ピクシブ百科事典

大嶽丸

おおたけまる

日本の伝承に登場する鬼神。伊勢と近江の国境にある鈴鹿山に居を構え、日本を魔国にするため悪逆無道の限りをつくした。酒呑童子、金毛白面九尾の孤と並んで『日本三大妖怪』に数えられる。
目次[非表示]
  1. 鈴鹿山鬼神この項で説明。
  2. 岩手山。 ⇒ 大武丸


概要

中世日本平安京で畏れられ、酒呑童子玉藻前白面金毛九尾の狐)と並んで日本三大妖怪の一角に数えられる日本最強の鬼神。異名を鬼神魔王ともいう。
伊勢国近江国の国境(現在の三重県亀山市滋賀県甲賀市の県境)に位置する鈴鹿山に住み、山を黒雲で覆い、暴風雨雷鳴、火の雨(鉄火)を降らせるなどの神通力を操った。

来歴

滋賀県甲賀市にある田村神社の由緒によると「坂上田村麻呂鈴鹿山の悪鬼を平定した」といい、鈴鹿山の大嶽丸伝承の起源が伺える。室町時代にまとめられた田村神社の文献には悪鬼ではなく「薬子の変が起こると藤原薬子の弟・仲成が鈴鹿山に陣取り、嵯峨天皇の勅命を受けた田村麻呂が仲成の軍を平定した。田村麻呂が亡くなると畿内・近江・丹波播磨疫病が流行したので原因を占わせると、田村麻呂に討伐された賊徒の執心が祟りを成して鈴鹿山の(吹き下ろす風)となっていたのが原因であったため、鈴鹿山の二子山の峰に田村麻呂を祀る神社を建立して颪を防ぎ止めると疫病が治まった。二子山から三度に渡って神社が流れてきたが、流れ着く場所が田村麻呂が陣取った鈴鹿の森なので、現在はそこに移して田村麻呂を厄除の大神として祀っている」とある。
『賀茂皇太神宮記』などにも「平城上皇の東国行きを阻止した田村麻呂が鈴鹿山で上皇側の仲成の軍を討滅した」とあるが、史実では田村麻呂が東国へと向かう平城上皇と薬子の行く手を遮った場所は大和国添上郡越田村で、鈴鹿山へと向かった歴史的事実はない。固関のために鈴鹿関へと派遣されたのは小野岑守と田村麻呂の二男・広野で、仲成は平安京の右兵衛府で紀清成住吉豊継に射殺された。史実と伝承で情報が錯綜した時期は不明だが、田村信仰が盛んであった室町時代の平安京や鈴鹿山周辺では田村麻呂が仲成の軍を平定したとの言い伝えがあったことは確かである。
また清和天皇の時代、貞観5年(863年)に神泉苑において行われた御霊会では六所御霊崇道天皇伊予親王藤原夫人橘大夫文大夫、観察使)の六柱の御霊が祭られた。この観察使とは、藤原広嗣の時代には観察使は設置されていなかったことから、北陸道観察使に任命された仲成であるとみられている。鈴鹿山で平定された仲成が疫病を流行させた賊徒の執心(怨霊)となる基礎もあった。

疫病を流行させた賊徒の執心が鈴鹿山の悪鬼へと変化して伝承された背景には、室町時代初期に成立したとされる能の演目『田村』の影響が挙げられる。世阿弥作とも言われるこの物語は京都市東山区にある清水寺の縁起を語るもので、後半部分では平城天皇の時代に勢州鈴鹿の悪魔(場面によっては鬼神)を鎮める宣旨を受けた田村麻呂が清水寺の観音に祈願したため「千の御手ごとに。大悲の弓には。知恵の矢をはげて。一度放せば千の矢先。雨霰とふりかかつて。鬼神の上に乱れ落つれば。ことごとく矢先にかかつて鬼神は残らず討たれにけり。」と鈴鹿山の鬼神を討伐する筋が演じられた。

『田村』の中では鈴鹿山の悪鬼の名前こそ登場しないものの、室町時代中期から後期にかけて鈴鹿山の立烏帽子鈴鹿御前)伝承、達谷窟の悪路王伝承、藤原利仁伝説などと融合して成立する御伽草子『鈴鹿の草子(田村の草子)』では鈴鹿山の大だけ丸として登場する。

