ピクシブ百科事典

サヤカ(北斗の拳)

さやか

サヤカは「北斗の拳」の登場人物

概要

CV:高島雅羅
修羅の国第一の羅将カイオウ
カイオウの弟ラオウトキとも兄弟と言う事になるが、彼等の姉か妹かは不明。
          

family


カイオウの兄弟弟子だった第二の羅将ヒョウ恋人だったが、ヒョウが居城に尋ねてくる直前に兄カイオウに殺された。
その死は、ケンシロウに恋人を殺されたとヒョウに思い込ませ、ケンシロウに対する憎悪からヒョウを魔界に入らせ魔神に変えてケンシロウと戦わせるカイオウの策に利用された。

アニメ版では出番が増え、カイオウに拉致され、城内で修羅たちに追われるリンを匿い、カイオウに代わって謝罪し、いつかカイオウが元の優しい兄に戻ってくれることを願っていた。
また、殺される前に突かれた破孔は痛みを感じなくさせる破孔「無痕暗」とされ、若干ではあるがカイオウの非道さが薄められた。
修羅の国の大衆からは唯一の光と崇められていた事も語られた。

関連項目

北斗の拳 金髪美女

コメント