ピクシブ百科事典

林羅山

はやしらざん

天正11年~明暦3年 江戸時代初期の幕府の儒官。名は忠、また信勝。字は子信。羅山と号した。法号は道春。

京都の人。
朱子の『論語集注』(ろんごしっちゅう)に心酔し、藤原惺窩に学んだ。
徳川家康以後四代の将軍侍講となる。
また、上野忍岡(しのぶがおか)に私塾を開き、昌平黌の起源をなした。
多くの漢籍に訓点(道春点)を加えて刊行。
『四書集注抄』『羅山林先生詩集』『本朝通鑑』などのほか、を5000首、文を1000篇も残す。

関連タグ

漢学 儒学者
羅山パイまんじゅう

pixivに投稿された作品 pixivで「林羅山」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7552

コメント