ピクシブ百科事典

坂上田村麻呂

さかのうえのたむらまろ

征夷大将軍として有名な平安時代初期の公卿・武官。蝦夷征討に功績を残し、薬子の変では大納言へ昇進して政変を鎮圧するなど活躍。平安京の守護神として崇敬された武芸の神。伝承では怪異討伐のオーソリティーとしても知られ、悪鬼悪龍の討伐伝説が日本一多い英雄でもある。
目次[非表示]

概要

生誕:天平宝字2年(758年)
死没:弘仁2年5月23日(811年6月17日)

「北天の化現」「平安京の守護神」と評される毘沙門の化身にして希代の名将渡来系氏族の子孫を称しながらも昇進した公卿武官。官位は大納言正三位右近衛大将兵部卿。勲二等。贈従二位。

軍神」として後世に至るまで信仰され、英雄伝説に彩られ、鈴鹿御前と夫婦で悪事の高丸大嶽丸など数多の怪異を討伐した。

生涯

出自と出仕

天平宝字2年(758年)に坂上苅田麻呂の次男もしくは三男として誕生。古代の人物は誕生年月日が残されておらず、生年は国家が編纂した正史に残る没年からの逆算。母は不明(畝火浄永の娘とも)。誕生した場所は平城京田村里が有力と考えられているが、一部で「奥州誕生説」や「坂上田村麻呂夷人説」もある。

坂上氏前漢高祖皇帝(劉邦)・後漢光武帝劉秀)・後漢霊帝劉宏)の流れを組む阿知使主の子孫を称した東漢氏の末裔であるという。天武天皇は東漢氏に対し、推古天皇の御代から近江朝までに「七つの不可」を犯した事を挙げ、その罪を恩している。七つの不可のうち、一つは東漢駒による「祟峻天皇弑逆事件」と考えられる。以後、天武天皇は東漢氏を重用し、田村麻呂の祖父・坂上犬養もその武才から聖武天皇に寵愛された。

田村麻呂は宝亀11年(780年)に光仁天皇の治世で近衛将監に就任、武門の家・坂上氏にふさわしく武官からの出仕であった。

桓武天皇の治世

天応元年(781年)4月に光仁天皇が山部親王に譲位して桓武天皇が即位すると、田村麻呂は桓武天皇による「軍事と造作」の治世の元で出世していく。

延暦元年(782年)閏1月、氷上川継が桓武天皇の皇位に反逆した「氷上川継事件」が起きた。父・苅田麻呂も事件に連座して右衛士督を解任されている。しかし4ヶ月ほどで復職していることから、実際は事件に関わっていなかったと考えられ、田村麻呂の出世への影響もなかったと思われる。

延暦3年(784年)11月に平城京から「長岡京」へと遷都された。いわゆる奈良時代が終焉する。翌延暦4年(785年)6月、苅田麻呂が桓武天皇に上奏して東漢氏一族が「宿禰」姓を賜った。坂上氏は「大宿禰」としている。その年の9月に「藤原種継暗殺事件」が起こる。桓武天皇の留守中に造長岡宮使・藤原種継が造宮監督中に矢で射られて翌日薨去。この事件に関与したとして皇太弟・早良親王が廃されて配流、噴死。11月に桓武天皇の子である安殿親王が立太子され、田村麻呂も従五位下に叙される。延暦5年(786年)年1月7日、父・苅田麻呂が死去し、田村麻呂は一年間喪に服した。地方の豪族にすぎなかった坂上氏であったが、田村麻呂が中央貴族へと転身する道を示しての死であった。

長岡京では桓武天皇が早良親王の怨霊に悩まされるなか、陸奥国でも蝦夷(えみし)との戦いが激化していた。延暦8年(789年)、桓武朝による一度目の蝦夷征討が征東大使・紀古佐美率いる朝廷軍によって実施されたが、大墓公阿弖流為アテルイ)率いる蝦夷軍に惨敗している。

