ピクシブ百科事典

町奉行

まちぶぎょう

江戸時代に幕府や藩で用いられた役職名
目次[非表示]

概要

江戸時代幕府で用いられた役職。
一般に町奉行とのみ呼ぶ場合は幕府の役職である江戸町奉行のみを指す。

一般に現代でいう警察裁判所の役割を持った公的機関と知られているが、実際にはもっと広い範囲の行政も担当した。特に町方(町人)の調査(人別改)も町奉行所の仕事であり、他にも防災など現代でいう役所全般の職務も含まれていた。また、他の奉行(寺社奉行勘定奉行)も、その職権が定められた範囲において司法権を持つ役職であり、司法権は町奉行のみが有した権限ではない。

町奉行は寺社奉行勘定奉行とあわせて三奉行と称された。他の二奉行と同様、幕政にも参与する立場であった。基本的に定員は2人である。初期は大名が任命され、後には旗本が任命された。旗本が任命されるようになってから以降の町奉行の石高は3000石程度であった。

その職務は午前中は江戸城に登城して老中などへの報告や打ち合わせを行い、午後は奉行所決裁裁判を行なうというもので、夜遅くまで執務していた。そのため役宅は奉行所内にあった。激務のため在任中に死ぬものも多かった。

部下与力同心である。これらは将軍家の家臣であり、実質的な世襲制で奉行所に勤めていた。奉行は老中所轄の旗本であって、与力や同心たちとは直接の主従関係は無かった。
奉行と主従関係にあった与力は内与力(うちよりき)と呼ばれ、通常の与力とは区別された。内与力は将軍からは陪臣にあたるので、本来は与力よりは格下であり禄高も低いが、実際には奉行の側近として上席与力の待遇を受けることが多かった。講談などでは南北奉行所が互いにライバル関係にあり仲が悪かったかのように描写されるが、むしろ、奉行の方が余所者であって信頼関係が薄かったとされている。

別名・表記揺れ

奉行

関連タグ

江戸時代 江戸 職業
奉行 与力 同心 岡っ引き
町奉行所 お白洲
時代劇

pixivに投稿された作品 pixivで「町奉行」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1607

コメント