ピクシブ百科事典

ジュウケイ

じゅうけい

ジュウケイとは、武論尊・原哲夫の漫画『北斗の拳』の登場人物。後に同作者の漫画『蒼天の拳』にも登場した。
目次[非表示]

「は…はやまったわ許せヒョウ!! お前の深き心このジュウケイ見抜けなかった」

「よいか うぬはあくまでもヒョウの従者! ヒョウのために生きヒョウのために死ぬ下僕なのだ!!」「わきまえよカイオウ二度と許さぬぞ!!」

「われらは北斗の屑星 主を越えることは許されぬ!!」

CV:宮内幸平(TVアニメ)
   大友龍三郎真・北斗無双

概要

修羅の国編』から登場した北斗琉拳の先代伝承者で、カイオウヒョウハンシャチの師匠(大老)。北斗宗家の血をひかぬ自分たちは宗家より目立ってはいけないと考え、宗家の血縁でないカイオウに理不尽な弾圧や暴力を行使し、これにより宗家出身のヒョウはカイオウに深い負い目を抱くようになる。結果として、彼らに根深い自己否定と劣等感、北斗宗家への憎悪を抱かせることになった。

かつて北斗琉拳の闇に魅せられ魔道に堕ち、妻子を自ら殺害した過去を持つ。
そのまま北斗神拳の道場に殴りこみをかけるが、リュウケンによって秘孔を突かれ正気を取り戻す。
顔の傷は、その際に付けられたものである。

その後、世界が終末戦争へと突き進み祖国が強大な軍事国家に蹂躙されると戦乱の続く世を危惧しやはり世を治める力が必要と考え、幼き日のラオウトキの兄弟にまだ赤子であったケンシロウを託し、船でリュウケンの元にった。
しかしそれでも不安は消えず思い余って禁を破り、三人の弟子に北斗琉拳を伝授するが、結果的にその弟子たちが多くの死者と修羅の国を生む羅将へと成長してしまった。

その後は悔恨の念に包まれながらカイオウによって意図的に流布されたものと知らずラオウ伝説を信じ、ひたすらラオウが修羅の国に戻る日を待ち続けた。
その間に、力を望むシャチの懇願を聞き入れ彼に北斗琉拳を伝授している。

しかし、修羅の国に渡って来たのがラオウではなくケンシロウである事を知り、自らのまいた種を刈り取る為命を捨てる事を決断。
カイオウ打倒の切り札である北斗宗家の拳をケンシロウに伝授させる為、彼の実兄でありかつて自分が記憶を奪った弟子でもあったヒョウの記憶をよみがえらせようとした。
しかし、カイオウによって記憶を復元するヒョウの破孔にはあらかじめ細工がされていたため記憶は戻らず、北斗琉拳滅亡を図ったと誤認して激怒したヒョウに惨殺された。

「許せ・・・・この大馬鹿者を!!」

悲劇の元凶

既に成人になっていたシャチに短期間(回想場面の姿から察して良くて数年)で北斗琉拳を伝授し、群将クラスの上級修羅と互角に戦えるまでに育て上げた手腕からすれば技術面では優秀な師匠であったと思われる。
しかし、北斗宗家を尊重するあまり幼いカイオウの素質を正当に評価せず寧ろ北斗宗家を脅かすものとして危険視し、ラオウとトキを人質に取り、北斗宗家の血を引くヒョウとの試合で八百長を強要した。
これによりカイオウは弟弟子達の信頼を失い、幼いプライドは引き裂かれ、英雄への道を閉ざされた。
更に、カイオウの母がヒョウとケンシロウを救う為に命を落とした際には悲しみに暮れるカイオウを慰めず「宗家のために死んだのだから誉めろ」と無神経な言葉を浴びせ再び彼の心を傷つけた。
これらの無神経で思いやりのない仕打ちの数々が結果としてカイオウに北斗宗家を憎悪させ、魔神誕生のきっかけを作り出してしまった事を考えれば、精神面では師匠失格と断じざるを得ない。

リンと並び『修羅の国編』における悲劇の元凶であったと言えよう。

ゲームでの扱い

セガサターン用のアドベンチャーゲームでは、原作終了後の話にも拘らず生存し修羅の国の沼地で隠遁している。(しかも髪が黒々として原作より若く見える)原作では果たせなかったケンシロウとの対面を果たした。ケンシロウに千数百年前の北斗の密盟について語り、北斗無明拳と北斗琉拳の二つを相手にする事もまた北斗神拳伝承者の宿命であると告げる。

スーパーファミコン用RPG「北斗の拳5」では北斗の女人像を守護していたが魔皇帝に敗れ、主人公と出会ったとたん爆死した。

蒼天の拳でのジュウケイ

蒼天の拳』では、幼い少年の姿で登場。
戦禍により死亡した妹の遺体を抱えて流飛燕が身を隠す教会に現れる。牧師(に扮した飛燕)に供養を頼むと共に、自らも希望を失いその場で自害しようとするが、拳志郎に静止され救われる。物語のキーアイテムである羅龍盤(選ぶべき道に迷ったときにどっちに進むべきか裏表で示してくれる)を託され、その後はエリカらとともに教会に定住した様子。
…結果論ではあるが、拳志郎がジュウケイを救ってしまったばっかりに後のカイオウの悲劇が起きたと言えなくもないのが何とも言えないところである。せめて羅龍盤の使い方を知っていれば……
おまけにエリカとのかかわりができたために「ジュウケイの妻とはエリカだったのでは?」という説までできる。そうだとしたら色々と救われない…

なお、本作には北斗琉拳の前身とされる北斗劉家拳の伝承者・劉宗武が登場するが、今のところ彼との関わりは描かれていない。

余談

幼い2人の心を踏みにじり、禁忌を破って独断で北斗琉拳を伝承させ(ヒョウの記憶封じもおそらく独断)、間接的とはいえ修羅の国を作る一員となって多くの命を失わせ、カイオウが流布したラオウ伝説にまんまと騙されて待ちぼうけの日々を過ごし、期待が外れてようやく重い腰を上げた時には全て手遅れで呆気なく死亡・・・と、はっきり言ってロクな事をしていないため、読者からの評価はお世辞にも高いとは言えない。

関連項目

北斗の拳 蒼天の拳 北斗琉拳 
毒親 
亀仙人・・・中の人は同じだが、こちらは拳を闇に染めることはなく数々の達を鍛え彼らを正しい道を歩むように立派に精神も育て上げた人格者である。
恩を仇で返す…拳志郎に命を救われたをその生き様を持ってで返したと言える。

関連記事

親記事

北斗琉拳 ほくとりゅうけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュウケイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212

コメント