ピクシブ百科事典

大嶽丸

おおたけまる

日本の伝承に登場する鬼神。伊勢鈴鹿山に居を構え、悪事の限りをつくした。『日本三大妖怪』に数えられる。酒呑童子の首や金毛白面九尾孤の遺骸とともに、その首は宇治の宝蔵に納められている。
目次[非表示]

 大嶽丸とは、日本の伝承に登場する鬼神である。

概要

伊勢国と近江国の国境に位置する鈴鹿峠は古来より交通の要衝であり、盗賊が横行していた。そのような時代背景から坂上田村麻呂による鈴鹿山の鬼神討伐譚が語られたものとされている。
大嶽丸の首は近江の善勝寺に手厚く埋葬されて今も首塚が残されている。また首を斬った騒速(そはや)も播州清水寺に奉納されて現存している。

これらの伝承は鈴鹿峠に祀られている田村大明神と鈴鹿大明神に旅の無事を祈願し、往来する民によって京へと伝えられ、室町時代には田村将軍による大嶽丸討伐が『お伽草子』の説話のひとつとして形成された。

来歴

大嶽丸はお伽草子『鈴鹿の草子』『鈴鹿の物語』『田村の草子』など細部に違いはあるが、ほぼ同様のあらすじで語られる。いわゆるラスボスとして坂上田村麻呂・鈴鹿御前夫婦に立ちはだかる。

 伊勢国鈴鹿山に棲む大嶽丸は強力な神通力を有するといい、山を黒雲で覆い隠して暴風雨や雷電、火の雨などで坂上田村麻呂の三万の軍を数年も阻むほどの実力を持つ。
さらに阿修羅王より贈られた三明の剣に護られ、田村麻呂の武威でも大嶽丸の身体には傷ひとつ付けられないという。

討伐軍を引き上げさせた田村麻呂は一人で鈴鹿山に残り、観音菩薩に祈って天女・鈴鹿御前の助力を得た。田村麻呂と比翼連理の夫婦となった鈴鹿御前の策略により、大嶽丸は三明の剣のうち大通連小通連の二振りを奪われてしまう。
正体を現した大嶽丸は巨大な鬼神となって日月のように煌めく眼で田村麻呂を睨み、氷のような剣や矛を投げつけたが、田村麻呂を加護する千手観音毘沙門天にすべて払い落とされた。
次の一手で大嶽丸が数千の鬼神に分身して攻撃するも、田村麻呂の放った神通の鏑矢が、一の矢が千の矢に、千の矢が万の矢に分裂して数千の鬼神の頭を貫く。
それでもなお抵抗する大嶽丸だが、田村麻呂の投げたソハヤに首を落とされた。

しかし、魂魄となっても天竺の三面鬼に預けていた三明の剣の一振りである顕明連の霊力で冥府から黄泉返り、また日本へ侵攻するほどの生命力を見せつける。
陸奥国霧山に難攻不落の鬼が城を建て十万の軍を退けるなど暴威を振るったが、二度目の田村麻呂との死闘の果てに再び首を落とされた。
大嶽丸の首は天高く舞い上がって田村麻呂の兜に喰らいついた。兜を重ねてかぶっていた田村麻呂が兜を脱ぐと大嶽丸の首は死んでいたという。

こうして二回も首を落とされた大嶽丸は平等院宝蔵に酒呑童子の首、白面金毛九尾の狐の遺骸と共にその首が納められている。

東北での伝承

坂上田村麻呂伝説が多く残る東北に鈴鹿山大嶽丸の伝承が持ち込まれ、大武丸大竹丸などの名でも広く伝承している。
吾妻鑑』で語られた悪路王の伝承と大嶽丸が結びついたためか、悪路王が大嶽丸に置き換わったり、兄弟であるなど伝承パターンも豊富である。
奥浄瑠璃の最高傑作『田村三代記』では悪事の高丸と共闘するものもあり、かつての東北では大嶽丸は古くから知られていた。

後世の評価

酒呑童子玉藻前(白面金毛九尾の狐)と並んで中世日本で畏れられた日本三大妖怪に数えられる日本最強の鬼神ーーなのだが、その実力のわりにマイナーである。
どのくらいマイナーかというと、Wikipedia日本語版に新規ページが作成されたのが酒呑童子から遅れること約13年2ヵ月、玉藻前から遅れること約11年10ヵ月となっている。

主な登場作品


関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「大嶽丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2517

コメント