軍事と造作の相次ぐ失政の中で、桓武朝による二度目の蝦夷征討が延暦9年(790年)早々から準備され、翌延暦10年(791年)1月18日には田村麻呂も百済王俊哲と共に兵士・武器を点検するために東海道へ派遣されている。こうして朝廷軍が整えられ、同年7月13日に征東将軍に大伴弟麻呂、征東副使に百済俊哲・多治比浜成・坂上田村麻呂・巨勢野足が任命された。一方で、蝦夷に対する懐柔策も同時に推進されていたのか、延暦11年(792年)1月頃より蝦夷側から帰順の申し出が相次いでいる。

延暦12年(793年)2月17日に征東使が征夷使に改められ、田村麻呂は21日に辞見して出征。翌延暦13年(794年)6月13日に田村麻呂が蝦夷を征した。『日本紀略』には「副将軍坂上大宿禰田村麿已下蝦夷を征す」とのみ記される。10月22日、長岡京から新京に遷都されて11月8日に「平安京」と名付けられると、28日には弟麻呂より「四百五十七級を斬首し、百五十人を捕虜とし、馬八十五疋を得、七十五処を焼き落す」との戦勝報告が平安京に到着したが、このうち田村麻呂の戦果については不明。。延暦14年(795年)1月29日、弟麻呂とともに平安京へと帰京した。朝廷軍は長岡京から出征したため、平安京ははじめてみる都であった。早良親王の怨霊を恐れて僅か10年で2度目の遷都に民が疲弊し、不満が溜まっていたところに前回は惨敗した蝦夷討征を成し遂げて凱旋し、この戦役で副使でありながら中心的な役割を果たした田村麻呂は英雄視されたと考えられる。

田村麻呂は延暦15年(796年)1月25日に陸奥出羽按察使陸奥守、10月27日に鎮守将軍と立て続けに兼任し、翌延暦16年(797年)11月5日に征夷大将軍に任じられて、桓武朝による三度目の蝦夷征討において陸奥の戦役を指揮する官職を全て兼ねた。延暦17年(798年)閏5月24日に従四位上、延暦18年(799年)5月近衛中将と昇進している。

この頃、田村麻呂は京都清水寺を創建したとされる。本堂には長岡京内裏正殿(紫宸殿)もしくは長岡京内の田村麻呂の屋敷が移築されたという。

延暦20年(801年)2月14日、田村麻呂が44歳の時に桓武天皇より節刀が下賜され、4万の軍勢・軍監5人・軍曹32人を率いて平安京から陸奥へと出征する。9月27日「征夷大将軍坂上宿禰田村麿等言ふ。臣聞く、云々、夷賊を討伏す」と記されるのみで、どのような戦果を残したのか定かではないが、10月28日に帰京して節刀を天皇に返還している。

延暦21年(802年)1月9日、造陸奥国胆沢城使として胆沢城を造営するために陸奥へと戻る。4月15日に田村麻呂から平安京へ報告が届けられた。報告は「大墓公阿弖流為や盤具公母礼モレ)ら500余人の降伏を容れた」というものであった(「阿弖流為側から田村麻呂へ講和を申し入れた」「田村麻呂側から和睦を切り出し、阿弖流為を騙して処刑した」など阿弖流為らが降伏した理由として様々な説があるが、いずれも史料的裏付けはなく、現在のところは不明である)。

延暦22年(803年)3月6日、今度は造志波城使として陸奥へと向かっている。延暦23年(804年)1月19日に桓武朝による四度目の蝦夷征討が計画され、再び征夷大将軍に任命されて準備が進められる一方で、5月には造西寺長官、8月7日和泉・摂津へ天皇巡幸の仮宮殿・行宮設置の視察をしている。延暦24年(805年)6月23日に田村麻呂は48歳で坂上氏としてはじめて参議に任じられた。参議への出世は渡来系氏族として快挙である。

延暦24年12月7日に中納言藤原内麻呂に勅が下り、参議・菅野真道と参議・藤原緒嗣が天下の徳政について議論した「徳政相論」が起こり、田村麻呂も参議として参列していたと考えられる。緒嗣は、桓武天皇の治世への批判になろうとも「軍事と造作が民の負担となってる」と論じ、桓武天皇がこれを認めて中止の決断を下したため、四度目の蝦夷征討も中止となった。しかし、本来は臨時職である征夷大将軍の称号を生涯に渡り身に帯び続けた。桓武天皇による軍事と造作の時代がここに終焉した。

