ピクシブ百科事典

卜部季武

うらべのすえたけ

日本の平安時代中期の武将。源頼光に仕え、頼光四天王の一人として有名。
目次[非表示]

概要

生誕天暦4年(950年)?
死没治安2年(1022年)?
主君源頼光


本名は坂上季猛(さかのうえのすえたけ)。
浦辺季猛浦辺坂上季猛浦辺太郎坂上季猛とも。

生涯

源満仲が摂津守に任官したさい、坂上田村麻呂から七代孫で坂上武家団棟梁の坂上頼次(山本右衛門大尉坂上頼次、坂上是則とは従兄弟)を摂津介として山本荘を任せ、清和源氏の本拠地である多田院を警衛させた。

初代山本荘司となった頼次は、和泉国高師の浦(現在の大阪府)に住んでいた坂上季長・季猛親子を山本荘に呼び寄せ、清和源氏の家臣団に弓馬などの武術の指導をさせた。二人は浦辺城主であったことから浦辺坂上季長・季猛を名乗っている。

季猛は坂上党武家団の棟梁を継ぐと、三代目山本荘司として源頼光に仕え、渡辺綱を筆頭とする頼光四天王の一人と称された。季猛は田村麻呂の遺品である御持弓を御神体として将軍宮松尾丸社を創建した。

説話・伝承

慶応義塾大学図書館蔵の絵巻『しゆてんとうし』では「ひせんの国」(備前国もしくは肥前国)「よしをか」の「もりつね」という鍜冶が打った「あさまる」(あざ丸?)を所有している。

今昔物語』には卜部季武として源頼光の3人の家来の1人として記されている。季武は弓の名手として知られており、鹿島流武芸を身に付けていたともされる。

他に神楽「土蜘蛛」「子持山姥」「滝夜叉姫」に登場することでも有名。

関連タグ

武士

頼光四天王

pixivに投稿された作品 pixivで「卜部季武」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7077

コメント