ピクシブ百科事典

防災

ぼうさい

災害に対して被害を最小限にしようと備えること。
目次[非表示]

概要

災害が起きても被害が最小限に抑えられるように、準備しておくこと。
土木工事やハザードマップなど公共のシステムが主導を取って行うものもあれば、各家庭食糧や衛生用品などを備蓄しておくように個人で行うものも含まれる。

備えておきたい物

※ドンドン書き足してください。

・飲料水(保存水が便利)
缶詰アルファ米乾物などをローリングストック
・閉じ込められた時助けを呼ぶとき、体力を消耗しないために(鍵に付けたり、枕元に置いたり)
懐中電灯ヘッドライト
・アルコール未使用のウェットティッシュ
電池(単三電池を単一電池にできるグッズも)
・モバイルバッテリー
・ラジオ
・簡易トイレ(ゴミ袋・脱臭剤・凝集剤。猫トイレの砂で代用)
帰宅難民になって徒歩で家に帰る時に備えて、会社に運動靴を常備(だが会社で待機が安全。)

乳幼児・児童がいる家庭

・多めにオムツや粉ミルク液体ミルクをストック
食物アレルギーがある場合、避難所で出されるご飯は食べられない場合があるので、食物アレルギー対策された保存食を準備しておく。
・保育園・小学校に迎えに行く際、父親-母親間で連絡が取れない場合(LINEが使えても電池切れでそもそもスマホが使えないこともあり得る)、どちらが子供を迎えに行くかの連絡手段を決めておく(母親が既に迎えに行ったことを知らず、父親が迎えに行って『子供がいない!』などのトラブルを避けるため)

もしもの時のために知っておきたい。哺乳瓶がなくてもミルクをあげられる方法

ペットを飼っている家庭

・ペットシーツを多めにストック(人間の排泄にも使える)
・避難する時すぐ連れ出せるように、すぐゲージに入って、ゲージで大人しく出来る訓練
・ペットと同伴避難可能な避難所を前もって調べておく。
・災害の混乱でペットが脱走しても再会できるように、首輪に飼い主の情報明記、チップを埋めるなど。
・ペットを飼っている友人間・親戚間で、一時的に預かる約束をお互いにしておく。

避難所に行く場合

・常備薬、おくすり手帳、
・マスク・耳栓・スリッパ・バスタオル・寒さ対策(毛布やカイロなど)・暑さ対策(携帯扇風機など)、簡易まくら、貴重品を肌身離さず持ち歩けるウエストポーチなど、
・床が固く寒いので、マットや座布団
・避難所の電気が無事でコンセント使える場合、争奪戦にならないために、電源タップ延長コード
・電気が無くても暇をつぶせるもの(小説や囲碁・将棋などの娯楽)

・ペットと一緒に避難する場合は予防接種している証明書のコピーを防災バックに入れておく(ペットも避難可な避難所でも、これがないと避難を断られる場合がある。)

・台風など数日前からわかっている場合、避難も早めに出来るのでお弁当も作って持って行ける。(避難所の備蓄食料は、地震などの前もってわからない災害などのために備蓄している場合も多いので、前もって準備出来る台風の場合は、備蓄食料は出さない避難所も多いから、自分で食料持って行こう)

外部リンク

子育てをしていた私の震災体験談
電気のありがたみを痛感 千葉の大停電を描く実体験漫画

関連タグ

避難 避難所 災害 台風 地震 ゲリラ豪雨

関連記事

親記事

災害 さいがい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「防災」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199694

コメント