ピクシブ百科事典

中島かずき

なかしまかずき

中島かずきは、日本の脚本家、編集者。
目次[非表示]

概要

1959年8月19日生まれ。福岡県出身。初期のペンネームは「かずき悠大」。

元は双葉社の社員で、編集業の傍ら脚本執筆を行っていた(2010年8月20日付で退社)。
臼井儀人の担当編集をしたことから縁を持ち、臼井の没後も『クレヨンしんちゃん』の企画にかかわり続けている。
石川賢の作品(『ゲッターロボ』など)も多く編集を手がけており、「日本で一番石川作品の単行本を手がけた」「ゲッター者」と自負している。脚本家として手がけたシナリオにはゲッターロボに影響を受けた部分も多数見受けられ、特に代表作である『天元突破グレンラガン』や『キルラキル』等でその作風が顕著に現れている。

劇団☆新感線の古くからの座付作家でもあり、劇作家としての代表作は『阿修羅城の瞳』『髑髏城の七人』『大江戸ロケット』など。
特撮好きとしても知られ、2006年の『ウルトラマンマックス』参加を契機に特撮作品にも参加している他、新感線初期の作品では『突撃!ヒューマン』のパロディを行っていた事が語られている。

来歴

2004年、『Re:キューティーハニー』で初めてアニメのシリーズ構成を担当。
2007年には、自身がシリーズ構成を務めたアニメ『天元突破グレンラガン』と、先述の演劇を原作としたアニメ『大江戸ロケット』が放送されている。
2006年に念願かなって『ウルトラマンマックス』第31話『燃えつきろ! 地球!!』で特撮番組デビュー。2011年には『仮面ライダーフォーゼ』で初のメインライターを務め、同作は『クレヨンしんちゃん』とのコラボレーションも行われた。

参加作品

演劇(劇団☆新感線)

阿修羅城の瞳
髑髏城の七人
野獣郎見参!』
花の紅天狗
LOST_SEVEN
七芒星
アテルイ
SHIROH
朧の森に棲む鬼
五右衛門ロック
蛮幽鬼

漫画原作

クレヨンしんちゃん SHIN-MEN』2010年- - 作画・相庭健太

アニメ

Re:キューティーハニー』2004年 - 脚本/シリーズ構成
大江戸ロケット』2007年 - 原作/第23話脚本
天元突破グレンラガン』2007年 - 脚本/シリーズ構成
のだめカンタービレ フィナーレ』2010年 - シリーズ構成
ちゅーぶら!!』2010年 - 企画
キルラキル』2013年
クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』2014年

特撮

ウルトラマンマックス』2006年 - 第31話脚本
獣拳戦隊ゲキレンジャー』2007年 - 第27話脚本
仮面ライダーW』2010年 - 第33話・第34話脚本
仮面ライダーフォーゼ』2011-2012年 - メインライター

映画

テラフォーマーズ』(実写映画) 2015年

関連項目

脚本家 編集者 小説家
双葉社 劇団☆新感線 臼井儀人 石川賢 今石洋之

外部リンク

Twitter
中島かずき - Wikipedia
中島かずきとは (ナカシマカズキとは) - ニコニコ大百科
中島かずきとは - はてなキーワード

pixivに投稿された作品 pixivで「中島かずき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581639

コメント