ピクシブ百科事典

細川忠興

ほそかわただおき

細川忠興とは、日本の戦国時代から江戸時代の武将・大名。豊前小倉藩の初代藩主。肥後細川家初代。
目次[非表示]

細川藤孝(幽斎)の長男。
足利義輝の命で奥州細川家の細川輝経に養子に入ったとされる。
通称は与一郎。官途名は越中守など、長岡忠興とも。

概要

足利義昭織田信長が対立すると、忠興は父・藤孝と共に信長に従い、信長の嫡男・織田信忠に仕えた。
室町幕府滅亡後、父が山城西部の長岡の知行を許され、これを機に父ともども長岡に改姓し長岡忠興と名乗る。
1577年、15歳で信長の雑賀攻めに加わり初陣。松永久秀が謀反を起こすと、久秀についた片岡城を明智光秀と共に落とし、信長から評価される。
1579年、一色義道を滅ぼす。また、主君・信長に命じられ、明智光秀の三女・玉(珠とも。後の細川ガラシャ。以下玉)と結婚。

1582年の本能寺の変に際して信長・信忠父子が横死すると、光秀から味方に誘われるが父・藤孝は剃髪して幽斎を名乗り、忠興は領国・丹波味土野に玉を幽閉するなどしてこれを拒否。山崎の戦いで光秀が敗死すると、豊臣秀吉に仕え、小牧・長久手の戦い九州征伐小田原征伐に参加して武功を挙げた。

秀吉が死去した後は、徳川家康との関係を深め、家康から丹後12万石に加え豊後国杵築6万石が加増された。しかし一方で石田三成らと対立し、福島正則池田輝政らと共に三成の屋敷を襲撃した。関ヶ原の戦いでは徳川家康率いる東軍に属す。黒田長政と共に石田三成の本陣と相対し、激戦を繰り広げた。

戦後、豊前国中津33万9,000石に国替のうえ加増した。豊後杵築6万石もそのまま細川領とされたので実質39万9,000石の大大名となる。その後、長岡から細川に復姓している。

大坂の役でも徳川方に属して武功を挙げた。その後、家督を三男・細川忠利に譲り、出家して三斎と名乗る。

人物像

父・幽斎は有職故実にすぐれた教養人・文化人として知られており、その子である忠興もたいへんな教養人・文化人であった。さらに、頭脳明晰で政治や情報戦などに優れ、戦上手としても知られた文武両道の武将であった。

千利休の高弟(利休七哲の一人とされる)でもあり、茶器をよく蒐集していた。あるとき「(茶)道具を見せてくれ」と言われ、了承して招いたが茶器ではなく武具を並べ、「武士にとって道具とはこれだ」と答えたという逸話がある。ただし同じ話が幽斎にも残っており、真偽のほどは不明。
デザイナーとしての才能もあり越中形兜を考案している。また、他の武将たちからも兜の製作をしばしば頼まれていた模様。一説には越中褌も彼の考案だとか。

一方で敵にも味方にも容赦しない冷徹な人物であったとも言われており、家臣が記したとされる『茶道四祖伝書』の中では「忠興は天下一気が短い人」とまで書かれている。
丹後攻略戦では同じ足利一門である一色氏を騙し討ちにした末、敗残兵を皆殺しにするなど残忍な手法を取り、光秀に「降伏してきた者を無闇に殺してはいけない」と苦言を呈されている。
なお、一色義定(義道の子)に嫁いでいた妹・伊也には当然ながら恨まれ、戦後に顔を切りつけられ、生涯消えない傷を負うというしっぺ返しを食らった。

ちなみに容姿はかなりの美男であったとされ、同じく大変な美女だった玉とは似合いの美男美女夫婦と評判だったという。

黒田長政との逸話

黒田長政とは秀吉時代から共に戦場を戦った仲ではあったが、関ヶ原の戦いの後、一触即発の険悪な関係になった。当時の取り決めでは、国替の際に前の領主は年貢を徴収しないことになっていたが、どういうわけか豊前国の前領主である長政が年貢を取っており、忠興は同年の年貢を徴収することが出来なかった。そのため忠興は黒田長政にその分の年貢の返還を迫ったが長政は無視したため、報復として筑前の商船を取り押さえる事態になった。さらに後藤又兵衛が黒田家を出奔した時、忠興が保護した際に長政は激怒し戦寸前になっている。

どちらも事情を知った幕府が仲裁に入ったものの、黒田家と細川家は深い遺恨を残した。
このため忠興と長政はお互い根に持ったが、忠興は家臣に対し「我々は、他の大名の者とは例え相手に非礼があっても礼節を以て接しなければならない。しかし黒田家の奴らは別だ。あんな連中どもに礼儀なんぞ尽くす必要はない」とまで言っている。

妻・玉との逸話

玉(細川ガラシャ)は非業の死を遂げたため、忠興は妻を軽んじる、男尊女卑を表す代表的人物として語られることが多い。
イエズス会宣教師の記録を元に作られたラテン語の戯曲においては、忠興は「野蛮な異教徒であり悪逆非道な君主」に描かれ、その影響もあって現代でもイマイチ評判は良いとは言えない。

しかし実際は妻を軽んじるどころか、妻に対する愛情は非常に深かったとされている。

謀反人の娘は通常離縁されるのが当たり前である。これは、夫にまで内通の嫌疑がかけられるのを避けるためであり、実際、信長の甥の津田信澄は光秀の娘を娶っていたため丹羽長秀織田信孝に内通を疑われて殺されている(彼の場合はかつて信長に討たれた織田信勝の遺児であったことも大きいが)。忠興は同じ目に遭うリスクを承知の上で玉と離縁せずに留め置いており、彼女を味土野に幽閉したのも、世間の視線から妻を匿う意味でもあった。(そもそも玉は明智家が滅んでいるため帰る実家がなく、離縁したら出家するしか行く場がない)
しかも、このときそれぞれ筒井・米田(細川の家老)に嫁いでいた玉の姉二人も離縁されていない。

当時の西洋人の記録にはキリスト教的価値観が反映されており、キリスト教に入信した大友宗麟などが非常に高く評価される一方で、キリスト教と敵対した人物は極端に悪く書かれることも多く、上記の「野蛮な異教徒であり悪逆非道な君主」という評価は正確とは言い難い。

そして、忠興自身は別にキリスト教を敵視していたわけでもなかった。
玉が密かにキリスト教に入信したことを知ると激怒したが、玉がキリシタンとなった当時「禁教令」が出ていたため、細川家ごと謀反の嫌疑をかけられて潰される危険まであったのである。忠興は玉のためにキリスト教式の荘厳な葬式をし、自らも教会に参列した。禁教令が緩くなってからは玉のため屋敷内にカトリックの教会を建てたりもしている。

なお、長男・細川忠隆の妻の千世(前田利家の娘)も、玉と共に大坂の屋敷にいたが、西軍の手から逃亡して助かっている。忠興は「なんで息子の嫁は助かって、俺の嫁は死んだんだよ!」と、忠隆に離縁を求めたが、もちろん忠隆は拒否したため親子関係が悪化し、忠隆は勘当される事態に発展した。

そのほかの逸話

細川家の庭師が玉の美貌に惚れ、それを知った忠興が庭師を処罰したという逸話のほか、失態をした料理人を玉が庇ったため、忠興がその料理人を殺害したという逸話もある。
どちらも信憑性が低く創作と見られるが、こうした逸話からしばしば彼は「ヤンデレ」ではないか?と疑われている。

「棄教しなければ侍女の鼻を削ぎ落す」とまで言ったが、玉は棄教を拒否したため、本当に侍女を鼻を削ぎ落したこともあり、当時においてもパワハラ気味の大名という感は否めない。

苛烈な性格は家族にも向けられ、嫡男・忠隆を廃嫡しているほか、次男の長岡興秋を大坂の陣で豊臣方に協力したことを咎め、家康は興秋を許そうとしたが忠興は自害させている。

晩年は若いころの苛烈さが嘘のように穏やかで丸くなっていたとも言われる。

旧主・足利義昭ばりのお手紙魔であり、隠居後は拍車が掛かり忠利に対してしばしば書状を宛てている。他大名のことについても記しており、伊達政宗の奇行ぶりが現在まで伝わっている一因になっている。

歴史界隈での評判

現代のサブカルチャー系の情報交換の場にて、忠興の愛好者は多いが、学者間で忠興の評価は基本的に低い。
忠興の性質については諸説あるものの、その政治手腕、頭の回転の速さ、芸術センス、愛妻家ぶりなどに人気があるほか、性格の裏表のギャップに惹かれる人も多い。
忠興の性格面について、物腰の良い教養人が何かをきっかけに突如として惨忍な男に豹変する様子は、一部の愛好者達から「スイッチが入る」などと比喩される事がある。

創作物での細川忠興

戦国無双シリーズ

武器:刀剣 声:岡本寛志(2、4) 宮坂俊蔵(3猛将伝、chronicle2)

「私は、私はアア!」(取り乱した時の口癖)
「私の敵になるだと!? 私は、私はアア…!」(Empriesでの特殊台詞:3Empriesでは特定武将限定台詞、4では普通の特殊台詞)
「馬鹿な! 何を申すと思えば…私は、私はアア! 私は、お前を、愛してる!」(3猛将伝:ガラシャの章・関ヶ原の戦いより)
「私のために…本当の愛とは、こういうことか…!」(同上)

1から一般武将として登場していて、妻のガラシャが登場した戦国無双2猛将伝の彼女のストーリーでは小笠原少斎ら居残りの家臣にガラシャを介錯した後自害しろと命令していた。
しかし戦国無双3猛将伝(3Z)のガラシャの章では史実でのガラシャへの異常な愛の部分だけが誇張されて半ばヤンデレストーカー気味になってしまいプレイヤーに強烈なインパクトを残した。

4Empriesでは父・藤孝と共に固有武将の1人として登場した。

余談

ちなみにEmpriesでの特殊台詞は3Empriesではプレイヤーがガラシャで忠興と遭遇したときのみしか聞く事は出来ない。ある意味難儀すぎたのか、4Empriesではプレイヤーが誰でも忠興に遭遇すれば上の台詞を喋るように変更された。

ソーシャルゲーム「100万人の戦国無双

【100万人の戦国無双】ほそかわただおき


ガラシャのコレクション武将の一人。

総髪の茶筅髷が特徴の青年武将で、黒い具足の上に青と黄のグラデーションのかかった陣羽織を着用している。ここまで聞くと比較的スタンダードな出で立ちとも感じられるが、毛先がはねたボサボサの髪、クマがあり瞳孔が開いた虚ろな目つき、引きつった笑みなど、その風貌は狂気を感じさせる。両手には病みキャラのマストアイテムたる鉈と包丁を携え、その凶相を更に引き立てている。

性格についても妻・ガラシャへの思い入れが3より更に増大しており、妻に「」と「」と言う男友達がいるとの話を聞いて「……蘭と孫 覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ覚えたぞ」と、何処ぞの寒村の風土病でも発症したかのような不気味な言動が随所にみられる。阿国からは「一途で可愛らしい」と言われていたが、かわ、いい……?

また、こうしたヤンデレはガラシャだけでなく、プレイヤーへの惜別の文にも発揮する。
「私はそなたのこと、どのようなことでも知っておる故…… 
その気になれば、すぐに側へと馳せ参じよう……フフフ…… 
逃さぬぞ逃さぬぞ逃さぬぞ逃さぬぞ逃さぬぞ逃さぬぞ逃さぬぞ逃さぬぞ逃さぬぞ逃さぬぞ逃さぬぞ逃さ

采配のゆくえ

細川さん


趣味:絵画・舞・茶の湯 / 好物:お茶
東軍の武将。関ヶ原以前の事件で愛妻・ガラシャを亡くすが、その責任が三成にあると思い込み、激しく憎んでいる。
本来は妻のために小鳥を贈るような優しい人物。

うっかり戦国4コマ「かいこ

一生恋する人



信長の忍び軍師黒田官兵衛伝

主要キャラである明智光秀の娘婿であるが出番は少ない。短気な性格であることは光秀も懸念している。

殿といっしょ

顔は父・細川幽斎そっくりであるが、語尾は「ざぁんす」。
一見父同様飄々としておりインテリであるが、極めて苛烈かつ残虐な性格の持ち主であり、相手を自害まで追いやると嘯くなど部下からも恐れられている。遥かに役職も年も上である前田利家を勝手にライバル視しており、最終回の小田原攻めでは「妻に愛される教養も自分の方が上」と喧嘩を売っていた。

境界線上のホライゾン

境界線上のホライゾン


(上画像左側の少年)
長岡・忠興」名義(細川家は長岡姓を名乗っていた時期もあるため)。
『境界線上のホライゾン』は、
「遥か未来、地球文明が再び天上(宇宙)へと旅立てるための力を取り戻すため、
歴史再現」と呼ばれる神代(地球文明の過去の歴史)を再現するように人々が営みを送っており、
その中で歴史上において大きな意味を持つ出来事に深く関わる人物の役割を担う義務と権利を与えられる者、「襲名者」が存在し、最も該当する人物の再現に適した資質を示した人物が選ばれる」
という世界観であり、
厳密には本人ではなく、「長岡忠興」の襲名者となった人物である。
歴史再現において神聖ローマ帝国羽柴氏の勢力に相当する国家M.H.R.R.に所属する、14歳の少年。
銃器の扱いに長けることから襲名者に選ばれ、長岡忠興の妻である長岡玉(細川ガラシャ)の襲名者である女性、クリスティーナ(上画像右側の女性)の写真を見たことから一目惚れするも、玉の最期の歴史再現により彼女が自害する定めにあることを知ったことから、彼女を救うため奔走する。

関連タグ

武将 戦国武将 大名 芸術家
細川藤孝(幽斎) 細川忠利 細川ガラシャ 明智光秀
千利休 利休七哲
織田信長 織田信忠 豊臣秀吉 徳川家康
DQN四天王

細川護煕(子孫。元総理大臣。)

関連記事

親記事

近畿勢 きんきぜい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「細川忠興」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1064673

コメント