御伽草子の大嶽丸

御伽草子『鈴鹿の草子(田村の草子)』の諸本は以下の2系統に分類される。

  1. 「鈴鹿系」:田村丸が日本を魔国にするために天下った鈴鹿御前と戦いを経て婚姻し、共に鬼退治をする古写本の系統
  2. 「田村系」:田村丸が田村丸を助けるために天下った鈴鹿御前と婚姻し、共に鬼退治をする流布本の系統

大雑把にいうと、天の魔焰・鈴鹿御前が三明の剣を最初から所持していれば鈴鹿系、天女・鈴鹿御前が大嶽丸から三明の剣を奪えば田村系となる。「鈴鹿系」での大嶽丸は三明の剣を持たないため天竺から黄泉還ることはなく、田村丸とも一度しか戦わないものの、大嶽丸の前に討伐した近江国蒲生山の高丸が1000人がかりでも敵わないほどの鬼神として描かれる。
いずれにせよ大嶽丸の強さや日本を支配した範囲は、日本の古典文学の中でも飛び抜けてパワーインフレを起こしているため、日本最強の鬼神魔王とされるのも差し支えないだろう。

『田村の草子』

桓武天皇の時代、伊勢国鈴鹿山に大嶽丸という鬼神が現れ、鈴鹿峠を往来する民を襲い、都への貢物を奪うなどした。討伐を命じられた坂上田村丸俊宗は、三万の討伐軍を率いて鈴鹿山へと向かう。‎しかし大嶽丸は強力な神通力で山を黒雲に覆い隠し、暴風雨や雷電、火の雨などで数年にわたり進軍を阻むほどの力を持っていた。

一方、鈴鹿山には天下った天女・鈴鹿御前も住んでいた。大嶽丸は、鈴鹿御前の美貌に惚れて一夜の契りを交わしたいと心を悩ませ、美しい童子公家などに変化しては夜な夜な鈴鹿御前の館へと赴くものの、その思いは叶わなかった。

大嶽丸の居場所を掴めずにいた田村丸は観音菩薩に祈願すると、その夜に老人が現れて「大嶽丸を討伐するために鈴鹿御前の助力を得よ」と告げられた。田村丸は討伐軍を都へと帰して一人で鈴鹿山を進む。すると見目麗しい女性が現れ、誘われるまま館へと入って、そのまま閨で一夜の契りを交わす。この女性こそ鈴鹿御前で「私は鈴鹿山の鬼神を討伐する貴方を助けるために日本へと天下りました。私が謀をして大嶽丸を討ち取らせましょう」と助力を得た。

比翼連理の夫婦となった鈴鹿御前に案内されて大嶽丸の棲む鈴鹿山の鬼が城へと辿り着いたものの「大嶽丸は阿修羅王より贈られた三明の剣に守護されているうちは倒せない」と告げられて鈴鹿御前の館へと戻る。すると、その夜も童子に変化した大嶽丸がやってきたので、鈴鹿御前は誘いに乗るふりをして一計を案じ「田村丸という将軍が私の命を狙っている。守り刀として貴方の三明の剣を預からせてほしい」と返歌すると、大嶽丸から大通連小通連の二振りを手に入れた。

次の夜、田村丸は鈴鹿御前の館で待ち構え、そこに現れた大嶽丸と激戦を繰り広げる。正体を現した大嶽丸は身の丈十丈(約30m)の鬼神となり、日月の様に煌めく眼で睨みつけ、天地を響かせ、氷のような剣や矛を投げつけた。しかし田村丸を加護する千手観音と毘沙門天をすべて払い落とした。大嶽丸が数千もの鬼に分身すると田村丸が角突弓神通の鏑矢を放ち、一の矢が千の矢に、千の矢が万の矢に分裂して数千もの鬼の顔をすべて射た。最後は田村麻呂が投げたそはやの剣に首を落とされ、大嶽丸の首は都へと運ばれて帝が叡覧したのち、田村丸は武功で賜った伊賀国で鈴鹿御前と暮らし、娘の小りんも生まれた。

大嶽丸に続いて近江の高丸を討伐したある日、天竺の三面鬼に預けていた顕明連魂魄を写した大嶽丸は、冥府から黄泉還り、再び日本へと侵攻して陸奥国霧山禅上に難攻不落の鬼が城を建て、日本を乱し暴威を振るった。‎田村丸と鈴鹿御前は討伐のために十万の軍を率いて陸奥へと向かう。かつて鈴鹿山の鬼が城を見ていたため、すぐに城の搦め手より侵入できた。そこへ蝦夷が島の八大龍王の元より大嶽丸が戻ってきて激戦となり、田村丸によって二度目の首を落とされた。大嶽丸の首は天高く舞い上がり、田村丸のに喰らいついたが、何重にも重ねていたため無事であった。兜を脱ぐと大嶽丸の首は死んでいた。大嶽丸の首は平等院にある宇治の宝蔵に納められ、酒呑童子の首や白面金毛九尾の狐の遺骸と共に今も納められている。

