ピクシブ百科事典

鳥居耀蔵

とりいようぞう

鳥居耀蔵は、江戸時代の幕臣、旗本。南町奉行として知られる。(1796〜1873)
目次[非表示]

概要

林羅山を祖とする儒家林家の生まれ(ただし父は養子)で、自身も鳥居家に養子入りして家督を継ぐ。
老中・水野忠邦の天保の改革が始まるとその腹心として活躍。儒家出身のためか蘭学を異常に嫌い、蛮社の獄を始めとして蘭学者の弾圧を行っている。
また前任者を讒言して南町奉行になってからは囮捜査を用いた苛烈な綱紀粛正を行ったために江戸の住民から「妖怪」と恐れられ、憎悪された。改革反対派である北町奉行遠山景元がこれに対抗して寛容策を取ると、忠邦と共謀して景元を閑職に追い込んでいる。
その後上知令の失敗で忠邦の立場が危うくなるとすかさず裏切り、進んで忠邦を失脚に追い込むことで保身を図る。しかし後任者・土井利位の不手際から急遽忠邦が復帰、先の裏切り行為が許されず全財産没収の上丸亀藩お預かりの身となった。
以降は軟禁生活の中、薬師として薬草の栽培や領民の治療などを行って過ごした。
明治になって釈放されると、様変わりした東京(江戸)の街を見て「自分の言う通りにしないからこうなった」と嘆いたという。

創作の鳥居耀蔵

講談小説では遠山景元遠山の金さん)に敵対する悪役として登場する。

大江戸ロケット

大江戸ロケット』の登場人物。
CV: 若本規夫
おりくの玉屋への敵愾心を利用して、鍵屋に青い獣が乗ってきた宇宙船の脱出艇の破片を提供し、伊豆の下田に外国船を沈めるためのミサイルを作らせた。ロケット計画に対しては遠山と違い、攘夷派対策として純粋にソラに帰って欲しいと考えている。
史実では水野忠邦が失脚した際に裏切っているが、本作では水野屋敷を襲撃する町人たちを追い払おうとするなど、最後まで水野に忠実だった。
基本的に真面目なキャラクターであるのだが「癪ってなんだろうな?」という言葉に「遠山殿の番組でもしばしば耳にしますな」と返すなど、時折メタ発言やボケをかましてくる。

なお、妖奇士にも登場しており、中の人まで同じと言う別の意味でも……。

関連タグ

町奉行

関連記事

親記事

町奉行 まちぶぎょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鳥居耀蔵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 284

コメント