平城天皇の治世

延暦25年(806年)3月17日、桓武天皇が崩御する。自ら立つこともままならないまま号泣された皇太子・安殿親王を、田村麻呂と春宮大夫・藤原葛野麻呂が抱きかかえて殿を下り、そのまま玉璽宝剣を奉じた。18日に中納言、21日に中衛大将を兼ね、5月18日に安殿親王が平城天皇に即位すると側近として重んじられることとなる。

この頃、平城天皇の勅命を奉じて富士山本宮浅間大社を現在地に遷座して社殿を造営したとされる。

大同2年(807年)4月12日に右近衛大将となり、8月14日に侍従を兼任すると10月に「伊予親王の変」が起こった。この事件で11月12日に伊予親王と母・藤原吉子が心中した。藤原雄友藤原乙叡も処分さたことで藤原南家が没落したが、平城天皇の侍従であった田村麻呂が事件にどのように対処をしたかはわかっていない。11月16日兵部卿も兼任。大同4年3月30日に正三位に進む。

嵯峨天皇の治世

大同4年(809年)4月1日、平城天皇が健康上の理由で皇位を皇太弟・神野親王に譲位して上皇となり、皇太子には平城天皇の高岳親王が立てられた。平城天皇の寵愛を受けていた藤原薬子と兄の藤原仲成は譲位に反対するものの、13日に嵯峨天皇が即位する。譲位後に健康を回復させた平城上皇は12月4日に平城京へと移り住んだ。

嵯峨天皇は大同5年(810年)3月に蔵人所を設置し、6月には平城天皇の治世で設置された観察使の制度を廃止する。これに怒った平城上皇を薬子と仲成が助長して「二所朝廷」といわれる対立が起こり、9月6日に平城上皇が平安京を廃して平城京へ遷都する詔勅を発したことで「平城太上天皇の変」(薬子の変)が始まる。平城京遷都の詔勅にひとまず従った嵯峨天皇は、坂上田村麻呂・藤原冬嗣紀田上らを平城京造宮使に任命する。
しかし9月10日、平城京遷都の拒否を決めた嵯峨天皇は、固関使を伊勢国・近江国・美濃国の国府に派遣して仲成を捕らえ、右兵衛府に禁固の上で佐渡権守に左遷し、薬子には尚侍を剥奪して宮中から追放の詔を発した。この一連の流れのなかで田村麻呂を大納言に昇任させている。
嵯峨天皇側の動きを知った平城上皇は激怒して9月11日早朝、挙兵することを決断し、薬子と共に輿に乗って東国へと向かった。平城上皇側の動きに対して嵯峨天皇は、すぐさま田村麻呂に上皇の東国行きを阻止する命を出す。田村麻呂は美濃道より上皇を追うにあたり、上皇側についたとして禁固されていた文室綿麻呂の同行を願って許可されている。田村麻呂は宇治・山崎両橋と淀市の津に兵を配した。この夜に仲成が射殺されている。
9月12日、平城上皇が大和国添上郡越田村にさしかかったとき、田村麻呂が指揮する兵が上皇の行く手を遮った。平城上皇は平城京へと戻って剃髮して出家し、薬子は毒を仰いで自殺した。ここに「平城太上天皇の変」が終結し、同時に藤原式家も没落する。この事件の時に空海が鎮護国家と田村麻呂の勝利を祈祷している。

晩年の田村麻呂は粟田口の別荘で病の身を臥せていたが5月23日に病死した。54歳であった。嵯峨天皇は田村麻呂の死を悼んで「事を視ざること一日」と一日政務を取らず、田村麻呂を讃える漢詩を作った。葬儀は27日に営まれて山城国宇治群来栖村に葬られた。その際に勅があり、死後も「平安京の守護神」として甲冑兵仗と共に、平安京の東へと向かって立ったまま柩に納められ埋葬された。嵯峨天皇は田村麻呂の遺品の刀剣から一振りを選んで坂上宝剣とし、皇室を守護する御剣として御府に納め、歴代天皇に相伝される宝剣となった。

系譜

著名な子孫には三十六歌仙坂上是則頼光四天王坂上季猛卜部季武)、伊達政宗の正室・愛姫などがいる。

また、田村麻呂の孫・坂上当道の子である坂上当澄小野篁の養子となって小野良実に改名したとの説がある。篁が承和5年(843年)に隠岐へ流罪されると良実も連座して肥後国へ配流され、前年の承和4年(842年)に起こった「承和の変」で出雲に左遷された文室秋津の娘が肥後国の良実のもとで妻となり、承和12年(845年)頃に長女・寵子、嘉祥3年(850年)頃に次女・小野小町が生まれたとされる。良実は貞観7年(865年)3月に出羽郡司として下向したともいう。

死後と神格化

現在、坂上田村麻呂の墓とされるのは京都市山科区の「西野山古墓」である。歴代将軍が平安京より出征する際には、田村麻呂の墓で戦勝を祈願するのが慣例であった。付近から出土した金装大刀や金銀平脱双鳳文鏡など一級の副葬品から、埋葬者は最上級の扱いで葬られた貴族であったことが伺え、その出土品は一括して国宝に指定されている。

亡くなった翌年には坂上田村麻呂公を主祭神とする田村神社が創建された。他に鈴鹿峠でも田村大明神として祀られ、鈴鹿大明神と共に鈴鹿峠を守る夫婦神として往来する旅人に崇められた。田村大明神と鈴鹿大明神は片山神社に合祀されている。

京都清水寺の創建に関わったことから大本願とされ、開山堂(田村堂)では坂上田村麻呂・高子夫妻の木像が安置されている。

人物

外見

身の丈5尺8寸、胸の厚さ1尺2寸の堂々とした姿であった。眼は鷹の蒼い眸に似て、鬢は黄金の糸を繋いだ様に光っていたという。
この事から創作では金髪碧眼キャラで描かれる事もある。 

評価

学問の菅原道真、武芸の坂上田村麻呂とされ、文武のシンボル的存在として一般にも名を知られる。

平安時代を通じて優れた武人として厚く尊敬されたため、後世の武将に様々な影響を与えている。
軍記物には、その由来を田村麻呂にあやかった記述が多く見られる。有名なものでは『義経記』では源義経が学んだという兵法書「六韜三略」は田村麻呂が読んで功績を残したものとされ、『太平記』では新田義貞の振るう「鬼切」は最初に田村麻呂が鈴鹿御前と剣合わせに使用したとされた。

大正5年(1916年)に丙五圓紙幣の候補に名前が挙がったが、時は日清戦争日露戦争の直後、第一次世界大戦真っ只中であった。将軍である坂上田村麻呂では戦死した兵士に対する侮辱ではないか、紙幣の顔として相応しくないという声があったため断念した(国粋主義的な時世のため、渡来系氏族であったことから相応しくないとされたとも)。戦前に紙幣の候補となった7人(武内宿禰日本武尊聖徳太子藤原鎌足和気清麻呂・坂上田村麻呂・菅原道真)のうちで描かれなかったのは田村麻呂のみである。

坂上田村麻呂伝説

軍神とされたため、坂上田村麻呂にまつわる様々な伝説が各地で語られる。主に「討征譚」と「縁起譚」の二系統の伝説からなる。

討征譚

坂上田村麻呂が討伐したとされる有名な悪鬼悪龍は日本三大妖怪の大嶽丸をはじめ、全国各地に存在する。


上記のうち、保呂羽山の夜叉鬼から由加山の阿久良王までは田村麻呂が史実で訪れたとは考えられていない。大半の伝説の軍神であった田村麻呂にあやかって、後世の人々によって付け加えられた、あるいは元は別の人物による伝説がいつしか田村麻呂による伝説へ変化したとされる。
例として、安曇野の八面大王は「田村守宮」の討征譚であったものが「坂上田村麻呂」の討征譚に置き換えられたと考えられている。

このように悪鬼悪龍の討征譚は後世に創作された伝説に過ぎないため伝説をそのまま史実であったとするのは問題もある

縁起譚

坂上田村麻呂が建立・奉納したとされる有名な神社仏閣は清水寺や浅間大社をはじめ、全国各地に存在する。他に温泉を開湯したなどもある。
その多くが東北地方を中心に西日本にかけて集中し、大同年間、特に大同二年に集中しているのが特徴である。

物語において

『田村の草子』に代表される物語では、坂上田村麻呂の蝦夷討伐や坂上田村麻呂伝説、藤原利仁伝説が融合して親子二代(もしくは三代)に渡るストーリーで語られる。

主に「鈴鹿系」と「田村系」があるが、大まかに言うと田村丸将軍と鈴鹿御前の出会い方が「剣合わせ」か「天下った」かの違いである。
大嶽丸の部分だけを取り出して超意訳すると日本をほぼ魔国にしちゃった大嶽丸を、妖星やら龍やら鬼やらの血を受け継ぐ田村丸将軍が、天女ver.か魔王の娘ver.の鈴鹿御前と一緒に討伐するといったもの。
ここに至るまでの親子二代もしくは三代の話も含めて、全体を通すとかなり壮大なストーリーである。

創作物における坂上田村麻呂

征夷大将軍としての知名度の高さに対して、現代では歴史小説・漫画・アニメ・ゲームなどの幅広いサブカルチャー作品において取り上げられる機会はあまりない。
近年は坂上田村麻呂白人説をモチーフにしたと思われる実は、金髪碧眼のイケメンだった!?漫画や、坂上田村麻呂黒人説をモチーフにしたと思われるアメリカ合衆国の黒人警官が殉職して田村麻呂として転生する小説が登場している。果ては悪役として太古の昔に地球に流れ着いた異星人漫画まである。

関連人物

親族

<父母>
坂上苅田麻呂(父) 畝火浄永娘(母)

<兄弟>
坂上石津麻呂(兄) 坂上広人(兄) 坂上鷹主(弟) 坂上直弓(弟) 坂上鷹養(弟) 坂上雄弓(弟)
坂上又子(妹・桓武天皇後宮宮人) 坂上登子(妹・藤原内麻呂室)

<配偶者>
三善高子(三善清継娘)

<子>
坂上大野(長男) 坂上広野(次男) 坂上浄野(三男) 坂上正野(四男) 坂上滋野(五男) 坂上継野(六男) 坂上継雄(七男) 坂上広雄(八男) 坂上高雄(九男) 坂上高岡(十男) 坂上高道(十一男)
坂上春子(長女・桓武天皇後宮宮人) 氏名不詳(藤原三守妻)

その他

光仁天皇 桓武天皇 平城天皇 嵯峨天皇
阿弖流為 母礼
坂上是則三十六歌仙。子孫。
坂上季猛頼光四天王。子孫。
愛姫伊達政宗正室。子孫。

関連タグ

<総合>
日本史 奈良時代 平安時代
武官 貴族 征夷大将軍 大納言

<伝説>
鈴鹿御前(立烏帽子) 大嶽丸 悪路王 阿久良王

<刀剣>
坂上宝剣 楚葉矢の御剣 騒速 黒漆剣
血吸(童子切安綱) 鬼切安綱
角突弓 神通の鏑矢 鬼神丸(雷除鬼神丸)

<関連キャラクター>
坂ノ上おじゃる丸おじゃる丸):モデル
坂上覇吐神咒神威神楽):モチーフ
坂上田村麻呂(たむらまろさん):モデル
坂上田村麻呂(Fate)Fateシリーズ):モデル
坂上田村麻呂(阿・吽):モデル
坂上田村麻呂(妖怪百姫たん!):モデル
タムラマロ一血卍傑):モデル

pixivに投稿された作品 pixivで「坂上田村麻呂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4371

コメント