ピクシブ百科事典

羅刹

らせつ

仏教の毘沙門天の配下。由来はヒンズー教の鬼神ラークシャサ。様々なフィクションで鬼のような強くて怖い存在の名称として使われる(少し解説あり)。イラストはゲーム『薄桜鬼』関連のものが大半。
目次[非表示]

概要

インド神話

「ラクシャーサ」、「ラクササ」と呼ばれる人食い鬼。
ランカ島(スリランカ)を本拠地とし、アスラ神族と並びデーヴァ神族の敵として描かれる。ガルーダと混同されたことも。
ラーマヤーナ』に登場する魔王ラーヴァナが有名。

仏教

十二天に属し西南を護る鬼神
四天王多聞天毘沙門天)に夜叉と共に仕える。(多聞天はインドでは夜叉=ヤクシャの王クベーラであり、ラーヴァナの異母兄弟とされる)
中国以東では男を誘惑して食べるものや地獄で亡者を責めるものなど、元の悪鬼としての性質が強く伝わっている。

フィクションに登場する羅刹

  1. ゲゲゲの鬼太郎』シリーズに登場する妖怪。→ラクシャサ
  2. 漫画魁!!男塾』の登場人物。
  3. ゲーム『薄桜鬼~新選組奇譚~』に登場する、秘薬変若水」の力で変異した人間の総称。
  4. ゲーム『サムライスピリッツ』シリーズで2Pキャラを羅刹(キャラ名)と呼ぶことがあり、概ね1P側より冷酷だったり好戦的だったりするキャラ付けがされているようだ。一部の作品では剣質として選択可能。
  5. 漫画『北斗の拳』に登場する、北斗琉拳の使い手・シャチの異名。
  6. ゲーム『女神転生』シリーズにはラクシャーサ表記で邪鬼族の悪魔として登場。青黒い肌に赤い髪を生やし、白い仮面を着けた姿が有名。


関連タグ

 鬼神 毘沙門天
修羅 阿修羅 夜叉

羅刹女 羅刹丸 羅刹ナコルル 鬼ヶ島羅刹 結ンデ開イテ羅刹ト骸

pixivに投稿された作品 pixivで「羅刹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 491529

コメント