ピクシブ百科事典

大江戸ロケット

おおえどろけっと

劇団☆新感線による演劇作品。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

劇団☆新感線による劇。江戸時代にロケットを飛ばさんとする兄弟の奮闘と、それにまつわるいろいろを描く。で、

 PIXIVではアニメ版が描かれる。
 こっちは、えー、遠山の金さんが「開国しないとプリズンブレイクもスタートレックも見れないし」といったり、どっかの人が「この時代、女も立小便してたってぇが本当かね」といったり、「同心ってのはTvで見るより大変なんだよ」と言う等のメタ発言があるほか、
 釘宮理恵演じる弟が朴璐美の演じるお店の女性へ「にいさん」とか言う(後両キャラクターが「脚本を見る」シーンまでつく)、小西克幸演ずる方が、変なメガネかけて出てくる等の「中の人ネタ」がさく裂したり、「セル画が別のアニメのと混ざる」と言ったアニメあるあるが出たり、するメタ構造になっている。

 また、キャラクターデザインというか「客演絵師」に椎名高志みなもと太郎内藤泰弘などが起用され、かつ違和感仕事しろクラスの、出来だってばいやまじで。

あらすじ

それは天保十三年の初夏のこと。江戸の街は、時の老中・水野忠邦の発した天保の改革によって、華やかなるもの贅沢なるものが御法度となっていた。
そんなご時世にもかかわらず、玉屋清吉は、まだ誰も見た事が無い程のドでかい花火を作ることを諦めようとはせず、役人から逃げ回りながらの花火研究を続けた。
そんなある夜。人外の青の獣と白の獣が目付黒衣衆によって捕らえられようとしていた。青の獣は討ち取れたものの、白の獣は清吉の打ち上げた花火が原因で逃してしまった。
次の日の朝。清吉の前に現われた謎の美少女・ソラが、月まで届く花火を清吉に依頼する。途方も無い依頼ながらも、お定めによって明るさを失いつつある江戸の街に勇気を与えるために、清吉は一世一代の大仕事に立ち上がる。
清吉の住む風来長屋のクセのある住民や弟・駿平の協力で、「月ロケット打ち上げ計画」が動き始める。

登場キャラクター



関連イラスト

大江戸ロケット
ちょっと月まで


たーまやーー!!



アニメ

全26話。放送期間は2007年4月~9月。

主題歌

オープニングテーマ
「お江戸流れ星IV」 歌:PUFFY

エンディングテーマ
「100miles〜虹を追いかけて」 歌:サンタラ
「I Got Rhythm」 歌:ナチュラル ハイ

各話リスト

話数サブタイトル
第1話大江戸に咲く紅い花火
第2話男は待っていた
第3話縁に縛られた銀ノ狐
第4話ドキドキ無用
第5話
第6話決闘大初恋
第7話トンデモない飛んだ女
第8話恋も殺しもやるってさ
第9話恋愛で勝負
第10話怪異猫変化
第11話埒もねえ!
第12話もしも悩むのが嫌だったら
第13話あんた こいつらどう思う
第14話一筆啓上 明日が見えた
第15話突然!正月に大空爆
第16話あたしがアレよ!
第17話黎明の殺し節
第18話相手は神君の隠し穴
第19話とち狂って候
第20話難儀に微笑む女
第21話脱線は三度まで
第22話たった一夜の夢だった
第23話剣舞に花火をどうぞ
第24話○○をのっとれ!
第25話匠の仕事が月に哭いて…
第26話なんだかんだのリフトオフ


外部リンク

アニメ公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「大江戸ロケット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63767

コメント