ピクシブ百科事典

弥助

やすけ

戦国時代に織田信長に仕えたアフリカ人の小姓。

概要

天正9年2月23日(1581年3月27日)、宣教師のアレッサンドロ・ヴァリニャーノが織田信長に面会した際に黒人奴隷を連れていて、始めて見る黒人に興味を持った信長は、褐色肌が墨で塗られたものと思い、家臣に命じてその黒人の肌を洗わせたという。宣教師の説明を受けても理解が難しかった信長だったが、これを機にその黒人を気に入って、宣教師から譲ってもらったという。

年齢はおよそ20代後半で、身長は約187cmという巨体の力持ち。信長はその黒人を「弥助」と名付けて、小姓としてそばに置いた。片言の日本語が喋れたらしいが、日本の習慣にはなかなか慣れなかったらしい。

天正10年6月2日(1582年6月21日)、明智光秀による謀反「本能寺の変」が起こった際、弥助も信長のそばで奮戦したが、二条御所の織田信忠へこの事態を知らせよと信長から最後の命を受け本能寺を脱出、信忠へと変事を伝えた。(このことから、変の発生した時点では意思疎通に不自由が無い程度の日本語を身につけていたようである)その後は二条御所で明智軍と交戦するも捕縛され、家臣達から処分を聞かれた光秀は「動物同然の奴隷で何も知らず日本人でもない」との理由で処刑はせず、南蛮寺(教会)に送られ一命を取り留めたという。その後の消息は不明となった。
この処遇について、光秀の黒人に対する蔑視と考えられなくもないが、結局処刑しなかったことを考えれば、弥助を殺すことを忍びないと思い、逃がすための方便であろうとの解釈が有力とされる。

TBSのテレビ番組世界ふしぎ発見!では、彼の故郷とされているモザンビークに日本の着物と良く似た「キマウ」という衣装が存在することに注目し、彼が故郷へと帰り着き、その際に日本文化を伝えたのではないか、という仮説を紹介した。根拠には乏しいものの歴史ロマンに溢れる説である。

ヨーロッパで奴隷として虐げられ、戦国期の日本で側近という破格の出世を果たし、歴史的大事件にも居合わせた、日本史上に名を残した数少ない実在のアフリカ人である。

フィクションの作品では特異の身の上で、さらに本能寺の変を生き延びた珍しい人物であるため、本能寺で起きたことを目撃し、そのことを主人公に語り伝える物語が多い。

関連タグ

日本史 戦国時代 創作戦国 本能寺の変
アフリカ 黒人 奴隷 小姓
織田信長 明智光秀 織田信忠 森蘭丸
大帝の剣 へうげもの 信長協奏曲

pixivに投稿された作品 pixivで「弥助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22810

コメント