ピクシブ百科事典

山科勝成

ろるてす

ローマ出身という異色の戦国武将。
目次[非表示]

概要

日本戦国時代に、キリシタン大名蒲生氏郷に仕えていたとされる武将。

特筆すべきは、名を「ロルテス」という、ローマ出身の武人であった、と言う点で、

らと同じ、日本の戦国大名に仕えた外国人である。

経緯は不明だが来日していたロルテスは、当時は織田信長の武将であった蒲生氏郷に仕官して山科羅久呂左衛門勝成に改名した。

その能力はというと、「御祐筆日記」に曰く、

兵法・天文・地理の諸学を極め、張良諸葛亮を凌ぐ

と記されており、九州征伐において荷車に大砲を積んで岩石城攻めに参加、大砲にて城壁を破壊し、一番槍の戦功をあげている。

このように優れた人物として記録されている事から、日本にイタリア式の簿記の技術を伝えたのはロルテスであると、とある会計学者が主張している。

会津に転封となった蒲生氏郷に従ってロルテスも会津に移住した後については、氏郷の意をうけてローマに戻る途上で東南アジアの現地人に殺されたと言われている。

実際のところ

ロルテスこと山科勝成について記述のある史料は「御祐筆日記」の写本しかなく、それ以外はその史料を引用したと思われる文献・論文に留まる。そもそも氏郷がローマに使者を送ったという事も「御祐筆日記」の記述以外にはないようで、山科勝成の存在を含め、氏郷とローマの繋がりについては基本的に史実と認められているとは言い難い。

最近では、

  • 本名は「ジョバンニ・ロルテス」という。
  • 本国では聖ヨハネ騎士団(現在のマルタ騎士団)に所属していた。
  • 来日は宣教師・オルガンティーノを護衛する騎士としてだった。
  • 氏郷に仕官する前は、織田信長に属していた関一政配下だった。
  • 晩年や死因については諸説がある。
という話もインターネット上で見られるが、資料的説明はないようだ。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「山科勝成」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2580

コメント