ピクシブ百科事典

織田信孝

おだのぶたか

日本の戦国時代・安土桃山時代の武将。 織田信長の息子。羽柴秀吉らと戦い、敗れた。
目次[非表示]

生涯



永禄元年(1558年)に織田信長の三男(次男説もある)として生まれる。
兄たちと同じく側室腹で、生母は坂氏の方。幼名は三七。
早くから織田家当主の後継者と目されていた長兄の織田信忠や、
北畠氏の養子となって北畠家当主となり地盤を固めていた次兄織田信雄と異なり、
織田信孝は神戸氏の養子となったものの、神戸氏そのものの勢力圏や、
養父である神戸具盛との軋轢(後に具盛は幽閉される)など、地盤がかなり不安定であった。

信孝は守役であった幸田彦右衛門や岡本良勝の手を借りつつ神戸家をとりまとめ、
1574年には長島一向一揆の平定で初陣を果たし、兄である織田信雄と協力して戦った。
その後越前一向一揆平定や荒木村重討伐などにも従軍。
1578年の播磨別所討伐では神吉城攻略の際に足軽と功を競って奮戦し、
総大将で兄でもある織田信忠から叱責を受けている。
このあたりは父兄の血をよく受け継いでいるといえる。 
同時期頃、病を篤くした村井貞勝の代役として京の内政を担当した。
1582年には木曽義昌の離反劇を援助し武田勝頼の滅亡に一役買った。
同年、自身の強い希望によって四国征伐の総大将に任命され、丹羽長秀蜂屋頼隆
津田信澄織田信張雑賀孫市らを加えて四国征伐の準備に取り掛かっていた。
(もともと信長は大和に所領を与えたがっていたようだが、大和を領した松永久秀の謀叛や
原田直政の戦死により取りやめていて、四国を信孝に与えようとしていたとも言われる)

1582年6月2日、明智光秀の謀叛により父、織田信長と兄、織田信忠が討たれる。織田信孝はすぐさま開始しようとするも何分寄せ集めの軍なので過半が国元に変えると言う
事態に陥る。丹羽長秀の意見もあって光秀娘婿だった津田信澄を殺害する。
近隣勢力と連絡を取り、やがて摂津の池田恒興中川清秀高山重友
そして中国地方から帰ってきた羽柴秀吉と連携しついに山崎で明智光秀を破る。
明智光秀はその後死亡し、織田家はひとまずの安定を見た。朝廷にも秀吉とともに参内し、
太刀を拝領している。(一方で、関白の近衛前久が所有する屋敷から、明智軍が乱入して
織田信忠を追い詰めた件について、近衛前久が明智光秀に加担したと嫌疑を持ち、
処罰しようとした。同じ公家の勧修寺晴豊によると、結局無実だったと言われている。
このエピソードが、本能寺の変の朝廷黒幕説の遠因になったとか・・・)

清洲会議では柴田勝家羽柴秀吉池田恒興丹羽長秀の合議により
織田家当主を三法師秀信(織田信忠遺児)とされ肩透かしを食らうも、
自身が三法師秀信を一時的に預かることになり織田信孝はまさに全盛期であった。
この頃から神戸の姓を捨てて織田に復姓し、柴田勝家などを味方に取り込み、
徳川家康の甲信所領などに介入、認可するなどして積極的に織田家を再構築する。
三法師秀信は当時3歳であり、合議とはいえ誰の目から見ても実権は織田信孝の優位であった。

しかし織田家内の派閥対立はもはや修復不可能なところにまで来ていた。
織田信孝自身も織田信雄と濃尾間の国境で揉め始めていた。

(当時の国は国境で決めていたのだが、信長治世に入ると河割り、つまり河を境にすることで、尾張の一部が美濃として認知されていたようである。これは美濃尾張どちらも信長が管轄していたためであるが、管轄者が2人に別れてしまったためこのような問題が発生したと思われる。
ちなみに河とは「木曽川」のことをさす。最終的に信雄の言い分である国境分割が認められた。)

また家臣団の中でも森長可らをはじめ織田信孝柴田勝家に対する反発が生じ始める。やがて羽柴秀吉が信長四男で自身の養子でもある羽柴秀勝を喪主とし、織田家家臣団や信長子息を呼んで信長葬儀を開催。池田恒興らも支持して葬儀に参加する。この場に織田信孝柴田勝家らが呼ばれなかったこともあって、一気に対立が表面化する。

その年の11月には半ば蚊帳の外と化していた織田信雄と、羽柴秀吉丹羽長秀
池田恒興らが結びついて織田信孝柴田勝家らに反発。
柴田勝家丹羽長秀はそれ以前の段階では比較的穏健派で、
2人で当初の清洲会議の約定を再確認して融和しようとする動きもあったのだが、
この段階ではほぼ完全に派閥が分かれるに至る。やがて「三法師秀信」を当初の約束通り安土城に
入れなかったことを織田信孝は咎められ、軍を率いて無理やり三法師秀信を奪取されてしまった。
それでも織田信孝は諦めきれず、翌年の4月では賤ヶ岳の戦いを契機に再度岐阜城で挙兵。
柴田勝家滝川一益らと手を組み、織田信雄羽柴秀吉らに反発するも、
頼みの綱であった柴田勝家が敗北して居城で自害。織田信孝も美濃の統治があまり進んでいなかったこともあり(主に信雄・秀吉派だった森長可のせいだが。)、
秀吉に降伏。最終的には兄、織田信雄のもとで自害した。享年26。