地方伝承

御伽草子『鈴鹿の草子(田村の草子)』が巷に広く流布したことから、江戸時代頃より地方伝承として定着した痕跡が残されている。

滋賀県内には田村麻呂が鈴鹿の鬼賊・大嶽丸を討伐する際に十一面観世音菩薩の石像を安置して祈願したという北向岩屋十一面観音、田村麻呂が鈴鹿山の鬼の首を埋めたという鬼塚が残る善勝寺、田村麻呂が自ら彫刻した等身大の御分身の兜跋毘沙門天を祀ったという櫟野寺などがある。
兵庫県加東市にある清水寺には、田村麻呂が鈴鹿山の鬼神を討伐した騒速という大刀が奉納されている。現在も同寺の所蔵ではあるものの、重要文化財に指定されたこともあり寄託という形で東京国立博物館での保存となった。奇しくも日本三大妖怪の一角である酒呑童子を斬った童子切安綱も同じく東京国立博物館にて保存となっている。
和歌山三重にまたがる熊野地域の伝承では「鈴鹿山の鬼神を討伐した後、鬼の窟の海賊・多娥丸(もしくは鬼の大将・金平鹿)を討伐しに来た」という。

東北地方との関係

日本帝国期の民族学者・伊能嘉矩は「大高丸 → 悪事の高丸悪路王と転訛したのではないか」との説を提唱した。このことから鈴鹿山の大嶽丸は陸奥国岩手山大武丸、達谷窟の悪路王、高丸などと混同、同一視されることがある。
しかし近年の研究によると大嶽丸と悪路王、高丸などを同一視する伊能説は否定される傾向にある。

東北地方には延暦17年(798年)や大同年間、とりわけ大同2年(807年)に田村麻呂が創建したと伝える寺社、特に観音堂が多く、同時に縁起・由緒として切畑山の悪路王、大石嶽の大石丸、米木山の大滝丸など田村麻呂による鬼神退治譚を伴っている。
しかし延暦17年と大同2年はともに清水寺創建伝承にみられる年号であり、東北地方の寺社が清水寺創建伝承を採り入れたためこのような事態が起こっている。
東北地方の地域伝承にこれら年号がみられる背景には、清水寺系統の僧徒や、東北地方には慈覚大師円仁開山の伝承も多いことから天台宗系統の僧侶などが観音信仰や毘沙門天信仰を布教する過程で、東北地方の山岳信仰修験道)と結びつけて坂上田村麻呂伝説が形成されていたこと、また巫覡などが東北地方で布教活動とともに『鈴鹿の草子(田村の草子)』などを語り歩いたことが影響している。

例として、奥州七観音の坂上田村麻呂伝説は、奈良県桜井市初瀬にある長谷寺の霊験譚が記された鎌倉時代前期の仏教説話集『長谷寺霊験記』に「三迫の新長谷寺」並びに「奥州の六箇寺」として所収されたのがルーツである。長谷寺の勧進聖たちが長谷信仰を伝えて日本各地に新長谷寺を建立するさい、東北地方では寺伝として田村麻呂と結びつけた伝承を創出した。後に『鈴鹿の草子(田村の草子)』が東北地方に伝わると、これらの伝承は大嶽丸や鈴鹿御前などが登場する由緒・縁起へとさらに変化した。

また岩手山の大武丸についても、南部信直利直親子が盛岡へと本拠地を移した慶長4年(1599年)以降に南部氏の手によって創出された伝承である。南部氏が盛岡城へと入る以前の岩手山の伝説に大武丸は登場しておらず、江戸時代以降の地域伝承となる。

このように東北地方で坂上田村麻呂伝説が発展・展開した背景には、平安時代末期から東北地方で山岳信仰などと関連させて神の恩寵を説き遊行した宗教者の布教活動があったこと、室町時代の京都周辺で『鈴鹿の草子(田村の草子)』など鈴鹿山の大嶽丸が登場する田村語りが創出されたこと、江戸時代の東北地方に伝わると寺社などで演じられた奥浄瑠璃『田村三代記』として(主に伊達政宗の仙台藩)によって魔改造されたことから地域の伝説として採り入れられた。
このように鈴鹿山の大嶽丸と悪路王、高丸はルーツの異なる伝説のため別人物であり、同時に東北各地の大嶽丸は鈴鹿山の大嶽丸が地域の伝承として採り入れられている事がわかる。

『田村三代記』

御伽草子『鈴鹿の草子(田村の草子)』が江戸時代の東北地方に伝わると、仙台藩を中心に奥浄瑠璃『田村三代記』という壮大な物語が誕生する。

坂上田村丸利仁が日本を魔国にしようと天下った天の魔焰・立烏帽子討伐を命じられるも(三明の剣での脅迫まがいの)熱烈な告白をされて夫婦となり、二人は近江国の高丸を討伐して、大嶽丸討伐の話へと入る。奥州達谷が岩屋の大嶽丸は3丈2寸で2面4足、身体は鉄石のように鍛えられて剣も通じない。5年あれば日本から人を絶やせるほどの力を持っていた。そこで(私は強いから負けないけどと言いつつ)立烏帽子がわざと大嶽丸に捕まり、3年間かけて神通力で弱くした。

3年後、田村丸が龍馬に乗って奥州へと向かうと立烏帽子から(大嶽丸の眷属500人を捕縛済みの)達谷が岩屋に案内されて入り、そこに天竺から大嶽丸が帰ってきた。岩屋から霧山まで追い詰められた大嶽丸にそはやの剣、顕明連、大通連、小通連を投げかけると跡形もなく消える。麒麟が岩屋へと逃げていた大嶽丸を再び追い詰めるとそはやの剣、顕明連、大通連、小通連を投げかけて首を落とした。

鈴鹿山の大嶽丸から達谷窟の大嶽丸へと変化しており、大嶽丸は三明の剣を所有していないことなどから「鈴鹿系」がベースとみられる。また、諸本によって天竺・八大龍王の配下や天竺・金毘羅大王の配下とされる。

関連イラスト

大嶽丸
大嶽丸


妖怪デフォルメ墨彩画「大嶽丸」
オリジナル~ 大嶽丸 鬼神 ~



関連タグ

坂上田村麻呂伝説 田村語り 坂上田村丸

関連作品

鬼切丸

⇒大嶽丸

久遠の絆

⇒大嶽丸

神咒神威神楽

天魔・大獄


天魔・大獄
CV:安元洋貴
(おそらくは)モデル。表記はではなく

ゆるドラシル

オオタケマル(ゆるドラ)
大妖界の三大妖魔。3本の名刀「三明剣」を操る。

Fate』シリーズ

大嶽丸(Fate)
Fate/EXTRA CCC』の外伝コミカライズ作品『Fate/EXTRA CCC FoxTail』の回想に登場。FoxTailの没プロット『妖狐伝(仮)』では登場予定だったらしく、台詞も用意されていたことがわかる。
Fate/GrandOrder』のmaterialでは、酒呑童子(Fate)が悪路王や温羅とともに「喚ばん方がええ」と忠告している。

モンスターハンター』シリーズ

⇒闘神鬼【大嶽丸】
MH4G』から登場するラージャン双剣。「闘鬼【高丸】」に激昂したラージャンの素材を用いることで派生し、『MHXX』では「闘神剛鬼【悪路王】」へと派生する。MH4Gでは『田村の草子』『田村三代記』で田村将軍が討伐する鬼の名前を冠しているが、MHXXで初出の悪路王のみ田村将軍の父が討伐した鬼の名前を冠している。

戦国プロヴィデンス

⇒大嶽丸

あっきのじかん

大嶽丸(あっきのじかん)

東京放課後サモナーズ

タケマル


タケマル
CV:松田修平
(おそらくは)モデルの1人。

陰陽師

大嶽丸


大嶽丸(陰陽師) / 大岳丸(阴阳师)
CV:岡本信彦
酒呑童子(陰陽師)玉藻前(陰陽師)と共に、日本三大妖怪(陰陽師)として並ぶ名高き鬼神。

放置少女

⇒大嶽丸
CV:田村ゆかり
(偶然だろうが)中の人と大嶽丸を討伐した田村将軍は名前が田村つながりである。

一血卍傑

オオタケマル(一血卍傑)
CV:鶴岡聡

戦国アスカZERO

⇒大嶽丸
CV:高橋李依

関連記事

親記事

おに

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大嶽丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194361

コメント