ピクシブ百科事典

名古屋山三郎

なごやさんさぶろう

安土桃山時代の武将。「戦国三大美少年」の一人。
目次[非表示]

概要

名古屋(那古野)高久の子。「名古屋山三」と呼ばれた。晩年は九右衛門と名乗る。母方が織田家の縁戚だったため織田九右衛門と称したりしている。かの阿国を妻にしたとされ夫婦ともども歌舞伎の祖とされる。
高久は織田信秀信長父子に信頼され信長の弟・織田信包の補佐をしていたとされる。

戦国三大美少年

蒲生時代に同僚だった浅香庄次郎豊臣秀次の小姓だった不破万作と並び「戦国三大美少年」と言われた。その美貌から蒲生氏郷に最初女性と間違われたり、挙げ句には美少女と間違われにとられそうになった逸話を残す。

祖先・名越流北条氏

山三郎は鎌倉幕府二代執権・北条義時の次男・北条朝時(泰時の弟)を祖とする名越流北条氏の末裔と伝わる。牧氏事件で伊豆に追放された祖父・北条時政の屋敷だった名越邸を朝時が継承し名越朝時と呼ばれるようになった。
朝時は元々嫡男だったが艶書事件を起こし鎌倉三代将軍・源実朝や父に疎まれ廃嫡された経緯があったため名越流は得宗家と対立するようになった。のち朝時の嫡男・光時宮騒動に関与し流罪、弟の時章教時二月騒動北条時宗に誅殺された。

実家・今川那古野家

その後、名越家は時章の子・公時が継ぎ存続した。のち公時の孫・高家は元弘の乱の時、鎌倉方の大将軍として反乱軍討伐に向かったが久我畷で赤松円心と戦い討死した。
鎌倉幕府滅亡後、高家の遺児・高範は母が足利一族の今川国氏の娘だったため国氏の孫・今川頼国に保護され今川那古野家の祖になったと今川了俊(貞世)の『難太平記』で伝わっている。

蒲生時代

15歳の時、蒲生氏郷小姓として仕える。特に葛西・大崎一揆、九戸政実の乱の鎮圧では度々一番槍の武功を挙げ「槍師、槍師は数あれど名古屋山三は一の槍」と謳われた。しかし氏郷が死去し秀行の代になると蒲生家から退去。出家して宗圓と名乗り大徳寺に入った。

森時代

その後還俗して九右衛門と名乗り妹の岩が嫁いでいる森忠政(長可蘭丸の弟)の家臣として仕えた。
武名高いのみならず教養もあった九右衛門は忠政に気に入られ、森家中で大きな発言力を持った。それを快く思わない井戸宇右衛門とは不仲であり、津山城の築城などで度々口論など諍いを起こしたとされている。

慶長8年(1603年)に忠政から宇右衛門を殺すように命を受け、刀を賜り、喧嘩口論の末に抜刀して襲い掛かるが、逆に宇右衛門に切り伏せられ死亡する。

九右衛門の死後、子孫は森家を去り前田家に仕え姓を「名古屋」から「名越」としている。

関連タグ

戦国時代 武将 蒲生氏郷 出雲阿国 北条氏
美少年
戦国三大美少年 浅香庄次郎 不破万作
前田慶次…槍に優れかぶき者という共通点がある。

関連記事

親記事

蒲生氏郷 がもううじさと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「名古屋山三郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10652

コメント