ピクシブ百科事典

一揆

いっき

意を一つにまとめた集団、およびそういった集団が目的達成のために行動すること。
目次[非表示]

概要

 「一揆」とは、「打ちこわし」ではない。一般的に「農民がたくさん集まって武装し、お偉方に反逆する」というイメージがあるが、実際は一揆とはそういったテロ行為ではなく、暴動を起こすことは「一揆」のほんの一握りに過ぎない。
 一揆とは圧制などの社会共同体に対する危機に対し、住民たちが目的(揆)を一つにすることを差す言葉である。そして結託した住民が行動を起こすことも「一揆」と見なされ、こうした場合はデモ直訴なども一揆に当たる。
 そういったイメージが薄く、「一揆=暴力」という印象が強いのは、室町時代戦国時代等に「国一揆(地方の豪族や領主が集まったもの)」「土一揆(農民、商人などの集団)」「一向一揆(一向宗(浄土真宗)を信仰する人々によって起こされたもの)」などと言った集団による大規模な一揆により、その起こした張本人たちが政権を倒し自治を得たという事例が残っているからだろう。
 要するに一人で竹槍持って武家に戦いを挑んでも一揆とは呼ばれないのである。

 また、ドイツ語におけるPutschの日本語訳として使われることもある。

「一向一揆」

 上記の一揆の中で最も大名に恐れられたのは、一向宗徒が中核となる「一向一揆」であった。
 一向宗とは石山本願寺によって体系化された仏教の一大宗派として君臨し、日本各地に末寺を置く日本最大の宗教集団であった。
 体系化された一向宗徒はあらゆる階層に入り込むことによって、商人・百姓・浪人のみならず、大名に仕える武士すら主君に逆らって、一揆にくみすることさえ珍しいことではなかった。厄介なことに彼らは「仏さまに仕えていれば、死後も浄土で仏さまに救われる」との考えから死をいとわずに領主を襲うこともためらうこともなかった。
 その猛威に加賀の守護大名・富樫氏は滅亡、三河の徳川家康は滅亡寸前の窮地に追い込まれ、織田信長ですら伊勢・長嶋の一向一揆に苦戦、総本山・石山本願寺とは苦闘の末、ついに屈服させることができずに和睦することでようやく戦いを終結させるに至った。

連判状

 一揆が頻発してくると、それに伴い形式なども整っていくこととなった。
 一揆を起こす際にはメンバーの名前をに書いて記すことで確認を取るが、この署名連判状と呼ぶ。普通に縦書き右詰めで書くと誰がリーダーかすぐバレてしまうため、傘連判状といっての中央に向けて放射状に書く(寄せ書きをイメージしていただければよい)ようになった。
 また決戦前には、この連判状や、誓約などを書いた文書を焼いてにし、それを神前に供えたに溶かして飲みほして結託を行うという儀式も行われた。これを一味神水と呼び、目的を一つにしたチームを「一味」と呼ぶようになったのはこれが語源である。

刀狩り

 百姓・浪人が一揆をおこさないよう、権力者が農民から武器を取り上げることをいう。
 歴史上、もっとも有名な『刀狩り』は豊臣秀吉が行った『刀狩令』で、口実としては大仏を建立するために功徳を積むよう、天正16年(1588年)に布告された。

関連項目

強訴 抵抗 反乱
日本史 歴史

pixivに投稿された作品 pixivで「一揆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177368

コメント