2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

支配層が財源として被支配層から徴収していた。毎年、貢がなければならないので、年貢という。
主にが年貢として納められていた。時代を経ると貨幣による銭納も普及する。

年貢と呼ばれる形態が成立したのは11~12世紀だが、徴税制度自体は7世紀末~8世紀初頭に始まった租庸調制に端を発する。
1973年(明治時代)の地租改正で廃止される。

税率は領地によって大きく異なる。低いところでは四公六民程度だった。水戸藩のように八公二民というとんでもなく高い税率だった藩もあるが、このように農民から搾取する例は少ない。搾取すれば食料が行き渡らなくなり逆に生産性が落ちたり経済に悪影響を与えたり最悪の場合農民が逃げ出したりするなどの事件が起こりかねないため、支配する側もやりたい放題にはできなかった。
一般的には江戸時代に武士が高い年貢を無理矢理徴収しているイメージを持っている人もいるが、これには明治政府が自身を正当化するためにそれまで日本を支配していた江戸幕府に誇張や嘘を使って悪いイメージを植え付けたことも影響している。もちろんあくどい藩もあるにはあるが、そんなことばかりをしていては国として成立しなくなってしまう。

現在では「年貢の納め時」という言葉に名残が見られる他、小作料を「年貢」と呼ぶ慣習が残っている。

関連タグ

租税  税金 

関連記事

親記事

ぜい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「年貢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 628522

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました