ピクシブ百科事典

正室

せいしつ

高貴な人物の正式な妻のこと。メイン画像は毛利元就の正室・妙玖。
目次[非表示]

概要

主に日本の歴史において身分の高い人物ののうち、もっとも位の高い妻のこと。
大まかな意味は正妻と同じ。
対義語は側室

母親として

身分の高い人物が正室及び側室に複数子供がいる場合、基本的に正室との間に生まれた年長の男子を嫡男とし、側室との間の庶子はたとえ長男であっても庶長子として嫡男より下に置かれることが多かった(庶長子でありながら家督を継いだ人物としては、鎌倉幕府・第3代執権北条泰時が有名、また、徳川家康は正室・築山殿が処刑されたため、跡を継いだ三男・徳川秀忠をはじめ、次男・結城秀康、四男・松平忠吉ら全員が庶子ということになる)。

著名な人物

平安時代

鎌倉時代

南北朝時代

室町時代

戦国時代安土桃山時代

江戸時代

※なお、江戸幕府には江戸城内に「世継ぎ」を儲けるために「大奥」が創設されたが、これは側室が大きく組織化されたものと言える。

明治以降

  • さすがに大っぴらに「正室・側室」ということはなくなったが、「○○家のご主人が妾を囲った」という小説がいくつか残されていることから、少なからずそういったものが残されていたとは思われる。また、昭和天皇に長く皇太子を儲けられなかったことに、宮内庁内において「側室を迎えてはどうか」との検討が真剣に行われたそうである。


関連項目

 

pixivに投稿された作品 pixivで「正室」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2879

コメント