ピクシブ百科事典

北条時章

ほうじょうときあきら

鎌倉時代中期の武士。名越流・北条氏の当主として反得宗の旗頭として見られた末、「二月騒動」において討たれた。
目次[非表示]

概要

生没年 建保3年(1215年)~文永9年(1272年)2月11日
 名越流・北条氏の家督を継いだことから「名越時章」ともいう。鎌倉幕府・2代執権北条義時の次男・朝時を父として生まれる。兄に「宮騒動」の首謀者として失脚、伊豆に流される名越光時、弟に「二月騒動」においてともに滅ぼされる教時らがいる。

名越流・北条氏

 父・朝時は鎌倉幕府・2代執権・北条義時、正室・姫の前の次男として生まれたが、北条氏の家督を継ぎ、執権として幕府の実権を握ったのは朝時の異母兄・泰時であった。
 朝時はこのことに不満を持ち、反得宗の意を生涯を持ちつづけることとなり、その遺志は、当然、朝時の長男・光時、時章の弟・教時に強く受け継がれることとなった。

宮騒動

 仁治3年(1242年)6月15日、執権・北条泰時が死去し、後任には泰時の孫・経時が19歳で就任、しかし、このとき、自我に目覚め権力欲を持ちはじめた4代将軍九条頼経には名越流・北条氏の当主・光時や三浦氏、千葉氏ら有力御家人が集まり、幕府上層部との対立が鮮明となった。
 寛元2年(1244年)、この不穏な動きに執権・北条経時は将軍・九条頼経を強引に退かせ、頼経の子で、当時、わずか6歳の九条頼嗣を次の将軍に据える強攻策をとったが、しかし、頼経は新将軍・頼嗣の後見として鎌倉にとどまりつづけた。
 寛元4年(1246年)閏4月1日、病を得て出家していた前執権・北条経時が23歳で死去、跡を継いだのは経時の弟・北条時頼であった。
 この機に乗じて時章の兄・光時を含む頼経派の有力御家人は前将軍・九条頼経を奉じて反得宗の動きを見せるが、すぐに鎮圧されて前将軍・九条頼経は京に送り返され、兄・光時も所領を没収され伊豆に配流されることとなった。このとき、時章・教時兄弟は騒動に連座することなく処罰を免れた。

二月騒動

 以後、時章は得宗・北条家に協調的な姿勢を見せ、評定衆、引付頭人などを歴任したが、文永9年(1272年)2月11日、急進的な反得宗の意を示す弟・教時に謀反の嫌疑をかけられたことにより、自邸を当時の執権・北条時宗の兵に襲われて殺害された。享年58歳。
 なお、この直後、時章は謀反に無関係であることが判明、時章邸を襲った5名は処刑され、子の公時は評定衆、孫の時家は鎮西探題・引付衆に任じられるなどして名誉を回復、要職を歴任した。

種子島氏

 鉄砲伝来で知られる種子島時尭の家紋は「北条氏」と同じ「三鱗」であるが、元は九州に所領のあった名越流・北条氏の家人であったと伝えられている。

関連タグ

鎌倉時代 鎌倉幕府 北条氏 得宗 名越光時
アンゴルモア元寇合戦記・・・時章は同作の主人公・朽井迅三郎と仲が良かった。
白竜・・・大河ドラマ『北条時宗』での時章役。
高倉健・・・時章の子孫を名乗っていた。

コメント