家との関連性が仄めかされていた。

主な使い手

北斗琉拳

カイオウ
修羅の国・第一の羅将であり、ラオウトキの実兄。
自身の「北斗の屑星」の血統による劣等感を、自らの心を悪に染めることで乗り越えてきた。

ヒョウ
修羅の国・第二の羅将であり、ケンシロウの実兄。
心優しい人物であったが、カイオウの策略により許嫁・サヤカを失い魔界に堕ちる。

ハン
修羅の国・第三の羅将。
何よりも闘いを好み、部下をすべて己の命を狙う刺客で取り囲んでいる。

シャチ
修羅の国の羅刹。
ケンシロウを利用して修羅の国の壊滅を目論んでいたが、後に改心する。

ジュウケイ
シャチと羅将たちの師。
かつて魔闘気に魅せられ暴走し、自身の妻子を殺めた過去を持つ。

リュウオウ
北斗神拳創始者シュケンの従兄弟で、アニメ版では北斗琉拳の創始者とされているが、誕生年と整合しないため詳細は不明。

北斗劉家拳

劉宗武(りゅう そうぶ)
ドイツ軍少尉にして、北斗劉家拳伝承者。
「天はこの世に乱を望んでいる」と確信し、世界大戦に傾く時世にその力で揺さぶりをかけ、戦乱を巻き起こそうと目論んだ。

夏文麗(か ぶんれい)
北斗劉家拳の尼僧で、宗武の恋人。
女性でありながら同じく劉家拳を修得している。

劉玄信(りゅう げんしん)
北斗劉家拳先代伝承者。作中では既に故人。
劉宗武、魏瑞鷹の師。また本作の主人公・霞拳志郎の母・月英の父でもある。

魏瑞鷹(ぎ ずいよう)
劉玄信の元弟子。
かつて、師の制止を聞かず北斗神拳に勝負を挑もうとしたため玄信から破門される。その後、「極十字聖拳」なる新たな流派を創始する。

関連項目

北斗の拳 蒼天の拳
北斗神拳 北斗七星
北斗孫家拳 北斗曹家拳

pixivに投稿された作品 pixivで「北斗琉拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4834

コメント