ピクシブ百科事典

北条義時

ほうじょうよしとき

北条義時とは、鎌倉時代の武将・政治家。鎌倉幕府の第2代執権を務め、姉の北条政子らと共に執権政治の基礎を固めた。(1163年-1224年、メイン画像の黒い直垂の人物)
目次[非表示]

概要

 父に鎌倉幕府・初代執権・北条時政、姉に源頼朝の正室・北条政子、弟に初代連署となる北条(大仏)時房、子に第3代執権・北条泰時、北条(名越)朝時、六波羅探題北方、連署など要職を務める北条重時、第7代執権・北条政村、金沢流北条氏の祖となる北条実泰、北条有時らがいる。
 鎌倉幕府を開いた頼朝の側近として仕え、頼朝没後の政権闘争を経て実質的な最高指導者にまで上り詰めた。また日本史上最強の「朝敵」であり、朝廷と直接武力対決してこれを制圧、朝敵の汚名を実力で雪いだ上、元天皇の皇族を流刑の厳罰にし、当時の天皇を自らの圧力でその地位から引きずりおろした唯一の皇族、公家でない人物である。

生涯

青年期

 長寛元年(1163年)に北条時政と、同じく伊豆の豪族であった伊東祐親の娘(異説あり)との間に次男として誕生。当初は「江間小四郎」と称していた。
 義時が15、6の頃であった治承元年(1177年)、姉の政子は当時伊豆に流されていた源頼朝と駆け落ちに及び、やがてその妻となっていた。その頼朝が治承4年(1180年)に平家打倒を期して挙兵に及ぶと、義時も父や兄・宗時らと共にこれに従うが、石橋山での敗北で頼朝軍は散り散りとなり、時政や義時と別行動をとった宗時も途中で討たれている。
 時政・義時父子は頼朝らと後に安房にて合流、その後再び頼朝の命を受けて甲斐に赴き、当地に勢力を持つ武田信義ら甲斐源氏の助力を得る事に成功。頼朝からもこれに対する褒賞を受けている。

 翌養和元年(1181年)、鎌倉に本拠を置き勢力を固めつつあった頼朝は、その寝所を警護する11名の側近を選抜、義時もその一人として列せられた。この「家子」とも呼ばれた11名の側近は、源氏一門と一般の御家人の中間として位置付けられ、中でも義時はその筆頭格として扱われたという。その後も亀の前事件で北条一族が頼朝の仕打ちに激怒して伊豆へ引き退く中、義時は引き続き鎌倉に残るなど、頼朝に忠実に仕えていく事となる。
 一方、武将としても平氏追討や、奥州合戦など様々な戦いに従軍、筑前・葦屋浦での戦いでは武功も立てている。またこれらの戦いが終結を見た建久元年(1190年)には頼朝が上洛、その際にも右近衛大将拝賀の随兵の一人として選ばれている。とはいえ、この頃までは幕府内においてそこまで目立った存在という訳でもなく、本格的に頭角を現すのは頼朝が没してからの事となる。
 

政権を巡る暗闘

 正治元年(1199年)、頼朝の死に伴ってその嫡男・頼家が後継者となると、新将軍を補佐するという名目(事実上は頼家の親裁を制止するため)で「十三人の合議制」と呼ばれる政治機関が発足。義時もその一人として参加するが、この頃から鎌倉幕府内では有力な御家人同士の権力闘争が繰り広げられるようになる。
 まず血祭りに上げられたのが、前将軍の治世より頼朝の腹心として重きをなして来た梶原景時であった。その立場上、御家人たちの恨みを買いやすかった景時は、義時と同じく家子扱いを受けていた結城朝光に叛意ありと将軍に讒言した事をきっかけに、御家人達から糾弾状を突き付けられ失脚、のみならず族滅にまで追い込まれた。
 さらに妻や乳母の実家である比企氏を後ろ盾とする将軍・頼家と、頼家の親族でありながら影響力を失いつつあった北条氏との間で対立が深まる中、急病により頼家が危篤に陥ったのをきっかけに、北条氏は比企能員を始めとする比企氏一族を悉く誅殺、遂には頼家をも「鎌倉殿」の座から追いやるに至っている。これら有力御家人の排除は、主に北条氏が主体となって行われており、義時もそれに深く関与していたとされる。

 ところがその北条氏内部でもまた、深刻な内部対立が生じる事となる。当時執権として権勢を振るっていた父・時政は後妻・牧の方と結託し、頼家追放後に3代将軍となった実朝を廃すると共に、自身が後見役を務めていた平賀朝雅の擁立を画策。さらにその邪魔となった畠山重忠重保父子を、謀反の廉で討伐に及ぼうとしたのである。
 義時と弟の時房は父の命に反対するも押し切られ、断腸の思いで畠山父子を討つも、御家人たちの声望厚かった重忠を死に追いやったこの一件を機に、時政と牧の方に対する御家人達への反感が一気に噴出。義時もまた姉・政子と結託し、時政の自邸にあった実朝を密かに自分達の元へと迎え入れ、身の安全を確保する事で父の陰謀を頓挫させるに至っている。
 その結果、幕府を追われる格好となった時政に代わって義時が2代目の執権の座につき、またこの一件を機に義時は幕政の第一人者として実権を掌握するようになった。