死後



形式的には織田家内の内部分裂で、この戦いで織田家そのものが疲弊した、というのはほとんどない。しかし当主の三法師秀信はわずか3歳であり、織田家の運営に意欲的だった織田信孝が消えたことで織田家を牽引する織田一門の数や勢力が減少してしまった。その後頭角を表した秀吉に対する朝廷の接触を危惧した織田信雄佐々成政徳川家康らと手を組んで一矢報いるも押し留めることができなかったことも信長死後の織田家の評価を下げてしまう要因となってしまった。
振り返ると兄の織田信雄をはじめ織田一門とも対立してしまった点、織田信包織田有楽斎と織田一門も多くいただけに彼らの協力を仰げず、結果的に織田家内でも孤立してしまったのが最終的に致命傷となった。どことなく織田信勝の系統を感じさせる行動と生涯でもある。



その行動について



織田信長の横死後の織田信孝の行動には謎が多く、彼を測りきれていない現状に大きく関与している。
現代の小説やメディアでも、彼の扱いは様々であるが、おおよそ以下の2つの立場が取られている。



秀吉諌止説



後に織田家を凌ぐ勢いとなった羽柴秀吉の行動を制止すべく動いていたとする見方。
知恵を振りかざす傍ら、あくまで織田家のために行動をしていたという見解は羽柴秀吉
対照に見る動きが大きい。これらの行動の根拠としてよくあがるものは

・既に行われた織田信長の法要を羽柴秀吉が大規模に行ったことに激怒したこと
 (この法要は、秀吉がその後天下統一に動くきっかけとされることも多い。)
・柴田勝家と共謀して秀吉に対抗したこと。
 (秀吉と敵対した柴田勝家は、信長の妹であるお市の方を娶っていました。)


当主野心説(秀吉無関係説)


一方で、羽柴秀吉の台頭とは裏腹に、自ら織田家当主の地位を欲していたと言う説。
この場合、主に対立した実兄の織田信雄、また秀吉の庇護下にいた実弟の織田秀勝の対立が
基軸に置かれることが多い。これらの行動の根拠としてよくあがるものは

・織田信長に重用された従兄弟の織田信澄を、本能寺の変のどさくさに殺害している。
 (織田信澄と羽柴秀吉に相関性はなく、「織田家相続」を巡った争いとも言える)
・本能寺の変の後、自ら神戸家三好家との養子縁組を解消し、「織田信孝」の名乗りを使った。
(織田信雄が「北畠信雄」と名乗り、織田秀勝が「羽柴秀勝」と織田と関係のない家を
 相続し、あくまで「織田家当主」になれない状況を作っていました。「諏訪勝頼」
 (武田勝頼)の事例でも語られますが、当時別の家を継いだ人間が本家を相続する確率は低く、
  実兄と実弟が半ば放棄した「織田」の名乗りを、織田信孝は当時から使っていました。)



辞世の句


昔より 主を討つ身の 野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前 

という辞世で知られている。内海を討つ身とかけ、野間大坊で家臣に裏切られた源義朝
かけている。羽柴筑前を義朝を討った長田忠致とかけ、彼が最期は非業の死であった
ことから、「おまえも同じような目に遭わせてやる」という呪詛に満ちた辞世だったと言われている

ただしこの辞世は創作説がかなり強い。そもそも辞世とは、自分の一生を振り返り、死ぬ時の
気持ちを感慨深く掘り下げて作る物であり、実際に柴田勝家や大内義隆など戦国武将でも風流な辞世を残している。

「夏の夜の 夢路はかなき あとの名を 雲井にあげよ 山ほととぎす」柴田勝家
「討つ者も 討たるる者も 諸ともに 如露亦如電 応作如是観」大内義隆

特に大内義隆は、家臣達の謀叛によって自害しており、紛れもなく非業の死であったのだが
少なくとも辞世ではそれを恨む様子がなく、世の無常を儚み悟ったかのような句である。

さて件の織田信孝である。織田信孝は従五位下侍従という官職を貰っており、公家としても殿上人の扱いであった。また山崎の戦いでは勝利後に天皇から太刀を拝領したり、病になった村井貞勝の代わりに京の政治を代役したこともあった。そのような風流を解した人間が、前述のような個人的な恨みを爆発させた句を詠むだろうか?という疑惑は、長年根強いものとなっている。

また織田信孝を切腹に追い込んだのは、羽柴筑前こと秀吉ではなく、織田信雄である(賤ヶ岳の戦い]])というのが史料で明らかになっており恨む相手もチグハグというお粗末な結果となっている。このことから、二条河原や手取川のように、落首(庶民<匿名であるため実際の身分は不詳とも>が当時の世相を振り返り、立札や日記などにそれを風刺する目的で、狂歌や文章などを公開すること)の類ではないかと言われている。

なお、辞世の句と直接関係はないが、源義朝を討った長田忠致が、
最期は源頼朝の手によって殺害されるという逸話は「平治物語」が初出である。
また長田忠致はもともと源氏の家臣ではない。「吾妻鏡」によれば
平氏方の武将として源氏と交戦している「長田入道」が彼と同一人物だと言われている。
いずれにせよ、彼の去就も明らかではない。

pixivに投稿された作品 pixivで「織田信孝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19667

コメント