ピクシブ百科事典

新井白石

あらいはくせき

明暦3年~享保10年 江戸時代の学者・政治家。名は君美(きみよし、きんみ)、字は在中・済美、号は白石など。

概要

徳川家宣家継の治世の下、「正徳の治」という政治改革を行った学者である。

久留里(千葉県君津市)藩士の子として江戸に生まれ、29歳まで独学で学問をやってきた白石は、貞享3年(西暦1686年)に朱子学者・木下順庵の門人となった。
木下は白石を高く評価し、37歳のとき、甲府藩にあった徳川綱豊(後の家宣)に推挙した。
6代将軍となった家宣、彼の死後将軍職を継いだ7代将軍家継に仕え、幕政の改革を推進したが(称徳の治)、8代将軍徳川吉宗の時には政界から退けられ、著述に専念した。
学問は朱子学を主とし、史学地理学言語学に長じた。
読史余論』などの日本史に関する著述や、『西洋紀聞』など蘭学の先駆的業績でも有名。
また白石のは盛唐の趣を持つ本格的なものと評価され、頼山陽によって、祇園南海梁田蛻巌秋山玉山とともに「正徳の四大家」と称せられた。

関連タグ

読史余論 白石

pixivに投稿された作品 pixivで「新井白石」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 757

コメント