ピクシブ百科事典

名越光時

なごしみつとき

鎌倉幕府・中期の武士。名越流北条氏の祖・北条朝時の長男。
目次[非表示]

概要

生没年 不詳
 父は名越流北条氏の祖・北条朝時、北条光時ともいう。弟に「二月騒動」により第8代執権北条時宗に滅ぼされる名越時章教時らがいる。

名越流・北条氏

 父・北条朝時は鎌倉幕府第2代執権北条義時の次男として生まれた。しかし、母が義時の正室・比企朝宗の女(姫の前、源頼家の北条氏討伐に加担して、逆に滅ばされる比企能員の一族)であったことから、朝時は後に異母兄・泰時との後継者争いに敗れ、そのことが不満となって朝時の子たちに伝えられ、後に北条氏嫡流(得宗)に滅ぼされる原因となった (後に第2代連署となる北条重時は朝時の同母弟である)。

承久の乱

 承久元年(1219年)正月、鎌倉幕府・第3代将軍源実朝が甥の公暁に討たれ、初代源頼朝以来、幕府を率いてきた河内源氏嫡流はここに滅亡した。幕府の正当性が疑われる事態にときの執権・北条義時は天皇の皇子を次の将軍に就けることを望んだが、朝廷の最高権力・後鳥羽上皇はこれに難色を示し、交渉は暗礁に乗り上げる。
 この結果に業をにやした執権・北条義時は弟・時房に一千騎の軍勢を預けて派遣、朝廷に圧力をかけて折衝を重ねた末、わずか2歳の九条道家の三男・三寅(後の4代将軍・九条頼経)を次の将軍として迎えることで朝廷と幕府は妥協し、三寅の後見には初代将軍・源頼朝の正室・北条政子が就くこととなった。

 承久3年(1221年)5月、後鳥羽上皇が「執権・北条義時追討」の院宣を発し鎌倉幕府打倒の兵を挙げる。この事態に執権・北条義時は弟・北条時房、嫡男・北条泰時らを派遣、6月、上洛した幕府軍は朝廷軍を一蹴し京の都を占領、この結果、首謀者である後鳥羽上皇は隠岐に、上皇の子である土御門上皇は阿波、順徳上皇は佐渡に流されることとなった。
 優位に立った幕府は朝廷との折衝、監視、京の都の治安維持のために六波羅に探題を設置(六波羅探題)、初代北方に執権・北条義時の嫡男・泰時、初代南方に義時の弟・時房を置くこととなった。

第4代将軍・九条頼経

 元仁元年(1224年)6月、執権・北条義時が62歳で死去し、後任の執権に長男・泰時が、義時の弟・時房が新たに設けられた連署に就いて補佐する新体制が発足する。
 嘉禄元年7月(1225年)7月、三寅の後見を務めていた北条政子が69歳で死去し、急きょ、三寅は元服し「九条頼経」を名乗る。
 家禄2年(1226年)8月、九条頼経が第4代征夷大将軍に就く。

第4代執権・北条経時

 幼かった将軍・九条頼経も長ずるに及んで権力欲に目覚めていく。頼経のまわりには執権・北条泰時、連署・北条時房ら主流派に反対する北条朝時・光時父子や三浦氏らが近づいていくこととなった。
 そんななか、長年、執権・北条泰時とともに幕政を担っていた連署・北条時房が仁治元年(1240年)正月24日に死去し、仁治3年(1242年)6月には執権・北条泰時が亡くなるが、父・朝時は泰時の病気平癒を祈って出家している(朝時は不満を抱いたまま、寛元3年(1245年)に死去する)。
 跡を継いだのは泰時の嫡孫・北条経時であった。19歳の新執権にとって反得宗の動きを看過することはできず、寛元2年(1244年)4月、経時はつい九条頼経を強引に将軍職から退かせ、わずか6歳の九条頼嗣(頼経の子)を新将軍に据える強硬策をとった。
 しかし、この後も九条頼経は将軍・九条頼嗣の後見役として鎌倉に残り、幕府分裂の火種はいまだくすぶり続けた。

宮騒動

 寛元4年(1246年)3月23日、北条経時が病に倒れて執権職を実弟・北条時頼に譲り、閏4月1日、23歳で死去、この機を乗じて光時ら反主流派は前将軍・九条頼経をかついでクーデターを企てるが失敗、頼経派の御家人は処罰、頼経も京都に送り返され、光時自身も所領を没収、伊豆に配流されることとなった。
 これ以降、北条光時に関する記録は残されていない。どのような最期を迎えたかは不明である。

二月騒動

 これ以降も、名越流北条氏は反体制派として得宗・北条氏と対立することになり、文永9年(1272年)には光時の弟・北条時章教時兄弟が謀反の嫌疑をかけられ、自邸に襲われる事件が起きる(二月騒動)。しかし、後に時章は無実であったことが判明し、時章の次男・公時が引付衆、評定衆を歴任するなどして家格を向上させた。

関連タグ

鎌倉時代 鎌倉幕府 北条氏 得宗 北条経時 北条時頼

コメント