 とはいえ義時が執権となった事で御家人達への姿勢も柔軟になったとはいえ、執権政治の確立を図るための有力御家人達への抑圧はその後も続き、幕府草創期からの重鎮である和田義盛も和田合戦で討たれた後は、かつて義盛が任されていた侍所別当の地位を義時が兼任するようにもなるなど、その政治姿勢は次第に独裁的な色彩を帯びていくようになった。

実朝暗殺と承久の乱

 さて、3代将軍・実朝には長ずるに至ってなお子がなく、幕府もその後継者として後鳥羽上皇の親王を下向させる事を打診していたが、その最中の承久元年(1219年)正月、頼家の遺児・公暁によって実朝が暗殺されるという事態が発生した。この一件についても、当初実朝の太刀持ちを予定していた義時が、急遽源仲章と交替し結果難を逃れたという事もあり、事後の収拾策なども含めて義時が一枚噛んでいたという見解もあるが、現在までに出ている実朝暗殺に係わる諸説についてはいずれも未だ確実と言い難い事に留意されたい。
 実朝の横死は幕府内に深刻な動揺を与えるのみならず、それまでも微妙であった幕府と朝廷との関係にも俄かに亀裂を生じさせるきっかけともなった。前述した皇族将軍下向の折衝において、後鳥羽院がこれを拒否すると共に自身の寵姫の所領の地頭廃止を要求するや、義時もこの要求を突っぱねる一方で弟・時房率いる軍勢を京へ遣わして交渉に当たらせたが、最終的には皇族将軍を断念し頼朝の遠い縁戚に当たる九条家の子・三寅を、4代将軍として迎える事で一応の決着を見る事となる。また三寅はこの時まだ1歳余りとあまりに幼く、結果として姉・政子が「尼将軍」としてその後見を務め、義時が執権としてこれを補佐する形で、執権政治のさらなる強化へと繋がった。

 この一連の流れを経て朝幕間の緊張がさらに高まる中、後鳥羽院は承久3年(1221年)春に「流鏑馬揃え」の名目で諸国より兵を集め軍備を整えると、5月15日には「北条義時追討の宣旨・院宣」を諸国の有力御家人達に発し、遂に義時排除に乗り出した。
 先に京都守護として遣わされていた伊賀光季(義時の義兄)は京方の襲撃に遭い討死、さらに親幕派とみなされた公家達も粛清された。難を逃れた光季の下人よりこの報を受けた幕府は、いち早く警戒を強化すると共に対策を協議。当初は箱根・足柄にて京方を迎え撃つという慎重論も出たものの、幕府の重鎮である大江広元らは積極的な出撃を主張、政子も直ちにこれを裁決し、東海道、東山道、北陸道の三方向から京に向けて軍勢が進発する事となった。
 また後鳥羽院挙兵の報せに鎌倉武士たちが大いに動揺する中、政子が彼等に対して幕府草創以来の頼朝の恩顧を説き、動揺を鎮めると共に団結を促した。これらの迅速な動きが功を奏し、幕府軍は最終的に19万にも及ぶ大軍へと膨れ上がり、義時追討の綸旨が発せられて一月後の6月15日には木曽川・宇治川に築かれていた京方の防衛線を突破、遂には京都を制圧するに至ったのである。
 敗れた後鳥羽院が隠岐へ流されたのを筆頭に、この乱を主導していた者たちはことごとく断罪され、一時は朝敵の汚名を受けていたにも拘らず義時はそれを自力でそそぐだけでなく、朝幕関係をも完全にひっくり返す事にも成功した。そしてこれ以後、幕府の朝廷に対する優位性は確定することとなり、幕府は治安の維持と朝廷を監視するために六波羅に探題を設置、初代北方に嫡男・泰時、南方に弟・時房をその職に就けている。

 こうして執権政治が盤石なものとなり、義時の地位も安泰かに思われた中、元仁元年6月13日(1224年7月1日)に義時は62歳で突然の死を遂げる。歴史書『吾妻鏡』ではその死因を衝心脚気によるものと記しているが、それ以外にも風聞として毒殺説や近習による刺殺説も流れたとされ、現在でもその死については定かでない部分が多い。
 義時の死後、執権の座は嫡男・泰時が継承し、頼朝時代から続く専制体制に代わって集団指導制(合議制)による政治姿勢を打ち出すと共に、その基本となる「御成敗式目」を制定。これにより幕府もようやくしばしの安定期を迎える事となった。

関連タグ

鎌倉時代 鎌倉幕府 源頼朝 北条政子 北条時房 北条泰時
松平健 1979年放送のNHK大河ドラマ草燃える』にて、義時役として出演

pixivに投稿された作品 pixivで「北条義時」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2298

コメント