ピクシブ百科事典

水野忠邦

みずのただくに

江戸時代後期の大名、及びそれをモデルにしたキャラクター
目次[非表示]

実在した大名の水野忠邦

1794年(寛政6年)6月23日~1851年(嘉永4年)2月10日。肥前唐津藩主、のち遠州浜松藩主。

江戸時代後期の幕府老中。12代将軍徳川家慶時代の1841年から1843年まで天保の改革を主導していた。

倹約令や人返しの法(江戸への流入者を帰村させる)、株仲間(独占的な商工業者の同業組合)の解散などを実行したが、理想論に寄った改革は多くの反発を呼び、結局は改革は失敗し、自身も1845年に老中の職を辞した。

大江戸ロケット」の水野忠邦

CV: てらそままさき

アニメ版オリジナルキャラクター。老中首座。露出魔で故意に下半身を露出しモザイクをかけられる。
反対派を黙らせるための武力を欲し、鳥居・遠山のロケット計画に飛び付いた。二発目のロケット打ち上げと自分の老中罷免の前夜、ご隠居から貰った「若返りの薬」を屋敷の池に捨てていた所を眼に襲われ気絶させられた。

関連タグ

大江戸ロケット 遠山景元 江戸時代 享保の改革 寛政の改革

pixivに投稿された作品 pixivで「水野忠邦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント