ピクシブ百科事典

春日局

かすがのつぼね

春日局は安土桃山時代・江戸時代初期の人物。本名は「福」
目次[非表示]

天正7年(1579年)~寛永20年(1643年)

概要

明智光秀の重臣、斎藤利三の娘として生まれる。
1582年の本能寺の変、次いで起こった山崎の戦いで光秀の配下として戦った利三は、謀反人として処刑される。福は母方の実家である美濃の稲葉家(「頑固一徹」の語源である稲葉一鉄は彼女の祖父にあたる)、次いで遠戚である公家の三条西公国に養育され、高い教養を身に着けることになった。
その後、時期は不明だが小早川秀秋の家臣・稲葉正成の妻となり、正勝(後に老中・小田原藩8万5千国の大名)などを生む。

三代将軍の乳母として

慶長9年(1604年)に徳川秀忠の嫡子・竹千代(後の徳川家光)の乳母に抜擢され、正成と離婚した。
元和9年(1623年)に家光が将軍に就任すると、家光の実母・の下で大奥と取り仕切る立場となり、江の死後は家光の側室探しに尽力し、権勢は老中をも上回るものとなった。
寛永6年(1629年)上洛し後水尾天皇に拝謁し、従三位の位階と「春日局」の称号を贈られる。さらに寛永9年(1632年)には従二位を贈られる。ちなみに女性で従二位を贈られたのは平清盛の正室・時子源頼朝の正室・政子などがいる。ちなみに江はさらに上の従一位を贈られているが、死後追贈であり単純に比較はできない。
寛永20年(1643年)に死去。享年64歳。

余談

家光の両親である秀忠・江夫妻とは、夫妻が長男である家光よりも次男の忠長を溺愛していたことにより対立し、祖父である徳川家康に直訴して三代将軍を決めさせた。また家康の手がついて生まれたのが家光だとの説もあるが、信憑性が薄い創作物というのが通説である。

NHK大河ドラマ『春日局』は1989年に放映され、このドラマがヒットしたことで年増の女上司のことをお局様と呼ぶようになったとされる(註:実話)。

関連タグ

安土桃山時代 江戸時代 徳川家光 斎藤利三

pixivに投稿された作品 pixivで「春日局」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3433

コメント