ピクシブ百科事典

坂上田村麻呂(Fate)

さかのうえのたむらまろ

『Fateシリーズ』の登場人物の一人。
目次[非表示]

概要

坂上田村麻呂とは、『Fateシリーズ』に登場するキャラクターの1人。
史実では征夷大将軍に任ぜられ後世の武将から崇敬された英雄で、子孫には頼光四天王坂上季猛独眼竜伊達政宗の正妻愛姫がいる。

Fate/EXTRA CCC』の外伝コミカライズ作品『Fate/EXTRA CCC FoxTail』の回想に登場。

鈴鹿山神通力を使って狼藉を働いていた鈴鹿御前を、帝の命令で退治するために向かった。
彼女から大嶽丸と勘違いをされていたものの、坂上田村麻呂が名乗りを上げて驚いた隙に勝利するが、騙し討ちのようになったため勝負を持ち越した。
しかしお互いに一目惚れをしていたため、色々あって一緒に暮らすことになる。
その後は二人で悪路の高丸や大嶽丸といった数多の鬼を討伐する。
しかし鈴鹿御前が二十五歳で寿命を迎えると冥府まで赴いて直談判し、生まれ変わった鈴鹿御前と幸せな結末を迎えた。

関連人物

生前


余談

Fate設定では鈴鹿御前と悲恋であったとの独自の解釈がなされているが、田村麻呂と鈴鹿御前は夫婦神として結び付きが強く、今も信仰されているため、聖地へ参拝の際には田村明神と鈴鹿明神への敬意を持たれたし。

関連タグ

坂上田村麻呂 鈴鹿御前(立烏帽子)

コメント